« 4拍子の地酒ミュージシャン | トップページ | 最後の映画 »

大凧揚げ大会

長谷で購入した福寿草が花をつけ始めた。
最初の蕾は咲かずに散ってしまったが、こうやっていくつも咲くんだね♪
知らなかったよ。
100126_07160001
小生も子どもン頃、長崎に数ヵ月だけ過ごしたのだが、その時
初めて違う土地での水を飲んだから、腹をくだしたんだよなあ。。

この福寿草も長谷から葛飾に移って、
水が最初、合わなかったのかなあ。。。

この寒空の下で、美しくひたむきに咲く福寿草。
好きです。

そして、お隣の家では紅梅が咲き始めた。
100130_09290001
春の花は、何だか縁起がいい名前が多いネ。

ところで、荒川土手で大凧大会が晴天気に恵まれ、開催された。
今年で2回目となる、大凧揚げ大会。

新聞社屋さんや、放送局も取材に来ている。。
小生もTBSのキャスター嬢と一緒に (//▼//)
P1490063
いつも思うけれど、町で見かけるTBSラヂオ車って「ウルトラマン」っぽいよなぁ。
P1490024
それに、ラヂオのキャスターさんはTVのように顔が映らないのに、なのに、美しい声だけでなく、なぜこんなにも美人さん!?

果てしなく疑問は続くが、
さてさて、大凧大会に話を戻そう。。。

この大凧大会は、新潟県白根地区の方々にお越しいただき、
白根地区に伝わる大凧を使っての交流です。

縦7メートル、横5メートルの24畳大もある大きな凧を、
中学生たちが一斉に紐を引いて、走り出します。
P1490141

その方向が、なぜ、小生の方???
P1490142
ちょ、ちょっと、コッチに来るじゃんっ!!

ぶ、ぶつかる~!!
サインなら、並んで、並んで…

・・・・・通過。 (Θ_Θ)

そして、大凧が空に浮かぶ。
P1490079

あがれ、あがれっ、新TOKYOタワーよりも高くっ!
P1490087
1つだけ、大凧が送電線に引っかかっちゃったけど。。

役員たちは真っ青。。
P1490180_2
役員:「あの送電線は太いから、やばいよ~(><)
 来年から、出来なくなっちゃうかなー。。。」

小生:「何云ってんスか、来年はこんなことにならんように考えればいいだけジャン!
それより、凧揚げでサ、空を見上げているみんなの顔、ステキじゃないスか!」


役員:「そうだね♪」

ホント、空を見上げている人の顔って、幸せな顔をしている気がする。
 P1490131  P1490257
この土手は、災害時に避難場所になるんだけど、
きっと凧揚げをすれば、勇気が出るかもしれない♪

|

« 4拍子の地酒ミュージシャン | トップページ | 最後の映画 »

コメント

うわぁ!綺麗な凧~!!
オヤジさんの周りは楽しそうな催しがいっぱいあるね!
見上げてるオジサマ、ホントいい顔だぁ。中学生もすっごく楽しそうだし

それにしても、オヤジさんのサインってどんなだろぅ・・・

投稿: ひでりん | 2010年1月31日 (日) 10時09分

いいね、凧揚げ。

川原で揚げている人を見ると、つい空を見上げて凧を探すよね

空高く揚がる凧を見ると、なぜか幸せな気分になるね

投稿: ブレット | 2010年1月31日 (日) 11時15分

ニュースキャスターのお姉さんと一緒で、凧のように舞い上がっちまいそうですね。(笑)
コチラのほうでも紅梅が咲き始めました。

投稿: RW | 2010年1月31日 (日) 14時08分

大凧揚げ、凄いね!
子供の頃、釣り糸とリールで見えないくらい上げたのを思い出した。

凧に小さいカメラ付けたら面白そう!

投稿: yanpon | 2010年1月31日 (日) 18時03分

★ひでりん
楽しい行事と共に1年が過ぎていくのです(笑)
一度、遊びに来てごらん。次は6日に、新しい行事が生まれる!


★ブレット
空を見上げる人の顔、ってホント素敵。
星や月を見上げている顔も、きっと素敵なんだと思うサよ。

★RW
舞い上がって、ほっぺが紅梅です(笑)


★やん坊
確かに、凧にカメラかあ。。
やってみた~い♪

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年2月 1日 (月) 08時20分

 地面には「春を待つ花」。空には「大凧」。
いいですね〜。
 ほんと、オヤジ様のイベントカレンダーは、季節感がみちみちですね。

投稿: みやび | 2010年2月 1日 (月) 21時03分

★みやび
ホントだね~(^-^)
見渡すと「生まれたての春」がゴロゴロしている。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年2月 3日 (水) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大凧揚げ大会:

« 4拍子の地酒ミュージシャン | トップページ | 最後の映画 »