« ドラえもん♪ | トップページ | 記憶を埋める旅(お好み焼き) »

記憶を埋める旅(そのわけ)

家族で旅行が出来るのはこれで最後か。。

子どもたちも大きくなり、これから全員が同じ日に休みをとれる日はなくなるであろう。

引越を幾度と繰り返してきた小生のせいで、我が子たちも住みかを6回も変えている。

そのため、彼らには自分が育った場所の記憶が途切れ途切れなのである。

…かく言う小生自身も、小2よりも昔の記憶が消えている。

子どもたちには、そうさせたくない。

今回の旅は、そんな子どもたちの記憶の「穴」を埋めつなぐ旅でもあった。

旅の途中、牧之原台地のお茶畑に懐かしさを感じる。
P1500046_2

…自分の記憶からは消えているが、アルバムには、
まだ小生が幼児だった頃、牧之原台地の茶畑の畑道で、ダットサンの荷台の上で、嬉しそうにおにぎりをほおばっている写真が残っている

…亡き父が大手術をしているとき、数ヶ間、静岡の祖母宅に預けられたと聞いたことがある。

「静岡の茶畑に懐かしさを感じるのは、もしかしたら、そんな理由かもしれない。。」と、運転しながら思った。

自分の記憶からは消えていても、写真と記憶の奥には残っているらしい。

人にとって自分の記憶を埋めるということは、とても大事なことに感じてならない。


だから、今回の旅が実現した。

葛飾から車を走らせること643キロ、13時間。

100以上の川を渡り、幾つもの山を超え、


…やっと着いた。

こんなさえずりが聴こえる大地。
(結構、携帯でも良い音が採れるもんだ)
「in.qcp」をダウンロード

この晩は、ここに泊まった。
P1500321

|

« ドラえもん♪ | トップページ | 記憶を埋める旅(お好み焼き) »

コメント

643キロ、13時間とは凄い。

うぐいすの声、変換して聴けました。いい声だ~!
だけど、我が家の方も聞けちゃうよ~

投稿: yanpon | 2010年3月31日 (水) 19時02分

★To yanpon
先輩ンちでも聴けちゃいますか、ウグイス♪
・・・ダウンロードしていただいたウグイスは、関西弁ですから(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年3月31日 (水) 21時19分

いわゆる「自分の子供が“子供”たるべき時期の旅行」は、
早くに来てしまいますね。。。

大人になった今は、逆に両親を呼んで・・・とできますが、
自分も幼いころに一緒に両親と旅行には、
今でも貴重に思ってます。

とくに、チチハハ一緒の記憶は・・・

ないなぁ~~~(笑)。

投稿: まき子 | 2010年3月31日 (水) 21時28分

広島のおじさんが、千葉から広島まで12時間って言ってたなぁ。。。ってことは、葛飾からだし、もっと遠い場所かなぁ?

ウグイスのさえずりも、地方によって微妙にちがうって言うけどホントかな。

投稿: ひでりん | 2010年3月31日 (水) 21時38分

★To まきっコ
ご両親が一緒に旅行できるうちに、いっぱい思い出を作ってくださいナ。

★To ひでりん
・・・途中、寄り道や渋滞もあったんでね・・(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年3月31日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶を埋める旅(そのわけ):

« ドラえもん♪ | トップページ | 記憶を埋める旅(お好み焼き) »