« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

おお味噌か

 絢香を一番最初に知ったのは、この映像のときだった。

今夜の紅白で、絢香の見納め。
まだまだ若いのに。。

先日、町内会の夜警をしている時、
ばっちゃん:「美人薄命っていうからねぇ。」
小生:「ばっちゃん、いくつになったの?」
ばっちゃん:「72だよ。」
小生:「ぜ~んぜん、薄命じゃないからっ!!(笑)」

ばっちゃん:「まだまだ、生きて遊ばなくっちゃね!」

小生:「・・・ま、そうだね~ (^-^; 」


さてさて、年の瀬。

今年、やりたきこと、やり尽くしてきた。

小生が一番やりたかった行事は、花菖蒲の天ぷらだった。

アップした動画で自分なりに一番気にいっている貴重な動画だ。

来年 目指すべきこと・・
・荒川土手で、スカイツリーを見ながら「葛飾堀切・大文字焼き」をする
・荒川土手に彼岸花を敷き詰める
・レスキューの資格をとる


除夜の鐘を叩く頃、地元っちだけが残り
TOKYOは「江戸」となる。
091231_08370001

| | コメント (6) | トラックバック (0)

柴又プリン

091230_21490001
連日の連夜の夜警。
いい加減に疲れてきた。。

疲れると甘いもんが喰いたくなる。

ここのプリンを喰いたい衝動にかられ・・・

柴又Biscuit(ビスキュイ)へ。
091230_15590001

お店の外でも既に あま~い香りが・・♪

店内に入ると・・・
091230_16050001 091230_16060001

すうぃ~~つ でしょImage0266
さすが、帝国ホテルのパティシエ!
相~当~、美味しいです!!Nikoniko_s
なのにお値段は普通です。

お隣に併設の茶店では、
ビスキュイのスイーツを持ち込んで食べる事も出来ます。

小生が欲しかったすぅぃ~~っつはコレ!!
091230_16080001

牛乳瓶の底に、ほどよい柔らかさと、適度な甘さのカラメルが溜まっています。
091230_23330001

スイーツの世界にも、「賀正」があるんだネ!!
例えば、これ。
立派な「お年賀」デス!
091230_16110001 091230_16130001

それに、コレ!
まるで、富士山みたいで縁起が良さそうです(笑)
091230_16120001

091230_16100001_2


【お店情報】
店名:Biscuit(ビスキュイ) お店HP
住所:東京都葛飾区柴又5-7-1
TEL:03-5668-8870

| | コメント (3) | トラックバック (0)

年末洗車

数ヶ月振りに洗車。
年末なのでバリッとした「気合い洗車」をした。

小生、ジツは磨き屋の資格も持っていて、
科学的かつ化学的に洗車ができるのだ。
           (チョイと自慢v(^-^)v)

女性Entryimage0046 にも判るように、洗車の極意を解説しよう!

先ずは水を汚れた車に含ませ、大きな汚れを浮かせ流す。
Entryimage0046=まずは、顔に優しく手でぬるま湯をかける)
091229_12100001

次に、イキの良い泡立ちを作る。
使う洗剤は、台所用のママレモンで充分だ。
Entryimage0046=クリーミーなホイップ泡を作る)
091229_12070001

この泡の界面活性剤の力を使って、
細かい汚れをスポンジの重さだけで洗い流す。
Entryimage0046=ホイップ泡で優しく洗顔するようなもの)

水垢取り剤を使って古い汚れを取り除く。
Entryimage0046=クレンジングを使ってダブル洗顔をする感じ)

タバコのセロハンなんか使わなくても、
指の感覚だけで判る鉄粉。
Entryimage0046=テスターを使わなくても、肌の張りは指先で判ることと同じ)
091229_12190001

水に含ませたボディを、トラップ粘土で擦りながら鉄粉を除去していく。
Entryimage0046=シュポシュポを使って、毛穴の汚れを吸い取るようなもの)
091229_12240001

この数ヶ月で出来てしまった小傷の数々・・・
091229_12160001

3ミクロン、0.5ミクロンと2行程で磨き上げ、鏡面加工していく。
Entryimage0046=完全にすっぴんにし、お肌マッサージする)

●1工程目・・まだ、ボディに映った電線がぼやけている
091229_13230001

●2工程目・・細い電線もシャープに、ボディに映し出されている
091229_13330002_2

「傷クリア」を使って、塗装のクリア層を再生する。
Entryimage0046=潤い美容液でパックする)
この時点で、細かい古傷は跡形も無い!
091229_13110001_2

薄っすらとワックスをかける。
Entryimage0046=薄く紅をのせる)

ここでのせるワックスは、年末なので
固い皮膜のフッ素系ワックスをのせる。
Entryimage0046=爪を油で光らせるのではなく、マニキュアで光らせるようなもの)

テールランプのようなプラスチック系には
シリコン系のワックスをのせる。

窓ガラスには珪素系の撥水剤を塗りこむ。

エンジンルームの中も、ジャブジャブとブラシを使って
油汚れを取り除き、タイヤワックスを使って黒い部品をシャープに浮き上がらせる。
(=目元にアイシャドウを塗って、目立たせるようなもの)

ざっと4時間に渡る洗車であった。
・・・・ちかれた~~~。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年もそろそろ

正月用の刺身を買いに、足立の市場へ行ってきた。

足立の市場は、築地まで行かなくても魚が充実している。
マグロだってこんなにゴロゴロしている♪
P1480707  P1480705

市場の中って、ワクワクするんだよねー10_02_15_01005876 10_02_15_01005876

あの乗り物も乗ってみた~いっ!!
P1480702_2

市場の中のあっちゃこっちゃで、マグロの解体しまショー♪
P1480712 P1480706

まずは、赤身を購入。
P1480711 P1480714


小生のお目当ては・・・
有った、有ったぁ、頭をさばき中の所が!!(嬉)
P1480716

そうそう♪  ココよ、ココっ!!
まぐろのミノが欲しかったんよ。
安い割には、大トロみたいに柔らかいんだよなぁ10_02_15_0100587610_02_15_0100587610_02_15_01005876
P1480719

市場を回っていると、オモシロイ食材にいっぱい出合う。
「ままかりのかぶら巻き」・・・旨そうっNikoniko_s
P1480721

「あんきも豆腐」「しらこ豆腐」!!これまた旨そう!
P1480709

名前は判らないけど、この海老巻きも旨そう~♪
P1480710

あと、正月の必需品、「くわい」を買ってきた。
P1480723
油でカラッと揚げると、ほくほくして美味しいんだよねー♪


ところで、清水寺の貫首恒例「今年の漢字一文字」は何だったんだろう??(゚ー゚;ぽか~ん??
・・ネットで調べてみたら「新」だと。

小生的には「法」だったんだけどなぁ・・。

オバマ政権でチェンジし、総理が歴代自民党から鳩山政権に変わり世界の法や日本の法基準が変わり、
のりぴーが逮捕され、・・・・完全に『法』だったのだが。。

ちなみに、歴代「一文字」を調べたら・・
2008年:「変」 (首相の交代、世界的な経済環境の急変)
2007年:「偽」 
(赤福餅など食品表示偽装が次々と表面化)
2006年:「命」 
(北朝鮮のミサイル発射や核実験など命の不安。いじめ問題)
2005年:「愛」  (愛・地球博開催。紀宮清子内親王結婚。福原愛ちゃん大活躍
2004年:「災」  (新潟県中越地震。台風23号上陸被害。 )
2003年:「虎」 (阪神タイガースが18年振りにリーグ優勝)
2002年:「帰」 (北朝鮮に拉致された日本人5人が帰国)
2001年:「戦」  ( アメリカ同時多発テロ事件発生)
2000年:「金」  (シドニーで柔道の田村亮子、マラソンの高橋尚子も金)
1999年:「末」  (世紀末。 東海村の臨界事故・警察不祥事など「世も末」)
1998年:「毒」 
(和歌山カレー毒物混入事件、ダイオキシンが社会問題)
1997年:「倒」
(山一證券等大型倒産続出、サッカー日本代表ワールドカップ初出場)
1996年:「食」 (狂牛病存在が報道、O-157集団食中毒が多発)
1995年:「震」 (阪神・淡路大震災)

こうやって、漢字の傾向を見てみると・・・
何だか明るい言葉が少ないんだね・・。



それに、清水寺貫首、意外と
スポーツ好きで、ワイドショー的ネタ好き??(笑)

【市場情報】
名前:東京都中央卸売り足立市場
住所:東京都足立区千住橋戸町50
TEL:03-3882-4301
 

| | コメント (5) | トラックバック (3)

一晩経って。。

昨夜の出火から一晩たって、
若干冷静になってきたので振り返ってみる。

葛飾は、家の密集地域である。
どれ位、密集しているかというと、
自分ちの窓を開ければ、数十cmの距離でお隣の家の窓があるという位だ。

そんな地域なので、我々、町の消防団に支給されているのは
ミニパトみたいな大きさの、ミニ消防車だ。
『チョロQみたいにデフォルメされた消防車』といっても過言ではない。

そんな小さな消防車だから、路地の多い下町でもスイスイと巡回ができる。

Tクン:「警笛、鳴らしながら行きます?」
Kさん:「夜だからねえ」
小生:「住民に注意させるためだから、カンカン鳴らしていこうよ!」

カン、カ~ン 、カン、カ~ン

夜の下町に警笛の音が鳴り響く。

信号待ちしているとき、幼稚園くらいの男の子が我々の消防車に手を振っていた。
我々一同、手を振り返す(笑)

小生:「ついでだから、マイクで喋りながら巡回しよっか!」
Tクン:「じゃぁ、オヤッさん喋ってくださいよ。」
小生:「オレがマイク握ったら、要らんコト喋っちゃうよ!!
    それよりか、駅前も通って、カンカン鳴らして
    消防団員募集っ!って喋るか!」
Nクン:「駅前、いいっすね」
小生:「おれさぁ、10時から呑み会の約束なんだよね~
    だから、駅前でそのまま降ろしてくれると有り難いンだけど。。」

・・・・なぁんて冗談を言いながら、ミニ消防車で巡回をしていると
若い男性が路地の角で、我々に手を振っていた。

知り合いか?? しかし、誰の友だちでも無いし。。
消防かぶれの青年なのか??
Tクンが、とりあえず、窓を開け「どうしました?」と聞いてみる。

青年:「煙が・・・!」

事件の始まりはそこから。

我々4人は、バッと車から飛び出し、匂い・音・色で状況判断。
尋常じゃない状況をとっさに判断。

もちろん、頭の中では『消火服、着ていないしなー』とかもよぎるが、目の前の小さな火、モウモウと勢い良く窓から出てくる煙。

火を消す役、火を消す補佐役、連絡・救助する役、交通整理役。

普段の訓練が、状況判断をさせるんだなぁ・・・と思った瞬間だった。

火も消し終えたし、人も助かったから良かったものの、
一晩たって冷静に考えると、今回の反省点・・・

・ミニ消防車にも消火器を積んでいることを、すっかり忘れていた。。
・もしも火が大きくなってしまうことも想定して、消火栓の位置を見つけるべきだった。
・近隣住民に避難連絡をするべきだった。
・ミニ消防車のホースも伸ばすべきだった。

・・・・・まだまだ、訓練が必要だな。

さて、これからココが人でいっぱいになる。
091228_08360001
スリや痴漢も多いので、行かれる方は、
しっかり鞄は抱えてお買い物を楽しんでちょうだい!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

興奮と反省

昨夜から始まった「歳末特別警戒」。
091227_20530002
年末の風物でもある。
拍子木を叩いて「火の用~心ン~っ!」っと廻っていると
「アオン、アオ~~~ン」という、犬の遠吠えが
なんとも哀愁が。。

本日からは消防団の警戒も始まったので、
掛け持ちで出席の予定だった。。。

部長から「オヤジ君も、消防車に乗って巡回して来いよ」
と言われたものの、次の予定が入っていたので、
「エ”~っ!」って初め断っていた。
だって、消防車に乗っちゃったら、すぐに帰れなくなっちゃうし・・
次の呑み会に間に合わなくなっちゃうし。。

んが、『車の中の方が暖かいし・・』という横島の考えが。

仲間4人で乗り込み、
カン、カ~ン、とサイレンを鳴らしながらゆっくりと巡回。
091228_20070001

時速にして2~3km位のスピードだから、チョイとかったるい。
子どもが手を振っていると、つい、手を振り返してしまう(笑)

巡回して間もない時間のこと、事件は起きた!!!

ほっそりとした男性が、消防車に向かって手を振っている。
『オトナのくせに・・・』と思いながらも、手を振り返そう
とも思ったが、何だか異様な手の振り方・・。

ナント、家から煙が!!!
初め、『また、サンマかあ??』と思いつつ外に出てみると
火事の匂いだ!!!

それからの我々4人の連携がすごかった。
普段の訓練ってこういうところで発揮されるんだなァ。

大工さんのTクンは塀を越えて突入、
小生は連絡・情報発信・じっちゃんの非難誘導、
NクンはTクンの補助・・

風が強い夜だったから、あと数分遅ければ、
町中、火の海だったかもしれない。

第一通報の小生には、刑事さんからこと細かく事情徴収。
そんな事情徴収の最中にも、消防隊員からも質問が
飛んでくるので、「刑事さん、チョッと待ってて、後でね」と
消防への火災現場の説明を優先。

この地域は密集している町なので、大災害になりかねない。

今夜の火事でも、今振り返ると反省点が多い。
・火災のあった家を消火することだけに目がいってしまい、
近隣の人を非難させられなかったこと。

・消火器を集められなかったこと。

・・・・まだ、興奮している自分。。

もう少し、落ち着いたら、もっと反省点が出てくるかもしれない。

とりあえず、鎮火できたし、燃え広がらなかったし、
住人の命も助かってよかった。。

帰宅後、入浴して身体を洗ったが、
まだ煙の匂いが身体から離れない。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

脈打つ新東京タワー

クリスマスイブも終わり、
美人OLのWちゃんと話していた時のこと。

小生:俺の(携帯の)東京タワー写真
 
ドクドクと脈打っているみたいに見えるんだけど、
 見るかい!?

Wちゃん:エえ~っ!(//▽//)

…ん??(・_・)エッ....?
なぜ、照れてる??

気付いた時には、既に遅し。。
写真を見た後なら、言葉を理解してもらえたのに。
物事、順番を間違えると火傷する。

先日、セクハラ研修を
受講したばっかりだったのに~。(|||_|||)
Photo

小生が見たときは、巨大な怪物みたいだった。
091224_19520001

さて、クリスマス。

今年の作品はコレ。
なんとか、ここまでが限界。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

先入観って、恐い。

週刊現代の中吊り。
『話題騒然!細川ふみえ×篠山紀信』というタイトルが目に飛びこむ。

ふーみんも、遂に脱いじゃったか…。

「見たくなかった、そんな姿。。」と思っても、目は勝手に、胸を押さえる写真に釘付け。

次に目に入るタイトルは『デフレ敗戦』。

テブラ敗戦』と読み違えてしまう。

先入観、恐い。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

さっきまで動いていた馬面

接待受け忘年会。
091222_18320001

さっきまで泳いでいた「馬面はぎ」。

「目があってしまった」というだけで我々の食卓へ。
091222_19020001
鮫肌のようにザラザラとした馬面。
しかし、なんとも愛嬌のあるクリクリとした大きな黒い目玉。

もみじ醤油でコリコリ感を楽しんだ。

手酌もいいけど、やはりこういう姿にはグッとくる。
091222_18350002 091222_20530001

【お店情報】
・店名:卯多璃
・住所:東京都港区芝3-41-8 駐健保会館B1
・TEL:03-3451-1494

| | コメント (6) | トラックバック (0)

歴史有るCM

セクシャルハラスメントもくそもへったくれもないCMが・・
これまた、よくもこんなにもロングランで、
シリーズ化していたこと。。脱帽です!

まずは昭和50年代。

そして、昭和62年。

平成6年バージョン。

平成9年バージョン。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

なぜ、高知なんだ!?

1つ1つのCMでは気付かなかった。

ストーリーが繋がっていたことに
今、初めて気付いた!!

まずは、これ。


そして、これ。


そしてそして、最新作!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

受け入れ先

駅には「有馬記念」や「初詣」の中吊りが貼られ始める季節となった。
091222_08330001 091222_08330002

今年残すところ10日となった夜、
社内の『忘年会パート2』が行われ、
終了後、次の店の予約を入れている間にはがれ、
telしたらみんな既に電車の中らしく…、

再び、新橋の町を 一人ほっつく。

溶かしてくれた受け入れ先は、ワインバーRabi。
091221_21130001

091221_21250001

この日は、この赤を。
091221_21170002_2  091221_21170001_2

カウンター隣席にいたお嬢さんが飲んだ赤も
素敵な赤だったので、
クリスマスのベルはこのボトルにかけた。
091221_22040001

【お店情報】
店名:ワインバーRabi
住所:東京都港区新橋3-19-4新共ビル 3F
TEL:03-3432-5346

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ランチャーズ卒団式

ランチャーズ6年生の卒団式と親子大会があった。

初めて、みんなの前で改めて話す「送辞」と「答辞」。

P1480591
話す言葉が真っ白になっちゃって、泣き出す選手。

卒団選手「ありがとうございました」

言えた言葉はそれだけ。

いいんだよ、それで。キミたちはまだ12歳なんだから。
P1480606


その後は、親たちと唄い、呑み明かした夜。

P1480631 P1480618
みんなで、たくさん、飛び跳ねながら唄った(笑)

翌日、荒川土手グランドには沢山の手作りカレー。
P1480640

P1480644
みんなでお日さまの下、並んでカレーを。

食べた後は、おかあさんVS選手、
お父さんVS選手
P1480653 P1480660

お父さん選手、精一杯プレイしているのだが、卒団生と互角。

パパさん方:「お前たち、上手くなったなあ」

決して自分の体力が弱ってきたことは認めない、オヤジの威厳である。(笑)

P1480672

最後の、グランドへの礼。
新東京タワーが夕日に輝いていた。
P1480674

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長谷へ(その3)

長谷寺の歳の市ライブが終って、向かった先は
鎌倉 小町通りの蕎麦屋 峰本へ。

ジツは、長谷に来る前、昼間この通りを歩いて、
夜食を食べる場所を探し済みなのであった(笑)

P1480463
意外と面白い鎌倉小町通り商店街の裏路地。

気になるお店が幾つか有ったが、
駅から近くて、遅い時間までやっていそうな
峰本をロックオン。
P1480541
昼間は観光客でごった返ししていた小町通り商店街も、
夜になるとひっそりとしている。

店内に入ってメニューを見ると、
聞いた事のないメニューがいっぱ~い♪

新潟の純米朱なのに「まつもと」(笑)という銘柄を
熱燗にして身体を温めながら、オーダーを待つ楽しみ♪

「蕎麦の刺身」
P1480544

そして、「蕎麦の刺身をカリッと揚げたもの」(名前は忘れた(笑)
右手の紙袋が、ソレ。
P1480542
紙袋で出てきたから、我々一同、キョト~ン。。

小生:「どうやって食べるんですか??」
店員:「袋を開けて食べます」

わあってるよ~っ、んなこと!!(`◇´*)

シャカシャカポテトみたいに「紙袋のまま振る」とか
そんなことしなくても良いのかを知りたかったのにー!!

まぁ、オトナな我々は、歯向かうこともなく、
紙袋を開けると・・・
P1480543

おおっ!! 適度な塩加減~♪♪
酒が進む、進むの進むクン♪

もう1つ、気になるメニューが!!
「鯛の頭上げ」。

一同:「鯛って、骨が固いんだよね・・?
    きっと、揚げたとしても骨は固いよね・・・?(ブツブツ)

   ・・・・でも、食べてみよっか!!(笑)」

   (結局、なんだかんだ云っても食べてみたい我々(笑)

ということで、オーダーしてみた。ヽ(´▽`)/、
P1480545

結構、ガッツリと、喰い応えあります!!
以外に身がいっぱい付いてるのね♪

さ~ら~に~、さ~ら~に~、
酒を追加してしまう我々であった。(笑)

【お店情報】
店名:峰本 小町通り店
住所:神奈川県鎌倉市小町1-7-1 小町銅ビル1階
TEL:0467-23-6161

| | コメント (8) | トラックバック (0)

長谷へ(その2)

この日は、長谷寺では歳の市。
過去3年の中で一番空気が冷たい夜であった。

そんな中、はだか電球の灯りが暖かく感じる。
1480512 1480511

門の前。
1480513

門の内側から見る景色も好きだったりする。
1480514_2

夜の長谷寺。
お寺の中はライトアップされ、
1480515 1480521

静かに揺れる蝋燭の灯火が暖をくれる。
1480518

キーンと張り詰めた夜の空気の中、
三味線Sootheと知花っコ(有里知花さん)のライブが行われた。

厳かな歳の市ライブである。

Sootheの三味線と、知花っコの澄んだ唄音が
長谷の空に消えていく。
1480530_2 1480534

この夜も、溶かされた。
完全に。


気付けば、長谷の町では、至るところにこの日のポスターが貼ってあった。
1480519 P1480502_2

長谷の町にとって、
気がつけばいつも傍で守ってくれている長谷寺であるようだ。

そして、歳の市といえば有里知花。

1480538

| | コメント (8) | トラックバック (0)

長谷へ(その1)

午後休暇をいただいて長谷へ。

P1480459

長谷に着いたら、
『無銭旅行』マップの記憶をたよりに、川沿いを歩いてみる。
P1480465 09musen01

うひゃぁ♪ ステキな路地がいっぱぁ~い♪♪
P1480470_2

楽しい道だったから、アッという間に 青い海へnote
P1480473

P1480495_2

寒いから、しばし、カフェバー麻心のタンポポコーヒーで暖をとる。
ほぁ~、とする。
P1480474

窓からは海が広がり、ぼんやりと、ぼんやりとした時間を過ごす。
P1480475

今年一年の出来事を ゆっくり、ゆっくり想い起こす。

どれだけ時間がたっただろう。

気付いたら、お店のワンちゃんがストーブの傍で暖をとっていた。
P1480479

そして、いつしか寝ちゃっていた(笑)
P1480481_2

ゆっくりと 時間が過ぎた。

夕暮れ、店をでて、再び浜辺へ。

・・・影だと、脚も長いんだけどなァ(笑)
それに、小顔なんだけどなぁ。。影だと。
P1480500

キラキラと輝く海。
そして人魚。
P1480485

P1480486_2

ありがとう、ステキな時間を。

【お店情報】
店名:カフェバー麻心
住所:神奈川県鎌倉市長谷2-8-11
TEL:0467-25-1414

| | コメント (7) | トラックバック (0)

野良猫が住む町

091216_18450001
こんな夜の路地を歩いて向かった先は
この町を守る者たちの忘年会。
091216_18480001 091216_18520001

階段の途中にはお決まりのポスターがある。

普段は腕利きの職人であるが、いざという時には、
一声で直ぐに集結する仲間たちだ。
091216_18560001
まるで「必殺の中村主水」か「忍」みたいな仲間たち。(笑)

ミヤさん:「オヤジ君、こおトクさんわよ、すげえよ。
      タバコ吸ってる高校生がいたら、
      黙って指でつまんで消しちゃうんだ。
      ・・俺には出来ねえ、」
トクさん:「バカ云え、そこで見逃したら
      その時点でオトナの負けだからだ。
      黙って消して、『他で吸えっ』て言うんだよ」

ミヤさん:「んなことして、後ろから刺されたらどうするっ!」
トクさん:「『後ろから刺すんじゃねえ、前から刺せっ』て、
      腹を突き出すわ」

小生:「こ、こえ~っ!
    ま、俺も初めてトクさんと会ったとき、
    財布隠そうと思ったし!」

この町は、こんなあつい男たちが うじゃうじゃいる町。

しかも、腕利き。

そして、それを支えコントロールする女性陣営。

こんながっつりなジッちゃん・バッチャンたちの
「粋」な文化が残されにくい。

この町には野良猫が多い。

野良猫が多いと云うことは、
住み心地が良くて、平和な町だということ。

ジッちゃんやバッチャンたちが作り上げてきた平和の土台だ。

この日も、珠玉の言葉をジッちゃんから貰った。

ガンさん:「オヤジくん、まず、同世代の仲間を集めろ。
      それがパワーになる。
      意見なんか合わなくてもいい。」

まだ小生にはこの言葉の実感が少ないが、
なんだか間違いない重みのある言葉に感じた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

たまには愚痴も・・

忘年会の津波ウィークだが、呑んでりゃいつも楽しいと云うわけではない。

「会社の忘年会」ではいつも思うが、辛い。

小生のココロの中で「大切な人」「仲間うち」であり、ココロむき出しに話しても、
相手にとっては「One Of Them」・「利用するだけの人」であって、ココロ開いていないことを あからさまに感じさせられてしまう。

職場の寂しい人間関係を、これでもかっ!て程に、突き刺される。

「愛社精神」って何よ??
一緒にぶつかり合ったり、苦しんだり、笑いあったりする仲間が沢山いてこそ、「愛社」じゃねえのか?

己の魅力不足を痛感させられる。

呑んでいるから、そんな「感」が妙に冴える。。

お前とは仕事上での付き合いでしか無いという「目」を。

…だから、「職場の呑み会」は嫌いだ。

いくら呑まされても、酔うことはない。

胸をえぐられたかのような虚しさでいっぱいになる。。

会社を去ってからこそ、初めてその人との
「男」や「女」としてのスタートになる。

現役仲間同士なのに、なぜ面倒なことを
他人に押し付けるだけなのか。
なんで体裁ばかり繕うのさ。。

淋しい。

そんな中、小生のココロを理解するかのように、
浅草のキンさんからのお誘いのお言葉が。

「誰も呼ぶな。一人で来いっ!」
…涙が溢れる程、ありがたいお言葉。

小生にとってキンさんの命令は絶対。
彼からは、沢山の生き様を教わっている。

偉大な男だ。

言葉少ないが、必ず哀しみや苦渋はシェアしてくれる。

決して逃げない男だ。

全ての都合を調整して、待ち合わせ場所である「登茂恵」へ向かう。
091215_17560002
現役を引退されたキンさんは、私服で既にやっていた。

「登茂恵」のかあさんにとっては、キンさんも小生も、
「坊や同然」である。

かあさん:「あなた、今日はコレから呑みなさい」

小生:「あの~、これを次に。」
かあさん:「ダメよ、あなた!次はコレを呑みなさい。
      次の次に、コレを呑みなさい。まだ早いわ。」

我々:「…ハイ。」

強者の先輩も、かあさんの前では言いなりである。

おつまみだって、あんたらにはコレとコレが有れば良い
ということを、こちらの最初のオーダーで、
すぐに見分けて盛ってくれる。
091215_18050001 091215_19300001
これほどの日本酒のソムリエは未だかつて出会ったことがない。

昨夜と違って、今宵の飲みは癒された。

キンさんは、昔と変わらず背筋をピンと伸ばして、
日本酒の呑み方もきれいだ。

今日もキンさんから素敵な言葉をいただいた。

キンさん:「最期までみるってことは、米を配ることじゃない。
    飯が、弱い子どもの口に入るところまで見届ける、
    ってことだ。」

男としての人生の先輩であるキンさんの言葉。
しっかり、ココロに刻む。

最後の新橋駅では直立不動で挨拶である。
しかし、キンさんの行き先はホームではなく、WCであった。

やはり、現役の時とは違うなあと思いつも、
今でも情があつく、しなやかなキンさんには、ますます惚れた。

【お店情報】
店名:登茂恵
住所:東京都港区西新橋1丁目1−21 日本酒造会館
Tel:03-3501-5010

| | コメント (13) | トラックバック (0)

餅つき大会

お神酒を呑んで餅つき大会が始まる。
P1480371

次々と薪が放りこまれ、次々と蒸籠から餅米が炊き上がっていく。
P1480367

P1480409

今年の量は90キロ。

町内会の高齢者に配る為の、一大行事である。
遊びながらやっていては、終わる量ではない。

マシンガンのようにひたすら突きまくっていく。

10時になれば、若手の先生が応援に来てくれるし、お子さんたちも遊びに来る。
その前にある程度、目処をつけておかなければならぬ。

みんな、老体にムチをふるって、突きまくる。
P1480375  P1480414_2

P1480382

突き手の顔に笑顔が消えてくると、
そろそろ交代の合図。(笑)
10時になる頃にはすでに肉体がボロボロ。。

突いた餅は、直ぐにのしにされ、リヤカーで次々と高齢者のお宅へと運ばれていく。
P1480394

後片付け用の体力を回復しておかなければ廃人になっちまう。

他の町会には「餅つきマシン」なる文明の力があるのに、
我が町会は貧乏なんで、
す~べ~て~人間の力!

いかに人の力が、そして人の輪が大切かを行事を通じて思い知らされる。

子連れの親子が来たら、「パパが付くところ、見たいなあ♪」と
速攻、輪に入れないとコッチの身体かもたない。。
P1480407

女性陣にも日頃のうっぷんを、臼に叩きつけていただきます(笑)
091213_10520001

汗を掻きながら、空の下で食べたつきたてのお餅の美味しかったこと!
そして2日煮込んだモツ煮の美味かったこと!
P1480388 P1480410
P1480389 P1480426

若い力の応援のおかげで、一番しんどい「祭りの片付け」への体力を残すことができた。

そして、この一大イベントを怪我無く、無事に楽しく終えることが出来た。

みんなみんな、ありがとう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

仕込みの土曜

餅つき大会の為の準備に明け暮れた一日。

早朝から、1キロ先の町会倉庫へ行き、
ドラム缶・杵・臼など、餅つき用の道具を運び出す。

ドラム缶の煙突は熱くなるので、あて木をして針金でくくって固定する。

ビニールテープで作業しようもんなら、じっちゃんから、
「針金じゃねえと、張りがねえっ!」なんて古典ギャグを
浴びせられてしまう(笑)

薪にする木は、各工場から廃材を集める。

集めた木は、薪にするため、チェーンソーで、こっぱにしていく。

ドラム缶を組み立てると、ばっちゃんたちは、
餅に絡める小豆を煮たり、おでんやモツを煮始める。
逆光のばっちゃん、煙で「くの一」みた~い (^O^)
P1480335

火の熱さと力仕事のダブルパンチで、
『痩せちゃうなあ・・♪』と思う程に、冬なのに汗だくとなる。

職人けんサンは、臼や杵にサンダーをかけて、磨き上げる。
P1480320
ばっちゃん:「女性の柔肌ぐらいに仕上げてよ!」
けんサン:(ニャッ) ( ̄ー+ ̄)

寡黙な けんサンにも、十分、意味が通じたらしい。。(笑)
磨きあげる腕にも拍車がかかる。

小生には、けんサンのような腕が無いので、
ひたすらチェーンソーで、薪作りである。

昼は、道路にテーブルをおっぴろげて、店屋物をみんなで食べる。

超~、気持ちいい~♪
P1480352

午後になると、朝から煮ていた小豆がいい感じになる。
091212_12020001
鍋の淵に付いた小豆が、また最高に旨いんだよなあ♪

こんな贅沢、そう有るもんじゃない。
091212_12030001

| | コメント (6) | トラックバック (2)

「鯛焼き」ってドコから食べる?

 091211_20180001

「マルシェド・ノエル・イン・トーキョー」

・・・舌を噛みそうなイベントである。

小生的には、「ハッシュド・ビーフin東京」の方が
言いやすいんだけど。。

なんでも、フランスのストラスブールという地が
クリスマスツリーの発祥なんだと・・サ。
091211_20030003
「飛んでイスタンブール」なら、
庄野真代さんの唄で知っていたが、
「ストラスブール」は知らんかった。

丸の内のビルの合間に、
まるで遊園地が現れたかのようなイルミだ。
091211_20040001 091211_20030002

とりあえず、ソーセージを食べてみたが、
何だか物足りない。。
091211_20140002

・・そこで、東京駅まで歩き、地下で鯛焼きを買って食べる。

鯛焼きを食べる時、普段、しっぽから喰うのだが、
こんなに形が丸いと、
どこから喰ったらいいのか迷っちゃう♪
091211_20420001

そんなこんなで、結局、背びれから・・(笑)
091211_20430001

みんなは鯛焼きはドコから食べているんだろう??

【イルミ情報】
場所:東京国際フォーラム(有楽町駅前)
イルミ時間:16:30〜23:30
期間:~12月25日まで

【鯛焼き情報】
店名:たい焼き鉄次
住所:大丸東京店B1
価格:160円

| | コメント (9) | トラックバック (0)

長谷寺ライブ

Mn000060125_2

今年も行きます、知花っコ歳末・年末・長谷寺『歳の市ライブ』!
今年は、三味線のSootheとのコラボで、
ライトアップした長谷寺境内で、今年『聴き納めライブ』です。

寒さでキーンと張り詰めた夜の境内に、
流れる、暖かい声。

癒されたい人、今年をゆっくり振り返りたい人・・・ぜひおいで。

ちなみに・・
Sootheのカッコいい三味線サウンドを知らない方はコチラを。
知花っコの唄声を知らない方はこちらへ。

【ライブ情報】
会場:鎌倉長谷寺
日時:12月18日(金)17時30分~ (雨天中止)
出演:有里知花(ゆうりちか)
    Soothe (スーズ)
入山料:無料(17時~21時)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

全24レシピ

パソコンの画面いっぱいに
アイコンでビッシリ埋め尽くされている!
・・という人は社内に数名見かけるが、

キーボードに『苔』が生えている強者は、
おそらく彼一人だろう。。

091209_19070001

PCに弱い彼には、たまに操作を教えなければならぬ…。

苔が生えていようがいまいが、彼はち~っとも
困っていないようだが、操作を教える小生が躊躇してしまう。。

致し方がないので、PCをアルコールで消毒。

ついでに、受話器のボタンもアルコール漬けによる殺菌。
【Before】
091209_19080001

【After】
091209_19170001

…彼は明日、気付くだろうか(Θ_Θ)


話し変わって、
列車の中吊りで気になったもの。

…『チャルメラレシピ全24種類』
(チャルメラHP
Photo

チャルメラのイメージキャラが大橋のぞみちゃんなんだ~

これまた知らんかった。

が、汚れたPCをきれいにした後に見る笑顔ののぞみちゃん。

…なんだか「平和感((w´ω`w))が込み上げてきた。

ちなみに、小生は『森のきのこのチャルメラ』が美味しそうに感じる。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

銀座の抜け道

銀座はクリスマスイルミで溢れかえっている。
091208_19080001  091208_18520001

ところで、銀座には、こんなにも沢山のビルが有る訳だが、
ビルとビルとの隙間は、ものすごく狭い。

なぜ、こんなにビルの隙間が狭いのであろうか??(2択)
1.地価が高いため、土地のギリギリまで建物を作りたいから。
2.宝飾などの高価なお店が多いから、裏口から進入されないようにするため。

・・・答えはどうでも良いとして、、

銀座のビルとビルとの隙間には勝手に入れないように、
ほとんどのビルが隙間封じがされている。

(・・・こんな感じ)
091208_18540001  091208_18500002

しかし、そんな中、数箇所だけ『路地』として隙間が有るのだ。

我々探検隊は、今回、そんな隙間探しをしに繰り出した。
路地を見つければ、わざわざ遠回りしなくても、大通りへすぐに出られる♪
いわば、『銀座の抜け道』だ

・・・有った、有った♪
091208_18460001

他にも、
091208_19430002
小生が1人やっと通れる位の幅である。

チョッと怖いが、ズンズン進んでみる。
 091208_19520001  091208_19510001
・・貫通~ ヽ(´▽`)/

抜け道を知っておくと、超便利ですよ~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ほ、本物~っ!

朝、上野で一服していたら
サ、サンタさんが~っ!

白い長いあごひげ、青い瞳、銀色のメガネ、ちょっぴり小太り。

赤い服とかは着ていないけれど、明らかにサンタさん。

茶色のジャンバーに赤いベレー帽だったが、
明らかにサンタさん!

サンタさんは、トコトコ歩いて、公衆便所の
中に消えていった。

・・言っとくけど、三太とかぢゃないからっ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

移り行く「時」

中央線の車窓から・・・。

子どもン時、9年間通った中央線新宿‐豊田間。

中央フリーウェイを走っているときには「時の変化」に気付かなかった。

しかし、こうして列車の窓から見ると、新宿は子どもン時よりも、
はるかに多くの高層ビルが建ち並んでいることに気付かされる。

高校生の時、いつも一緒の電車で通学だった、かわいい女の子の荻窪周辺の女子校も、名称が変わっていたことに気付く。

東農大も「工学府」となっている。
工学部ではないのか?!

なんといっても、ビックラしたのは、中央線が立川まで
ず~っと高架になっていたことだ!!
し、知らんかった…。

完璧に、「裏閉まっとったろう(*注・・浦島太郎)」サ。
 ┐(´ー`)┌

さて、
週の初めの会社帰りに、なぜ、日野の実家に向かったかというと、
それは先週の母からの電話からだった。

1ヶ月間、風邪が治らず、喉が痛み続けているらしい。

なかなか眠れず、夢の中で、黒い服を着た何人もの人が、家の中にいたらしい。。

---【中略】---

…などなど。

普段、電話では要件しか話さない母が、延々30分も話してきたことに、何か『ヘルプ』をしているような気がしたからだ。

駅で何かフルーツでも買っていってやろう、と思ったが、駅前にバスが止まっていたので、スッカリ忘れ、結局、手ぶらで。。

母とは1時間くらい話したか。

結局、「茶で水分とって、部屋も、喉も乾燥しないようにな。」と話し、
・・・「もうそろそろ、終バスが行っちゃうから帰るわ。」と。

母:「えっ?どうやって来たんだい?車じゃないのかい?」
小生:「電車だよ、電車。また、正月に今度は車でくるよ」

バス停に向かっている途中、終バスが通過~。

必死に走ってバスを追っかけ、
次のバス停から、咳込みながら乗る。

駅に着いてみたら、終バスはまだまだ先だと。。(Θ_Θ)

昔は9時前が終バスだったのに。
…時が変わったのね。。

駅前のマンホールも、時の経過をもの語っていた。
091207_21510001

腹が減ってきたので、
最近出来たという、大ちゃん情報のラーメン屋へ向かう。
091207_21100001
確かココは昔、喫茶店だった場所だなあ。。とか思いつ、入店。

「付け麺」のメニューが気になったが、ここは初めてのお店。。
グッとこらえて、鉄則通り「一番左上のチケット」から。(笑)
091207_21420001

うわさ通り、どんぶりの上でチャーシューが立っています!
チャーシューのスタンディングで~す!!
091207_21180002 091207_21180003

野菜盛りの人のは、すんげえボリュームです!
(ヨカッタ、アレにしないで。。)
Img_1265320_62577642_3

20分食べ続けても、
まだまだ減りましぇ~ん!!

091207_21340001_2
喰っても喰っても麺が湧いてくるようで~す!!

出汁は魚粉の香りと赤唐辛子の香り。

40分かけて、やっと完食~っ(*^ー^)ノ
091207_21410001_2

駅までの道、お蕎麦屋の訶訶庵も、覗くとキレイな美人店員さん♪
入りたかったが、もう食えましぇ~んっ(>_<)
091207_21500002

日暮里駅では、「ぬいぐるみ」を寄せ集めて作った
クリスマスツリーが。
091207_23150001
・・これは、ステキな変化だ。

時は確実に変わってきている。

そんな変化を、お月さんは昔から
ずぅ~っと見てきたんだろうなあ、
笑っているけどよお。
091208_00510002

なんだか、この日はウヰスキーで
〆たのであった。
P1480319

【お店情報】
店名:盛極軒
住所:東京都日野市多摩平2-4-7
TEL:042-585-1891

| | コメント (8) | トラックバック (1)

師走の休日

昨日の冷たい雨が都会の汚れた空気も洗い流してくれたようだ。

散ったイチョウの葉も、ゴッホの絵のようにキラキラしていた。
091206_09090001

年末に慌ててやるのはイヤなので、こんな青空の日に、大掃除をした。
091206_11130002

普段、やらない所を重点的にやる。

くそまみれの部屋で、クソとエサとが見分けがつけにくい…。

インテリアの貝殻も丹念にジャブジャブとバケツの中で洗って、
091206_10410001
部屋の黒カビも指で洗い落とし、
カルキ抜きと共に、新しい水を流し込む。

【Before】
P1480285

【After】
091206_11060002
きれいになって、ヨロコンでいる♪

しかし、「人間の指」ってスゴいよ。

洗剤を使ってもなかなか落ちない、カルキの白いガチガチ固まりも、「爪」で擦っていると取れちゃったし、

洗い残しのヌルヌルも、見た目ではわからなくても、指でこすると直ぐにわかる。

すごいよ、人間の「指紋」と「爪」。

あと、今月中に網戸と車とお風呂を徹底的に洗うのが、小生のノルマ。

めんどくさいから、一つ一つだ。

今日は、隣り町会の学校の周年行事。
P1480291

長蛇の列は何だろうと見てみると、
「校長先生が作る揚げせん」コーナー。

…気になるから買いに行ってみた。

P1480303
こ、校長~っ( ̄□ ̄;)!!
(右が校長です)

しかし、味は抜群です!!
P1480302

子どもたちの長蛇の列は、射的。
P1480316_2
玉は、コルクの実弾。
ライフルでパシュン、パシュンと撃ち落とす。

…みんな、なかなかイイ腕してるじゃねーか!
P1480294

フランクフルトも人気だった。
P1480307

袋に入れる奥さま方の手つきは、馴れていた。
P1480306

他に、キラキラ光る焼おにぎりも頼んで、
昼飯が事足りてしまった。
P1480304

もちろん、こういう地域なので、
小学生たちによる「和太鼓演奏」もキマッテいた。
P1480313

| | コメント (10) | トラックバック (1)

新兵器投入!

♪苦しくたって~  忙しくたって~
コートの中では~ 心がはずむわ~
「・・だけどお酒が呑みたい、 オヤジなんだもん」
アタックゥ~ アタックゥ、ナ~ンバあ~ワン~♪

忙しさのあまり、妙な替え歌を口ずさみながら
向かった先は、やはり、行き着け1号店。

なんと!!
1号店に、『新しい武器』が投入されていた。

・・・それは、「メニュー白板」!!!

┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレと思っている人もいるだろうが、
うさぎにとっては画期的だ!

これが、なかなか楽しめる♪

小生:「今日のおすすめは?」
店長:「今日のおすすめは…」と、おもむろに白板を取り出し…、

 (菜箸で) 店長:「コレとコレです」
091201_19520002

まるで、学校の先生みた~い(笑)

小生:「先生っ、それ、期末に出ますか!?」と突っ込めるところが楽しい♪

ええっ・・・と・・・・、試験範囲は、日替わりです。

メニューを見ると、冬の新メニューも増えている!!
091204_19360001
小生:「先生、最近、試験範囲が増えてねーか?!」
店長:「冬、ですからね♪」

・・・つまり、受験シーズンだからだな!?

『8品満足おでん』を食べながら、
試験範囲以外のお酒もいただく♪
091204_19390001
店内に流れる知花っコのBGMを聴きながら、
この日も遅くまで「試験勉強」です ヽ(´▽`)/

【試験会場】
 新橋うさぎ
 港区新橋4-11-5 池野2号ビル2階
  TEL 03-3433-1055

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Round and round

クソが付くほど 忙しい連日。

おのずと社内の自販機で購入する缶もこうなる。。

出勤時…
091202_15360001_2
グイッと気合を入れないと!(笑)


19時頃…
091202_18370001
このツブツブ食感が、残業の友となる。。

…最近、日々この繰り返しだ。

こういうのを、学生の時に
「round & round」と習ったのだが、

気持ち的には
「Loop」といった方がピンとくる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

島へ。

朝7時半。
バスに乗り込む。
P1480179

そう、この日は、いくつかの町会や学校の先生たちと合同で、全く私的なバス旅行。

一応、「○△研修」という正式な名前はあるのだが、
正味中身は親睦会を兼ねた旅行。

参加者は、地域の子どもたちを、それぞれの
立場・持ち場で守っている人たち。

出発したバスの中で、
まずは自己紹介からスタート~!

年配者が多いので、やはり、
自己紹介も「大人だなあ…」と思う内容だ。

じっちゃん:「○◇町会の誰べいです。今日は、研修という名の、親睦会で面目ない。
  (じっちゃん、朝からいきなりダジャレが絶好調~(笑)

先生:「いつもは子どもの遠足で引率ですが、
  今日はオ・ト・ナのheart04遠足』なので
  連れて行ってもらいますわ。」
   (先生も上手いねぇ~っ、さすが大人です♪)

そんな御一行が向かう先は

無人島っ!

添乗員:「外海に出ると、今日は大きく揺れますよ。」

しかし、そんな忠告を聞き入れるヤツらではない(笑)

船の先頭で手すりに捕まって、真っ向から波しぶきを浴び、
すっかり、ご満悦の様子(笑)
P1480226

「無人島」
という言葉の『何か』が、
彼らのチャレンジャー精神の
何かのスイッチを押してしまったようだ。(笑)

P1480193

船内でもアナウンス:「このままシケが続きますと、
             お帰りの便が繰り上がります」

と流れていても、ひるまない彼ら。(笑)

船が大きく揺れているのか、酔って揺れているのか、既に判別不能。

島に入る時にも、バッチャンたちのバッグの中には、
飴玉やら何やらのお菓子が一杯!

バッチャン:「万一、遭難したときの為よ!」
と言いつつも、既に食べているしっ!(笑)
P1480210

小生も荒れた桟橋で釣りを。(*u_u)
P1480214

島から本土に戻って、次に向かった先は、横須賀美術館。
P1480232
ここでは、ロープにぶら下がりながら足で絵を描く
というアクロバットペインティングの画家さんの絵があった。

…むずかしい。。
じぇんじぇん、わかんなーい(>_<)

手が有るのに何故わざわざ足で描かねばならぬのか?

理解が出来ない…(Θ_Θ)

みんな、足早に通過していく。。(笑)

その隣りの谷内六郎さんの部屋では、一同、
懐かしがって、なんとか理解の範囲。
P1480235

じっちゃんA:「教養高まったろう?」

じっちゃんB:
  「いや、一晩で忘れちゃうんだよなあ、ガハハ~♪」
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そう、みんな腹が減っていて、既に頭の中は
次の目的地のマグロしかない!!ヽ(゜▽、゜)ノ

向かった先は、三崎のお店。

いやあ、それにしても立派なかぶとだった(=^▽^=)
P1480245
食べごたえあった~っ\(^_^)/

ビア越しに見るカブトもステキ♪
P1480241

小生:「バッチャン、ここんとこ食べたら、お肌がプルプルになっちゃうよ」
バッチャン:「、コラーゲンねっ」

じっちゃん:「もう、既にプルプルじゃねえか、…シワで。ガハハ~♪」
P1480252
これえられなくなり、日本酒お。
P1480256

しかし、いくつになっても、何気に「美」を
追求しているバッチャン
…ステキです。

…食べたあとに、爪楊枝さえしなければ。(*u_u)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »