« 谷中七福神めぐり(その2) | トップページ | 恋の神社 »

谷中七福神めぐり(その3)

今回の谷中七福神めぐりでの収穫は、「字」
こんな素敵な字を画けたらなァ!

「音」・・音は「音ない」、髪の訪れを表す。古代、蝋燭の炎が音のない場所で揺らめくイメージ。

「聞」・・大きく口を開け、手を突き上げ、大きな耳でしっかりと神意を聞く姿をイメージ。

P1280429 P1280460P1280455 P1280454 P1280457 P1280456P1280458P1280459

|

« 谷中七福神めぐり(その2) | トップページ | 恋の神社 »

コメント

どれも素敵な文字ですね。
「気は長く・・・」は同じものが主人の実家のお手洗いに張ってあります。
日に何度か行く場所ですから、常に心がけたい事を掲示しておくには良いと思ってます。

投稿: ロザリオ | 2008年1月 9日 (水) 23時56分

表情が有る字・・・こんな字を書けるようになりたいなぁ。
写経も面白そうだな、子どもの時、墨を摺っている時(ほぼ1時間)が一番精神統一だったような気がする。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年1月10日 (木) 23時18分

二日に息子と書初めをしました。
昨年は「銀賞」をもらったので今年は「金賞」狙い!

一筆ごと真剣に集中して字を書く。
やみつきになりそうでした。

投稿: 11のおやじ | 2008年1月11日 (金) 06時57分

★To 11のオヤジ
ん?オヤジが銀賞だったの??

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年1月11日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷中七福神めぐり(その3):

« 谷中七福神めぐり(その2) | トップページ | 恋の神社 »