« 花粉チック | トップページ | 対策中 »

甘ずっぱい唄

プログ友のTodo先輩が紹介していたクマちゃんの唄。
最近、春の日差しと共に、頭の中でメロディが回っている。

春・・卒業・・別れ・・・桜舞う情景・・

男子校だったからなぁ。。

こういう情景を、学生の時に経験したかったなぁ。

ひみつ  熊木杏里

吐く息よりも白く
雪は降り続けてる
今 誰よりも近く
あなたに寄り添いたい

右の耳は私の鼓動を
左耳は自分の心を聴いてる

恋の音がしていますか
胸の声に尋ねさせて
私の恋は ひみつから始まる

もし 聴こえているなら
私にも届かせて
もう あなたの声しか
眠りにもつけなくて

肩に触れた あなたの手がまだ
私のこと ひとりにさせずに残ってる

恋の音が聴こえています
胸に声があったなら
私の恋は ひみつにはできない

雪のように いつか消えてしまうなら
あなたに伝える言葉は
持たないほうがいいのかな

恋がもし 止められるものなら
人は人を好きにはなれないから

恋の音が聴こえています
胸の鍵をはずしたくて
恋の音がしていますか
胸の声に尋ねさせて
私の恋は ひみつにはできない

|

« 花粉チック | トップページ | 対策中 »

コメント

俺も男子校だったっすよ。

大人にならなければ出来ないこともあるけど、高校生の頃でなければ出来ない恋愛もあるよねえ。

同感ですよ、ご同輩。

と言うことで、この曲が気に入ったら、次の課題曲はこれだ!(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=4UT3KB6kIQY

投稿: TODO | 2009年2月17日 (火) 00時15分

★To Todo
先輩、この課題曲も素敵ですねぇ。
この透明感。
どうやって育てれば、こんな透明な子が出来るんだろうって思っちゃいました。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009年2月18日 (水) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/28142774

この記事へのトラックバック一覧です: 甘ずっぱい唄:

« 花粉チック | トップページ | 対策中 »