« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

樽酒で雨宿り

大ちゃんのライブのあとは、雨宿りも兼ねて
八重洲口にある「ふくべ」へ。
P1350067

酒を口に含ませると、樽の香りがなんとも良い。
肴が思うようなものが無く、ちと残念であったが、
雨宿りには最高であった。
P1350071_2

【お店情報】
ふくべ
中央区八重洲1-4-5
TEL 03-3271-6065

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新橋「うさぎ」用に。。

平井大(天才ウクレレ奏者)クンのスーパーライブが
東京駅近くの「○○広場」で行われた。

初め、丸ビルの地下だと思い、美人受付嬢に
「まるまる広場ってどこですか?」と尋ねたら、

受付嬢:「・・・???」
小生:「ゼロゼロ広場??」

受付嬢:「オーオー広場のことですか?」
小生:「(オーオーと呼ぶのか)そうとも読むかな、で、それ、どう行けばいいんですか?」

受付嬢:「そこのエレベーターを降りて、右に曲がって左に曲がって
     まっすぐ行って、また右です。」
小生:「・・・・わからんっ! 斜め右の方向ですかな?」
受付嬢:「そうですねsweat02
小生:「ありがとうっ!dash

それから、猛烈に走って、何とか開園に間に合った。

さすが、若き獅子、大ちゃんのスーパーライブなので、
女子高生や丸の内OLさんたちが、わんさか、てんこ盛りだscissors
P1350041 P1350060

ライブ終了後のCD販売も、この通りです♪
売り切れ御免っ!paper
(小生も、行きつけのお店で、曲を流してもらうために1枚ゲッチウ)
P1350065

大ちゃんの激しいスイングにカメラが追いつけず、
ピントがぶれてしまったので、デジタル加工!!
  Before ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ After
P1350050 Dai_p1350050

| | コメント (3) | トラックバック (0)

国産の台風

突然の強い雨、落ちまくる雷・・・。

なのに、天気予報で「台風のニュース」をこの夏、耳にしていない。

例年ならば「また、台風ですね」なんて会話のはずなのに、
今年は「また、ゲリラ雨ですね」なんて会話だ。


ふと、今年の台風は、日本で作られているのではないか!?
と思い始めた。

例えば、「東京産の台風」、「焼津産の台風」、「福岡産の台風」・・・。

「メイド・イン・ジャパンの台風」だと思えば、このゲリラ雨も
何だか納得できる今日この頃。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不気味な朝

昨夜から未明にかけての集中豪雨。
朝なのに、まだ、雷が空を鳴り響いている。

荒川へは、沢山の枝が上流から流れてきていた。
こんな日の川の流れは、見ていると吸い込まれそうな不気味さがある

消防団長から留守電が入る。
要件を残してくれればいいのに
「電話をくれ。」というメッセージだけでブチっと切れている・・。

折り電しても、なかなか通じない…。

消防車サイレンの音はしていないので、水害があったのか?と不安が募る…。

結局、呼吸蘇生講習会についての連絡であったので、安心して通勤に向かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そうだっけ?

ある人の仕事の出来が余りにも適当だったので。。。
思わず「こりゃあ、おそ松・ちょろ松だな(ボソッ)」と呟いた。

その時・・・・!
美人OLのN美孃が反応してくれた。

N美嬢:「それ、私の年齢で、ギリの言葉ですよ。」
小生:「N美、おそ松くんを見ていたのか!?」
N美嬢:「いえ!聞いたことあるだけですっ!」

小生:「じゃあ、゛おそ松くんふりかけ゛は知っているか?」

N美嬢:「知りませんっ!!sweat01

オヤジさん、そういえば、おそ松くんって、何人兄弟が知ってます?」
小生:「あぁ、確か12~13人だったはずだ。」

N美嬢:「じゃあ~、名前、全部言えます?」
小生:「おそ松、チョロ松、じゅうし松……ン?あと誰だっけ??」

N美嬢:「オヤジさん、ブ~っ!(笑)、6人なんですよhappy01
小生:「ウソだぁ、12人だよ」
N美嬢:「だってネットに書いてありますもん♪」

名前はおろか、人数までも忘れるとは…もうろくしたもんだ…
┐(´ー`)┌  やれやれ・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一体、今いくつなの?

今週は雨だらけだが、そういえば、
今年、「台風」のことってあまりニュースになっていない。

「ゲリラ雨」ばかりの夏であり、
今、一体、台風は何号まで来ているんだろう??

年によっては25号とかカウントされている頃のはずだが・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魚金イタリアン OPEN

今週オープンの魚金のイタリアン店。
Ca3a0164

食べ放題のフランスパンは、ビストロ魚金での付け出しと同じでした。
(これだけでも、食べ応えある~♪)
Ca3a0167

料理の創作力は、今のところ、ビストロ魚金の方が勝っているかなぁ・・。

「なんちゃらピザ」(横文字ばかりで覚えられない)、
「サンマのなんちゃら」、「鮪とアボガドとなんちゃらのサラダ」、
ビール、ワインをガンガン…・・・
Ca3a0169Ca3a0168

なのに、開店記念価格の為、
結構呑んでも2人で3000円位ですんじゃうhappy01

【お店情報】
イタリアンバルUOKIN
港区新橋3-16-20 第3山田ビル1F
TEL 03-3437-9215

| | コメント (2) | トラックバック (0)

STAY GOLD

通訳のHollyといた時のこと。
曲に宇多田の『ステイゴールド』が流れた。

Holly: 「ステイゴールドっていい曲だよね~」
小生: 「曲は良いが、詩がね~」
Holly: 「良い詩じゃないっ!」
小生:「だって、『マイダ~リン、ステェイ ゴ~ルド♪』って、
    『マイダーリン、ゴールドを買ってよ』って、金を買えって、
    ねだっているんだろ?」
Holly: 「違うわよ、『マイダーリン、いつまでもゴールドのように
         輝き続けていてねっ!』って意味よ」

小生: 「エっ、そうなの!?
    キープ・シャイニングの意味なの???」
Holly: 「そうよ、アメリカでは普通に使う言葉よ」

小生: 「そうなんだぁ~、いい曲じゃん、ステイゴールド!」

・・・・それからというもの、この曲がすんごく良く聴こえる。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寅さん語録

今朝の通勤時も、寅さん列車だった。
「寅さん号」の中吊りを見ていたら、
なかなか素敵な寅さん語録を知った。

「今度あの子に会ったら、
 こんな話しよう、
 あんな話もしよう、
 そう思ってね、家出るんだ。
 いざその子の前に座ると、
 ぜんぶ忘れちゃうんだね。
 で、バカみたいに黙りこくってんだよ。
 そんなてめぇの姿が情けなくって、
 こぅ涙がこぼれそうになるんだよ、
 な、女に惚れてる男の気持ちって、
 そんなもんなんだぞ。」

   (30作目 「花も嵐も寅次郎」より)



「腹なんか空かない。
 美しい恋をしていれば、
 1ヶ月ぐらい
 飯なんか食わなくたって
 平気だ。

  (43作目 「寅次郎の休日」より)


「旅というものはな、
 行き先を
 決めてから
 出かける、
 というもんじゃ
 ねえんだよ」

   (46作目 「寅次郎の縁談」より)

公式サイトは・・・ www.tora-san.jp

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「北京で中華!

日曜日、オリンピック閉会式ということで、
ランチャーズ(葛飾少年野球再校チーム)の練習終了後、
「北京」でラーメンを食べることにした(葛飾地元の中華屋)。

ここの素朴な中華は、最高に旨いっ!

普通のラーメンと、ワンタンメン、
ミートボールと揚げ餃子もペロリとhappy01
Ca3a0159Ca3a0161

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏休み最終日

娘のソフトボールの練習が終わってからのこと

娘:「お父さん、みんなと家で遊んでいい?」
小生:「夏休みの宿題が終わっているなら、いいぞ。」

娘:「1個、残っている・・・」
小生:「じゃ、遊ぶのは、それが終わってからだ。
    それから、部屋も片付けなければダメだ。
    まず、うがいして、飯食ってから、すぐやらないと無理だろうなぁ~

娘:「…え~っ、そんなにぃ~っ!?」
小生:「当たり前だっ!」

娘:「じゃあ、ここを押して。」
   (と、脇を指差す)
小生:「何だ、ソレ?」

娘:「急いでやるスイッチ!」
小生:「よしっ!(笑)」(ブチっ)

すると・・・・もの凄いスピードで片付けやら宿題を済ませていく。dash

おい、やれば出来んじゃん、普段からやっておけよ…。(-.-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

職人の町

昨日AMは、町会の防災設備である「D級ポンプ」の点検日だった。

真空で水出しをした時に、水が乳白色に変化した。

おかしいぞ、なんだか、オイルが微妙に漏れている!
どこが原因だ!?

マシンを探っているうちに、燃料のグラスホールが壊れていることが判った。
すると、旋盤工のケンさんが、あっという間に修理してくれた。

さすが、この町は職人の町だワっ!!

その後、消火栓の場所とかの確認も行なった。
Ca3a0156Ca3a0153_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔っ払いのTDLS

昨夜は、町会の役員会で
9月の予定(「お祭り」・「防災訓練」)について話し合う日だった・・

・・・はずなのに、
ウジのように湧きまくってくる仕事を処理しきれず、
結局・南極・放送局から、残業だ。。
これじゃぁ、24時間働けますかのリゲインだ。。
  ヽ(`Д´)ノウワァァン!!!

普段、18時前には仕事を終え、
サッサと呑みに行くことを「ステータス」としている小生には
合点がいかないっ!!

時間も21時半を過ぎていて、いくら腹が出ていると言っても、
貯蔵タンクの腹が「お腹すいたぁ~」と悲鳴をあげている。

新橋で偶然知り合いになった 小学校の後輩の大ちゃんに連絡をとって、『ビストロ魚金』へ!

Ca7y1zou_2
人気店だが、上手いこと、スポット的に入店でき、
久々の杯をワインで
乾杯もいいじゃないかぁ~い (ノ^^)八(^^ )ノ
Caj3tfmw
まずは牛すじの欧風煮込み。
そして、カキのなんちゃら(名前は忘れた)
Caj8dyr7

そして、パイ包み。
Ca8smtpw_2Cayowxdc_2

パイをスプーンで崩すと、
中にはトロ~ンとしたクリームシチュー !

他にビールも呑んで、2人で3000円位か(安っ!!)

来週、魚金のイタリアンがOPENする!!

大ちゃん曰く、
「TDLの新しいアトラクションが出来たような感覚だ、何せ新橋は酔っ払いのTDLSだからね〜〜。」

・・ズバリ、まさしくっ!!

【お店情報】

店名:ビストロUOKIN

住所:東京都港区新橋4-6-4

TEL:03-3438-1477

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「モーツァルトの旅」

今週は残業の日々である。
小生の処理容量を超えており、処理要領の悪さで残業だ。

あまりにも疲れ、帰路、新橋うさぎにて体を休める。

カウンターで小生の隣りにいた老紳士。
彼は、モーツァルトが好きで、「モーツァルトの旅」をしてきたようだ。

旅先をスケッチし、淡い水彩でパステル画にし、
その絵を写真でハガキにしていた。

素敵な趣味だ。

小生:「チョイと見させてください。」
紳士:「ええ、どうぞ。」

一つ一つの絵には、その場所で作ったモーツァルトの曲の譜面も
数小節 描かれていた。

もの凄くいいものを見せてもらった感だ。

そしてこの日、50本しかつくらないという貴重な、諏訪の酒をついでいただいた。
・・・生き返った!!
821ca3a0135

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寅さん号

ネコ灰だらけ、寅さんだらけ・・・の電車がホームに入ってきた。
寅さんに一体、何かあったのか??

「男はつらいよ」シリーズ40周年記念号らしい。
・・・9月17日までらしい。☆彡
Ca3a0117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごいよ、人間の知覚って

1ヶ月振りの通院。
今日はイケメンDr.Yクンによる診察だ。

Yクン:「その後、具合はいかがですか?」

(・・・何だか、よそよそしい。。
 小生の命を救ったのだから、話し方をもっとフランクフルトにして欲しいのだ。)

小生:「絶好調です。感覚も少しずつ戻ってきました。」

Yクン:「じゃ、『いつもの』やってみますかっ!」

小生:「はい♪」
(『いつもの』で通ずるあたりが“通”!!
 それは以前、小生が美人Dr.の S田孃から『痴漢棒』と聞き間違えた道具だ)

今回は馬毛位の太さや豚毛位の太さの針に挑戦。

しかし、「人間の感覚」って凄いわっ!
こんなに細い毛 1本でも、「触った」と感じるんだから!

どうりで、習字の筆で撫でられると、こそばゆいわけだわ…。

Yクンはカルテに、小生の知覚の状況をイラスト入りで
書き込んでいる(Yクン、絵が下手…)

小生:「先生、夏休みしてないでしょ(-"-;)」
Yクン:「どうしてですか?」

小生:「だって色、白いじゃん」
Yクン:「あはは、去年も夏休み取り過ごしちゃったんだよね」
   (おぉ、やっと話し方がフランキー堺になったのだ
    それでいいのだ!)

次回の通院は12月。
だいぶ 通院の間隔が開いてきた。  ヨカ、ヨカ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

赤外線通信

帰省した際、実家近くに住む、我社の美人OL宅へ寄った。
しかし、彼女は入浴中だったので、旦那に土産だけ渡して
小生は次の目的地へ向かった。

【翌日、会社にて。】

美人OL:「来るなら電話ちょうだいよ。
   マラソンして汗びっしょりだったからお風呂に入ってたのよ。」
小生:「行くときは突然だ。それにお前んちの電話、知らん!」
美人OL:「教えるから~」
   ・・・と言って携帯の赤外線通信で送り込もうとする。

しかし、なかなか上手く赤外線通信が繋がらない…

美人OL:「オヤジさんの赤外線、ドコにあるの?」
小生:「この辺だったはずなんだが・・。おかしいなぁ…」

小生:「離しているからいけないんじゃないか?
    こうやって、くっつければ…」
美人OL:「なんだかエッチっぽーい」
小生:「おぉ、ホントだ、なんだかキスしてるっぽいな!
    …ホントには出来ないから
    携帯でグリグリグリっ!」

といったところで、ビビッと赤外線通信は成功したのであった。

美人OL:「いや~ン、勝手に入ってるゥ」

またまた、きわどい会話なのだ♪

| | コメント (4) | トラックバック (2)

夏休み(第2章 その13)

実家から葛飾への帰路は雨が降り始めた。
さすがにお盆休み最後の日だけあって高速は渋滞。
P1350030 
しかも、副都心の地下を走り抜ける新しい高速道路は、
先月のローリー横転火災事故以来、通行止めなので、
「クネクネ首都高」を走るしかない・・。

窓ガラスの撥水、走っているときは水玉が「ぷよぷよ」みたいでオモシロいのだが、渋滞すると、見辛い・・・。
P1350014P1350017

ふと、下の道をみるとガラガラじゃん!
P1350024
渋滞で止まっているのが嫌いな小生は、結局途中で高速をおりて帰りましたとサ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その12)

父の墓参りと、実家の修繕の為に帰省した。

小学校の通学路は35年経った今でもあまり景色が変わっていない。
なんだか嬉しい。
P1340989

帰り道にザリガニやフナを帽子でよく捕まえたな。。。
女の子はレンゲ畑で首飾りをつくっていたな。。
P1340985P1340987

通学路に有る「中央線の車庫」。
P1340998P1340995

新しい車両はいつもココで先取りであった!
(クラスに国鉄車庫の子どもも多かったなあ)

この2つの山の谷間から横田基地に向かう軍機が飛んでくる
着陸寸前だから軍機の真下を見ていたんだよなぁ…
P1340992_2

今回も見つけられなかったのは「数珠玉の木」。
(なかなか見つからない・・・いっぱい有ったのになぁ)

そして実家の修繕はこんな感じで、段差を無くしてコンクリはって終了。

(ビフォー)⇒⇒⇒(アフター)
P1350002P1350010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その11)

息子が建築中のダムに行きたいという。

小生:「おじさん、お願いが有るんですが、ダムに連れてってやってくれませんか」
かみさん:「あんたも行くの?」
小生:「いや、俺は行かない!ヘビがウジャウジャいるんだもん」

・・・と言いながらも結局、行く事に。。

おじさんが長靴を履いているのを見て、びびる小生。
小生のココロの声:(「やはり、マムシだらけなんだ・・。」)
   (しかも、「関係者以外立入り禁止」って書いてあるじゃん)
P1340963

小生:「いやぁ、大きいねぇ。さっ、帰ろうか」
おじさん:「いやぁ、まだ上があるよ」
P1340966
・・登りだすみんな。。
しぶしぶ小生もついて行く。。
P1340964

小生:「なんで、網なんか持って来るんだ、邪魔じゃん、置いてけ!」
子ども:「だって、ヘビがいたら捕まえるんだもん」
小生:「ヘビにかまれたって助けないからな!・・ったくよぉ!!」

小生ココロの声:(うわっ、ヘビイチゴだ!!
P1340967
小生ココロの声:(そんなンしてまで登らなくてもいいじゃん、帰ろうよぉ~!)
P1340971
ダムの向こうで木が倒れている。。

おじさん:「どうして倒れたんだろ?」
・・・降りていってしまいます。
P1340968

小生ココロの声:(どうして降りるの?降りてどうするの??
           倒れた木をどうすんの?
         どかすわけでもないのに、なぜ降りるんだ??
           意味がわからん、早く帰ろうよぉ~)

記念撮影して、やっと戻ります。
P1340965

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その10)

月は山から顔をのぞかせる瞬間、ダイヤモンドみたいな輝きを見せてくれる。

真っ暗な夜の中、月がこんなにも明るいということ、今回の旅行で改めて思った。
P1340914 P1340919 P1340918

この夜は、月の宴。
みんなでBBQです。もちろん、飲みながら焼きます。
P1340913P1340928
人数が多いので、焼いてもすぐにみんなの胃袋に。
焼き方も、自分の分を確保しながらです。。
遠慮の無い弱肉強食です!
P1340923P1340929

デザートにスイカが出ます。

小生:「スイカは おいスイカ?」
子どもたち:「・・・」(無視)

・・・オヤジギャグは無視されると辛いんだよなぁ。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その9)

何回か訪れている場所だが、初めてこの校舎の中に潜入した。
P1340907
長~い廊下の右には、学年ごとのトイレが(カアイイ)。
P1340898P1340900

そして、ダルマストーブの有る教室、黒板、古時計。
P1340906P1340904P1340902

・・・何だか、
桜の季節の入学式風景・・
蝉の鳴き声と共に音楽する授業風景・・
雪がシンシンと降り積もる中での国語の授業風景・・・
廊下で走り回る子どもたち・・・
トイレで悪ふざけする男の子・・・

小生の勝手な妄想の世界が拡がってゆく・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その8)

親戚家族の ひでクン。
彼は小学生ながらにして「のせ上手」!

幼稚園の しょうちゃんが波打ち際で遊んでいると、

ひでクン:「しょうちゃん、波乗りしようよ!浮き輪つけてるから大丈夫!」
しょうちゃん:「・・・」
P1340874

ひでクン:「あっ、大きい波が来た!しょうちゃん走って!」
しょうちゃん:(訳がわからず、ひでクンに手を取られて一緒に走リ出す。)
1340820

ひでクン:「あっ、また大きい波が来た!しょうちゃん走って!」
しょうちゃん:(訳がわからず、再び ひでクンと共に走り出す。)
1340870

ひでクン:「しょうちゃん、面白いねぇ!今度波乗りしようっ!」
しょうちゃん: (・ω・)・・・・・エっ!?
ひでクン:「大丈夫! 浮き輪つけてるからっ」
ひでクン:「あっ、来たよ、大きいよっ! せ~のっ!!」

・・・・ザブーンっsweat01

しょうちゃん:(・・何とか波に乗りました)
ひでクン:「しょうちゃん、うまいねぇ!
      あっちの方が波、大きいよ、行こうっ!」
しょうちゃん:(訳がわからず、ひでクンに服従。)
ひでクン:「あっ、波が来たよ、大きいよ!しょうちゃん走って!!」

しょうちゃん:(また、何とか波に上手く乗りました)
ひでクン:「・・しょうちゃん、すごい うまいねぇっ!」
しょうちゃん: ・・・(*゚ー゚*) (なんだかゴキゲンです!)
ひでクン:「しょうちゃん、もう一人ででも、出来るよ♪」

あっと言う間に、しょうちゃんの水恐怖を克服させ、
波乗りのタイミングを教え、
何気にステップアップし、
しかも、一人立ちの「太鼓判」まで与えてしまうとはっ!
・・・ひでクン、凄いっ!!

そして、ひでクンは次の遊びに行ってしまいました。

太鼓判を押されたしょうちゃんは一人で波乗りのおさらいです。

しょうちゃん:「なんだか、波のすべり台に乗ってるみちゃい♪」
(もう、スッカリ、波だけでなく調子にも、バンバン乗ってます(笑)
1340882_2
・・・こうやって、サーファーは生まれてくるのだろうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その7)

この夏、はじめての海水浴。
ペットボトルで海も見てみた。
P1340699

沖には、人魚。
P1340779

浜辺には、打ち上げられたトドの群れ!
P1340796

得てしてよく見る浜辺の光景だ。
オヤジはゴロゴロタイプが多い・・。
女性・子どもの方が、海やプールでの楽しみ方を知っている。
P1340826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その6)

ペットボトルに 冷たい水を詰め込んだ。

太陽の光で なんだかキラキラ光っている。
レンズ効果で、山がオモシロク見える♪
P1340698

小生の「ちっちゃな目」も少女マンガ風に見える
P1340697

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その5)

早朝の散歩では、数多くの昆虫と出会える。

夜中、灯りを求めて飛んできた昆虫たちが、山に帰り支度をしている。

小生がコーヒーを飲んでいる前にも、カマキリが通過。
P1340652

自販機の灯りの近くでは、ン!?
葉っぱ??・・と間違うくらいの立派な迷彩柄の「蛾」!
Caqkw32z

そして、鳥に食われてしまったクワガタ。
P1340943_2

そして、タバコの自販機にまで!
タスポを使う以前の問題です!
・・・ボタンを・・・押せない・・・。チィッと勇気が必要です。
P1340958

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その4)

朝の水が冷たいっ♪
P1340654
こんなにも冷たい水で、顔や歯を洗える幸せ。
(当たり前の事かもしれませんが)とても贅沢なこと。
P1340656
この水で、コーヒーを飲むことにした。
P1340646_2
コーヒーを飲みながら、ボーっと2時間くらい、ゆっくりな時間を愉しむ。
P1340678

朝から飯盒を使ってご飯を炊く人、
カセットコンロでスープを作る人、
チップの残りでソーセージを焼く人、
朝から炭を使って焼きそばを作る人…

キャンプサイトでは、テントの数だけキャンプの楽しみ方があるものだ。
そんな楽しみ方をボーっと眺めているだけもオモシロい。
P1340683P1340680P1340665


| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その3)

夜。

暗がりの中で、「火」は命だ。
燃え盛る炎。
P1340608
そして、子ども達の「花火」。
P1340624

蝉のなく音と共に、じゃんがらの音が、
時に悲しく、時に激しく聞こえてくる。

いわきのお盆である。
P1340598

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その2)

今回の旅行の目的地近くの田圃。
P1340566
この電線を伝って、「猫バス」がやって来そうなのだ♪

そして、この夕暮れ。
しびれてしまうっ!!
P1340578

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏休み(第2章 その1)

P1340551
このトンネルを抜けると、今回の旅の目的地へ。

まずは、海に向かう。

・・・が、
「海!?それとも、温泉の湯煙??」と思うくらい、
海が霧でむせっており、初日の海水浴は断念。。。
P1340552

「よしっ、じゃぁ、『やっちゃば』(と呼ばれる市場)に行くかっ!」と車を走らせる。
・・しかし、『八茶場』なんて場所は地図に載っていない。

仕方がなく、記憶だけを頼りに車を走らせる。

「あっ、あれじゃねぇか!?」
・・と見つけたものの、その近辺は一通だらけで迂回・迂回・・・。

そりゃぁ、地図に載っているわけないワ・・。
だって、『鮮場』と書いて「やっちゃば」と読むんだもん・・・。

一体、どう読めば『鮮』を『やっちゃ』と読むのだ!!(笑)

P1340557P1340558

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぃさんの夢

この地域には、凄いロマンを持っているじっちゃんがいる。
そしてそれを支えるばっちゃんがいる。

彼のことを知ったのは、ホンノ 2週間前。
土手でソフトチームの練習を手伝っていた時のことだった。

荒川土手の菖蒲田で、手入れをしているじぃさんに声をかけた。
P1340183
小生:「暑い中、ご苦労様ですね」
じぃ:「いやぁ、疲れた」
小生:「何か手伝おうか?」
じぃ:「そうかい、嬉しいねぇ」

…と、じぃは田圃から出てきて、話はじめた。
(コッカラが長い・・・(笑)

じぃ:「いやぁ、昔のように菖蒲を沢山増やしたくてね。」
小生:「昔は、もっと菖蒲が有ったんですか?」
じぃ:「ああ、今の菖蒲園より大きかったんだ。だから第2菖蒲園を作りたくてね~」
小生:「・・それが、ココですか?」

じぃ:「町会長たちに了承を得て葛飾区に働きかけて、
   やっとこの土手に第2菖蒲園ができたんですよ。
   でもね、葛飾区は、場所を確保するのみで、『維持管理』は
   できないんですよ。
   しょうがない、ならばやってやる!、って始めたんですよ。」

しかし、じぃさんも花師でもない普通の一般人。
色々教えてもらいながらやってきているらしい。

じぃさんの夢は、葛飾区内の全ての小中学校に菖蒲を植えて咲かせたいらしい!

菖蒲は、3年間育てなくては『株分け』できない。
区内の小中学校の数はかなり多い。。凄い夢話だ!!
じっちゃんが生きている間には、到底実現できない無理な話だと思う。。

なんだか胸がキュンとしてしまい、彼の夢を『手伝ってやりたい病』がうずき始めた。

小生:「じっちゃん、何をやれば手伝えるんだ!」
じぃ:「水をやって、雑草抜いてくれればいいんですよ。」
小生:「俺が勝手に来てやっても いいんですか?」
じぃ:「どんどん、やって欲しい。」
小生:「わかった。近々から始めるよ!」と約束をしたのであった。

・・・そして昨日。とりあえずの仕事も終え、午後から夏休みをとる。

第2菖蒲園には・・
・・くっそうっ!空き缶なんて捨てんじゃねぇよ!
(▼Д▼メ)y-~~~~ ッタクヨォ!!!

裸足になってゴミや空き缶、雑草を取り除く。
流す水も、足に気持ちいい!

約30分位やってきた。きれいになった菖蒲田、超・気持ちイイっ♪
Calc04so_2Calkie43

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(番外地)

ウクレレピクニックの放課後。
「ここまで(三崎口)来ているんだから、マグロ喰いに行こ~っ!」
・・ってことで、三崎港へ行った。

仕事で来たことは有るが、お店に入るのは初めて!
絶対に旨いだろう!と思い鮨屋に入る。
なんと2階の座敷は貸しきり状態だ。

いやぁ・・・どの肴も旨いっす♪
付け出しの磯海苔も美味っす♪
P1340546P1340547P1340548

入口にあったのぼりの『とろまん』・・初めて喰いました!
シュウマイみたいであるのに、肉汁は無く、
魚のシュウマイって感じで最高に旨しっ!

みんなで、「日本人で良かったぁheart」と大満足であった。

そして、・・・「ウクレレ番外地」を唄う、ウクレレえいじさん!
P1340405

| | コメント (3) | トラックバック (0)

止まった時間

日航ジャンボ墜落から23年、蓮池さんら拉致から30年。

今朝のNHK朝のニュースで、拉致被害者家族の映像が流された。

朝から涙が流れた。

被害者の父母は90歳代のおじいちゃん、おばちゃんだ。

母:「映画や食事に連れて行ってくれた優しい子でした。」
     「あの子が使っていた鉛筆、あの子が使っていた帽子。
     誰もいない時に大声をあげて泣いてしまいます。」

小生の父の墓の近くに、2~3歳で亡くなっ子どもの墓がある。
その墓の前にも、20年以上経った今でも、
幼児が使うおもちゃが供えられている。

みんな「時計」がその時から止まってしまっている…。

今日も蝉がジャンジャン鳴いている。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

大根の月

イヤでも毎日見合わせる自分の事故現場。
見る度に、あの時、居合わせてくれたサラリーマン三人に感謝の念である。

そして、もしかしたら父もあの世から自分を守ってくれたのではと、不思議な気持ちに駆られる。

時折、おっきな声で「おどぉぉぉおおお!」って父を呼びたくてココロが疼く。

長崎だった父は原爆で家族を失い、帰る家も無く、上京して母と出会った。
原爆が無ければ母とも出会わず、小生もこの世にいなかったわけだから不思議だ。

今でも実家に残された父のアルバムを見ると涙が溢れる。
焼け野原になった長崎のモノトーン写真に、藍色のインクで、
自分の生家を示す場所が矢印で「ココ」と引かれている。

昨夜は、煮こんだ大根を半分に切ったような半月だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嫌なもん、見ちゃったなぁ・・

ふと、地下鉄の社内の硝子に映った、横からの我が身を見た。

夏に限ったことではないが…
腹の出具合は、若い頃にみた「嫌な中年」そのもの!である。
(85kgから徐々に落としてきたけれど、68kgからが
 ナカナカ落ちないんだよなぁ。。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヤワラちゃん銅メダル

柔道女子、谷選手とルーマニアのアリナ選手との準決勝。
なかなか組み合えない両選手に2度の「指導」が。
そして3度目の指導は、何故だか谷選手だけに…。

小生:「両方だろっ!」とテレビの前で(-з-)ボソッ。
谷選手:(・_・)エッ....?って感じの表情

今回の判定、納得できねぇなぁ。

判定勝ちで、ジャンプして喜ぶアリナ選手にイラっ(-"-;)てきたのは俺だけか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その10)

最後はサザンの関口さん。

小生がベンチに座ってみていたら、左で小学生か幼児か位のお嬢ちゃんが「座りたい、座りたぁいぃいいっ!」と母親に駄々をこねている。

1日暑かったし、お嬢チャンのお顔も疲れ気味。

小生:「おじちゃんの隣においで」
お嬢チャン:(スタスタ、スタ。ちょこんと早速座った。)
ママ:「おじちゃんにアリガトウしなさい」
お嬢チャン:「ありがとう♪」
小生:「いいえ。」

すると、お嬢チャンのお姉ちゃん(これまた小学生になったくらいか?)が、恨めしそうに妹が座っているのをみている。

小生:「お姉ちゃんにも座らせてあげよう。」(と、妹を小生の膝の上に)

口笛世界一のお姉さんの口笛や、関口さんの歌を、
見知らぬかわいいお嬢さんを膝の上に載せるながら楽しんだ。

P1340542 P1340535 P1340544

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その9)

プレ・ウクピクでしびれてしまったIWAOさんの演奏、今日も聴けてシアワセだ。
IWAOさんのようなオヤジをみていると、愉しくなるっ♪
シャングリラ?シンデレラ?・・CDも本日、ゲッチゥ!!
P1340483 Caqr2dkc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その8)

そして、ガチャピン似のIWAOさんと一緒に演奏のムックさん。
今日は、再び天才ムックの演奏を聴きたかった!

ムックは、近くで見ると、すげぇイイ男です!
優しい目をしています。ムックの演奏、カッコイイですっ!!

でも、ムックさんの名前がわかりません。。
P1340440P1340461 P1340447 P1340449 P1340439_2P1340423

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その7)

そして、この秋からNHK教育『趣味悠々』で講師になるIWAOさん。

プレ・ウクピクでも大好評だったIWAOさんと大クンとのセッション!
またまた実現しちゃいましたっ!!
まるで楽器が会話をしているようです!
鳥肌モノのセッションです!

IWAOさんの楽器:(おい、どうだ?こんなのいけるか?)
P1340513

大クンの楽器:(うん、こんなんでいいのかなぁ・・)
P1340508

IWAOさんの楽器:(う~ん、こんな感じだ。)
P1340511

大クンの楽器:(こんな感じ?)
P1340506

IWAOさんの楽器:(うひゃぁ~♪サイコーっ!!)
P1340510

IWAOさんと大クンの楽器:(じゃぁ、行くよぉぉぉおおおおっ!!)
P1340495P1340496P1340494P1340490

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その6)

旨い酒の後には、旨い肴があるように、
上手い天才ウクレレ奏者・大クンの後には、
少年の気持ちを永遠に持ち続けている天才作詞作曲家・yoheyOKAMOTO!

(いやぁ、上手い2番バッターを持ってきたもんだ!)
「フューチャー・オン・ザ・ハンモック」・・すんげぇ、ふわふわ感の造語!
いいなぁ、ヨーヘイの作詞の感覚!!天才だよ!
P1340397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その5)

さぁて、天才スーパーウクレレ奏者の平井大クン登場です!

いきなり、クールなプレイです!
いきなり、シャープです!
いきなり、ノリノリです!!

大クンをビールに例えたら、「サッポロ赤ラベル」くらいの、味わいと深みと重み、、なのにキレと旨み渋みがあり、そして貴重な1本!
(・・こうまで書けば、大クンの凄さを、呑んべいの皆さんにもご理解いただけるかと・・(笑)

次に呑むのを何にするのか迷うくらい=次に演奏する人を誰にするのか迷うくらいの、
旨さ=上手さ、です。
P1340373P1340378



| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その4)

我々も焼肉・焼きそば・ソーセージと炭で焼き、昼食をとる。
暑いので、水鉄砲が大活躍!
ビールもシャワーにして浴びたいくらいだ。
P1340344
そうこうしている内に、スポンサーであるハレイワスーパーマーケットのファッションショーが始まった。

(去年、ファッションショーのMCは知花っコだったのになぁ・・・crying
なぜか、小生、モデルのお嬢さんと両手を打ち合わせるはめにcoldsweats01P1340347

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その3)

楽器を公園に持ち込んで、みんな思いの思いの服装で。

一緒に踊っている人、一緒に演奏している人、
ビール呑んだり、バーべQしたり、芝に寝たり、スイカかじったり・・・
・・・とっても、自由っ!!
この自由さがウクピクの良さ!

そして、一流のプレイヤーたちの演奏を、
いいんですか、こんな気軽なスタイルで聴いちゃって♪
シ・ア・ワ・セ~
happy01
Caet6pu2

Can3mhelP1340335 P1340336 P1340315P1340320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その2)

ヒマワリ畑の向こうに、青い海が見えるソレイユの丘の
空には無数のトンビが自由に空高く飛んでいた。

上空と違って、大地では暑い午前中であった。
園内の噴水では、子ども達が水遊びをし、涼をとる。
Caq7r5fl_3 Caaxm9l1

そして、このモニュメントを見ると、「あぁ、今年もソレイユの丘に来れたなぁ」と嬉しさがこみ上げてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレピクニック(その1)

昨日、横須賀「ソレイユの丘」でのウクレレピクニックに行ってきた。
今年のウクピクでは、大好きな知花っコ(有里知花)が出演しないので、何気に淋しい・・weep
(関口さん、忘れちゃ困るよ!)

今回のお目当ては、天才青年「平井大クン」と天才オヤジの「IWAOさん」、&「ムック!」

連れたちとの待ち合わせ中、コンビニで見つけた「ご当地サイダー」!
(まぁ、購入したのはビールばかりだけど。。)
Caavduk0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎ去った青春

新橋で呑んでいた、とある日のこと。

うさぎ店長:「あれ、教えてませんでしたっけ?」
小生:「何が!?知らんぞ!」
店長:「こんなのやっているんです。。」

・・と手渡されたのは、お芝居のチラシ。

小生:「エキストラか何かを?」
店長:「・・いえ。。」

小生:(チラシをジッと見る。)
    「なにぃぃぃいいっ!、主演じゃんっ!!」
店長:「・・はい。」

・・・・キミは、お店と、スポーツの他にも、俳優業もやっていたのか!
店長さん小生よりも1回りも若い世代なのに、
物理的に時間がない人なのに、
なんにでも真面目に一生懸命だ。

今回だって、いつそんな練習をする時間があるんだ?という位忙しいはずなのに。。
こんな店長の「生き方」に、小生は猛烈に感動crying!!

小生も若い頃は、演劇部で「照明の係り」をやってみたかった。
男子校だったので、そのような機会を得ることなく、青春はミルミル通過crying

【お芝居情報】
・タイトル:「不渡り会社は鬼ばかり」(銀座小劇場にて)
・本日(8/10)14:05~・17:35~
・ストーリー:入社当日に会社が倒産。
 手形不渡りでヤクザが押しかけ、隣の喫茶店マスターが野次に入る1日。

P1340550_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いっ!

毎朝、掃除後に水をまく。

水は、朝日にギラギラと輝く。
今日も暑い、熱い一日だった。
Ca3a0027

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神宮花火大会

神宮花火大会へ行ってきた。
ここの花火は情緒は無いが、勢いは凄い。
すべてがホームラン花火、すべてがクライマックス!
花火の音が周りのビルに反響し、もの凄い音です!
P1340261 P1340257 P1340269


そして、この人・人・人・人・・・・ウォーリー君を探せ状態です。
P1340231
そして、夜空に輝く花火を見上げる人の顔、素敵です。
P1340274

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノーモー広島

No More広島、
の~も~広島、
呑~も~広島…。
ということで、広島の酒を軽く呑みたくなり、
新橋辺りで広島の酒を呑めるところといえば・・「いし井」へ足を運ぶ。

ルパン似の店長が出迎えてくれる。

ルパン:「あっ、いらっしゃい!オヤジさん久しぶりです」
小生:「暑いねぇ、今日は、広島の酒が呑みたいなぁ!」

ルパン:「広島ですかぁ・・・(と、ゴソゴソ探し出す)
     あっ、ありました!」
小生:「じゃ、それっ。」

・・・・こんな形だが、被爆者のご冥福をお祈りいたします。(祈)
Ca3a0041

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラジオ体操 第3

そういえば、
今週、ラジオ体操の第3が見つかったらしい。

レコードのジャケットが、江利チエミとペギー葉山だというところも凄い。

我家の近くでも毎朝行われているラジオ体操。
起きたての子どもたちは目をこすりながら会場にやってくる。
P1340200_2

高学年の女の子は、会場に来るだけで、おしゃべりだ。
(将来、井戸端会議のメインになること間違いない(笑)
まぁ、毎朝、来るだけでもエライぞ!
(ランチャーズの選手は誰ひとり来ないもんなァ・・あっ、一人見っけ!)
P1340204

そして、このじっちゃん、お孫さんと手をつないでの帰り道。
・・・幸せの光景だ。
P1340088

| | コメント (3) | トラックバック (0)

不思議な言魂

日本語には「不思議な力を持った魔法の言葉」がある。
あまりにも正直に響きがはね返る為、若い頃には、あまり口に出したくなかった言葉だ。

その言葉とは……、『人生』。

幼い子がその言葉を発すると、その子の年齢に応じた『人生』の言葉の響きが。
老人がその言葉を言うと、その年齢に応じた『人生』の言魂の響きが。

いつしか、小生も、その言葉を口に出しても良い年齢になってきたようだ。

今日は広島原爆の日。
忘れてはならぬ。過去の過ち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和の方程式

昨夜、折角早く家に帰ろうと試みたのに、
上野を過ぎると、雷・・・そしてどしゃ降り・・・。

傘を持っていないので、駅で立ち往生。。
ムシムシしてたまらんので、駅内のアートコーヒーにて
コーヒーゼリーを食べながら、エアコンがかかった店内でボーット過ごす。。

その間、約1.5時間。。。
すぐ近くに雷がズドンズドンと落ちまくっている!

しかし、ガキのころと違って、停電って無いなぁ・・
「雷鳴る=停電=懐中電灯を探す=ブレーカーのヒューズをつける」
・・この方程式は、昭和の方程式なのか。。?

みんな、この雨の中、この雷の中、
そんなに無理して、急いで帰る必要があるのか?

気象情報でも見るか、と思い
携帯電話のワンセグをつける。

しかし、バラエティ・ドラマばかりでニュースは一切無し。。
雷雨が起こっているのは葛飾だけか?という不安もよぎるが
気にせず、ワンセグで「あんどーなつ」を見続ける。。

閉店になる頃、やっと雨があがった。
Ca7zn0n4

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ランチャーズBBQ IN土手

ランチャーズ(葛飾少年野球最高チーム)の面々で、昨日はBBQ大会!
他のコーチ陣が野球の練習をしている所、小生は鼻っからBBQの準備に専念。
(早く、ビールが飲みたかっただけとも言う・・)

チアガール:「なんでそんなにバケツに水入れておくの?」
小生:「土手は風強いから、火事になると厄介だからな。」

チアガール:「ねえ、オヤジさん、火が弱くなってきちゃった!」
小生:「あいよ、じゃぁ、そこの軍手をして、網を持ち上げて」

チアガール:「オヤジさん、なんで霧吹きしてるの」
小生:「鳥の皮は、霧吹きで水をかけて焼くと美味いんだよ」

そうこうしている内に、選手たちが腹をすかせて、なだれ込んでくる。

焼きそば・焼き鳥・焼きもろこし・焼肉・焼きおにぎり・・・・
7台で焼いた食材が 見る見るうちに消えていく(笑)
BBQの後は、親子戦を行なった。

愉しい1日は あっという間に 日が暮れてしまった。
P1340191P13401941340190

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お花茶屋祭り

お花茶屋のお祭りが昨日から始まった。
P1340113_2 P1340112_2

例年よりも人が多いんじゃないかなぁ・・。
P1340114_2P1340133_2

風船も、イカ丸も、ポップコーンも、飛ぶように売れていきます!
P1340123P1340125P1340130P1340118

しかし、ガソリン値上げの影響なのか、焼きそばも200円にしては量が少なくなっている感が・・。
子どもたちは・・・やはり、こっちかぁ(笑)。
P1340134P1340153P1340167P1340170


そして、今夜は『堀切祭り』だよん♪
P1330395_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その16)

今回の夏休みをしめくくる写真を1枚。
P1330964

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その15)

最後に向かった先は、桃の直売店。
ほったらかし温泉に寄ったのは、その後、一宮の桃をこの時期に喰いたかったからだ。
P1340060
ばっちゃん:「もぅ、今日は最後だから、コレ持っていきな」
小生:(この言葉を待っていたんだよ♪)
P1340066
こ~なに一杯入って2500円。
しかも捕れたて野菜までいただいちゃって♪

小生:「1個、ここで冷やして食べていい?」
ばっちゃん:「ああ、いいよ。そこの包丁使いな。」

小生、ここの井戸水で、こうして冷やして食べる一ノ宮の桃が最高に好きなのだ!
P1340069

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その14)

食後のコーヒーも飲んだことだし、河口湖を後にして、
上九一色村経由で甲府へ移動。

わざわざこの経路にしたのは、
子どもたちに、深い山・谷の中の村を見せたかったからだ。
そして、サリン事件でまだ苦しんでいる家族のことを話したかったからだ。

甲府南からフルーツ公園へ向かう。
ココの夜景は、関西の生駒山の夜景に匹敵する美しさだ。
生駒山と違う点は、山頂に温泉が有るという事かな。

そうです、かの有名な『ほったらかし温泉』です。
P1340056
あまりの景色の良さに、親たちはココロを奪われ、
子どもたちを ほったらかしにしてしまう程(笑)。
P1340019P1340031


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その13)

食後のコーヒーを飲むために、小生が行きたい店に移動。

このホテルの朝食バイキングも素敵だけど、
ナント言っても、ここのカフェオレが凄い!

さぁ、イッツ・ショウ・タイ~ムっ♪
P1340004P1340005P1340007


こんな高さからミルクとコーヒーを注いでいるのに、一滴もこぼしていません!(凄し!!)
店長、かっこ良過ぎです。
P1340008

【お店情報】
ビジネスホテル登り坂
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6832
TEL 0555-72-5300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その12)

河口湖に戻り、名物『吉田うどん』を喰いに行く。

昔、山梨担当だった時・・・

取引先:「おやっさん、昼飯でも行くかい?」
小生:「そうっすね、行きますか!」
取引先:「この辺のうどん、喰ったことあるかい?」
小生:「いやぁ、まだっすねぇ」
取引先:「かなり、『こわい』ぞ」
小生:「エっ!????」

『こわいうどん』って、なに?何??、ホワット???

取引先:「今日はご馳走してやる!」
小生:「いいんですか?(♪)」
(メニューを見ると300円・・・安いのねぇ。。)
山梨弁で、『こわい』=『固い』ということを知ったのはこの頃だったか?

今回入ったこの店は、庭付きで、夜は呑み屋さんなのだが・・
P1330986
P1330987
いい出汁味だったので、
『吉田うどんの冷やし』、美味かったo(^^o)
P1330988_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その11)

富士山五合目名物、『富士山メロンパン』。
P1330936
飛ぶように売れてます!
小生も2つ購入。

富士山メロンパンの中はこんな感じ(溶岩マグマは無いぞ)。
P1330947

笹一酒造のお酒も売っている!
ここ、限定らしい・・。
P1330959

そうこうしている内に、霧が晴れて
目の前に富士山、バ~ンっ!!
\(^∀^)/
P1330933
次回はきっと、山頂までトライするぞ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その10)

西湖を後にして向かった先は
P1340013
・・・富士山!!
こんな標識、早々見られるもんじゃない!!

「♪富士わぁ 日本一のぉ山~♪」というだけ有って、
歩く途中を雲が通過する!
P1330974
娘は急に、ビニールを取り出して、雲をつめようとしている(笑)
P1330915

・・ゲットしたらしい(笑)
P1330981
今回は、初入山ということで5合目まで。
次回は制覇するぞぉ~っ!!

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その9)

西湖で朝を迎えた。
時刻は5時。

「♪君の 手をとり、ココロの海に
 白い小舟を 浮か~べる♪」

・・静かな湖畔に、釣り船が静かに漂う。
聞こえるのは早起き鳥のさえずりだけだ。
P1330754P1330761

そこへ、カナディアンカヌーを積んだ車がやってきた。
(なかなか、いいカヌーだ!!)
P1330765P1330766
(小生の『カヌー魂が』か燃え広がる・・」

何だか、撮影らしい・・。背広姿の人もいる。
P1330784

カメラマンはインタビューしながら、水の中で激写している。
この状態、身体にもの凄く水圧を感じるんだよなぁ・・
P1330780

こんな立派なカヌーは持っていないけど、カヌーの楽しさなら俺にインタビューしてくれれば答えてやるのに・・・。

P1330786 P1330806

肴が1匹、ポチャンと跳ねると、大きな輪が広がっていく、こんな静かな湖面で、小生もカヌーやりたいなぁ。。。

昔、養護施設で働いていた時、キャンプ指導員資格の他にカヌー指導員の資格も取ろうとした。しかし、カヌー講習はいつも日曜日だったから、施設勤務の小生はすべてに出席できず、未資格なんだよね~。_| ̄|○

今なら土日休みだから、来年またトライしてみようっカナぁ。。
P1330867


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その8)

富士Qで小生が気になったグッズはコレ!

まずは、『富士Q』のイラスト入り自販機。
P1330569

P1330679_2
そして、「富士急鉛筆」(でかっ!、筆箱に入んないよ~)
P1330738
鬼太郎の「ちゃんちゃんこ」(下駄も売ればいいのに・・)
P1330665
「目玉オヤジグッズ」(かわいい)
P1330663P1330664_2

「モニュメント」(友だちか?)
P1330666

「風船のお嬢さん」
P1330667
「アイスクリーム坊や」
P1330722




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その7)

雨もあがり、それぞれのマシンが試運転を始めだした。

取り合えず『フリーホール』や『ティーカップ』で時間をつぶす。
P1330728
P1330592
そうこうしている内に、『ええじゃないか』も試運転を終え、
いよいよ、クライマックス!!
後ろ向きのまま、カタカタと登っていき、
いきなり右に左にスパイラル!
足はぶらぶら。。ほおリ投げ出され、まるでゴミみたいです。。
P1330730_2
P1330731
一体誰だ、こんなジェットコースター作るやつは!(笑)
P1330741

そして、「今度の新作」は、これらしい。。
P1330572

・・・2051年って、小生、この世にはいないよ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その6)

勢いに乗った我々は、一気に『ふじやま』も制覇!
P1330678 P1330675_2
続いて、『ええじゃないか』を乗るために待っている間、
突然の雷雨!
P1330688
あとちょっとで乗れるところまで、並んでいたのに・・
既に1.5時間並んでいたのに・・
雷雨の為、運転見合わせです。。

しかし、みんな並んだままです。
傘も無いので、ココに並んでいるしかありません。
まるで、避難所
P1330697

引換券(ファストパスみたいなもの)をもらって
P1330718
おやつでも食いに行くかっ。
コレ、なんだかおもしろ~い!
こんなソーセージ、町会のお祭りで出したら、すぐに売れそうっ!
P1330715_2

しかし、意外と食べづらい・・
ソーセージが落ちそうなのをこらえて食べる。

何とか上手にこぼさずに喰えたと思ったのだが、、
汚しちゃった・・・。sad(大人なのにぃ・・・)
P1330717 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その5)

昼飯時間なので、取り合えずカレーでも喰うか。

喰いながら、次に行く場所を決める。
取り合えず、のんびりとハム太朗にでも乗るか!
(食後だしね~)

(BGM)
♪とぉとこー走るよ、ハム太朗~
だ~い好きなのワぁ~、ヒ~マワリの種~♪

待ち時間でもホノボノだ。

坊や:「ボク、マモルクンに乗りた~い」
母:「そうね~♪」
P1330638

ところが・・・・(ハム太朗の格好をしているのに)
この『ハム太朗』、めっちゃ速い!!(笑)
P1330636

坊や:「(ウェ~んsweat01かえりたい、かえりた~いっ(泣)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その4)

一度濡れると、もぅどうでも良くなるのは、川に落ちたときと同じ。
濡れついでに・・『グレートザブーン』へ。

大した怖さは無いのだが・・・やはりずぶ濡れ。。
P1330628
ズボンを絞ると水がたれます、Tシャツも絞らないと。。
パンツまでぐっしょり。

この高さから、
P1330618
こんなふうに落ちて・・
P1330619
あ”~、そこの兄ちゃん邪魔っ!(前を通るな!)
P1330620
そして、
橋を超える水しぶきをあげて帰還。
P1330623

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み(第1章 その3)

血圧も不整脈となり、酸素が足りず、(笑)
何気に注意書きの看板に目が行く。。
P1330568
【効能】:
神経痛・浮気性・冷汗・疲労回復・・寝ぐせ・恋人の我儘・・・色々と効くのね。。

取り合えず、絶叫しまくったので、出るのは何故だか笑いのみ。。
ココロ落ち着かせるために、ニューアトラクションの『ながしますか』へ向かう。
P1330595
約1時間待ち。。ま、いっか。待ちましょうっ!と並んでいると、

「♪ソーメン、ながしますか?
  トイレ、ながしますか?
  背中、ながしますか?

  流しますか?流しますか?
  全部、水に流しますか?

  ながしまっ・すっ・かぁぁああああ♪♪」

・・・・ずぅ~っと、このメロディが流れているので、
耳にこびりついて、
メロディが頭の中でグルグル走馬灯のように流れている。。。

しかし、みんな、なんでビニール合羽を着ているのだ??
P1330612

スタッフ:「大鳥居の前でお手をパンパンって叩くと、イイ事が有ります!
     まもなく、先ほど出発した方が通りますので、
     みなさんで一緒に手を叩いてみましょう!」
客一同:(パンッ、パンッ!)

・・すると、先ほど出発した人の所へ水がっ!

まぁ、あの噴出しを注意すれば濡れることはないだろう・・・
と甘く見ていました。。。

ずぶ濡れですっ!!

(▼Д▼メ)y-~~~~ ッタクヨォ!!!
こうなったら、ジェットコースターで乾かすしかないっ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »