« 夏休み(第1章 その14) | トップページ | 夏休み(第1章 その16) »

夏休み(第1章 その15)

最後に向かった先は、桃の直売店。
ほったらかし温泉に寄ったのは、その後、一宮の桃をこの時期に喰いたかったからだ。
P1340060
ばっちゃん:「もぅ、今日は最後だから、コレ持っていきな」
小生:(この言葉を待っていたんだよ♪)
P1340066
こ~なに一杯入って2500円。
しかも捕れたて野菜までいただいちゃって♪

小生:「1個、ここで冷やして食べていい?」
ばっちゃん:「ああ、いいよ。そこの包丁使いな。」

小生、ここの井戸水で、こうして冷やして食べる一ノ宮の桃が最高に好きなのだ!
P1340069

|

« 夏休み(第1章 その14) | トップページ | 夏休み(第1章 その16) »

コメント

夏の果物、堪能されてますねぇっ♪
一ノ宮の桃。たくさん入ったお土産。
桃の香りを思い出しそうです・・・
山梨は近県で、新鮮な果物がいただける盆地ですね!
ブドウ畑のイメージもありますです~。

投稿: ar | 2008年8月 2日 (土) 22時47分

★To あーちゃん
小1の時、静岡のおばあちゃんに連れられて、勝沼へぶどう狩りに行った記憶が鮮明です。
子どもの時の記憶は薄いのですが、楽しかった事はハッキリと覚えています。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008年8月 4日 (月) 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/22719435

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み(第1章 その15):

« 夏休み(第1章 その14) | トップページ | 夏休み(第1章 その16) »