« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

「3D」ラベルで1万日目のお祝

「仏滅」なのに、2つのパーティー。

1つは、新会社発足パーティー。

我社の美人OLが一気に増殖し、名前を覚えきれない程。
適当に名前を呼べば、誰かが振り向くんじゃないか?といった増殖ぶりだ。

パーティービールも入れ替わり立ち替わり注がれ、
次第に飽きてきて、酒蔵テーブルに行って、

「いいよ、自分でやっから」と勝手に、
残っているワイン→ウイスキー→焼酎と、口に流していく。

美人OL:「あれ?…オヤっさん、いつもの日本酒は??」
小生:「今夜は禁酒なんだ。」

…日本酒は、わざと呑まなかったんです。。

だって、2つ目のパーティー会場は、
烏守神社の「いし井ちゃんち」なんだモン♪
100928_18550001
旨い日本酒ならば、いし井ちゃんちに行けば売るほど在るもんね。
(ま、実際、売っているんだけど)

まずは秋刀魚で「祝・刺身」。
100928_19270001

秋刀魚の肝に醤油をチョビっと垂らし、
チョン、と付けて食べます。
100928_19210001

そして、「祝・いくら」。
100928_19400002
日本酒で漬けこんだイクラだから、
舌の上で潰すとフワッ♪
酒の香りが仄かにし、
更に、さ~ら~にぃ、お猪口が進みます。

ここまでくると、
さすがに時間がゆっくりと流れ始め、
ほあ~っと落ち着いてきた。

2つ目のパーティーは、呑み友の「一万日目のお誕生会」でした。

縁起を、あやかった♪

祝酒は「月山」。
100928_22090002
のっぺりした一反木綿みたいなラベルなのだけど、
写真で撮ってみると3Dみたいに字が浮き出てくる!!!
100928_220900020001
不思議なラベルです! (・ω・)/

【お店情報】
店名:いし井
住所:東京都港区新橋2-15-10
TEL:03-3593-0141

| | コメント (6) | トラックバック (0)

昭和のカラオケ

仕事帰りに、先日のお祭りの鉢洗いに行ってきた。

小生が会場に着いた時には、ジッちゃんやバッチャン達は、既にノリノリ状態で踊っていた。
100927_19240001

急いでつまみを食べ、
100927_19100002_2

急いで酒も呑み、
100927_19530001
みんなのペースに追いつきます♪

カラオケに出てくる映像は、まだ高速道路が出来る前の日本橋。
100927_22090003
…「こんな映像も有るよ」と、
予め知っていて選曲するジッちゃんたちも、
ただもんではない。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

命名「Hana」。

我が家にワンちゃんがやってきた。

…かわいい。。
…無性に。。

しっぽ振ってるし。。

飯をがっついているのも、
食い過ぎてゲプッて吐くのも、
キバった顔して、プリッとウ●チするのも、

…何だかかわいい。

小生に、もしも孫ができてジッちゃんになっても、
こうなっちゃうんだろーなー・・・って感じた。

名前をどうするか迷った。

「コロ」「ポチ」「たま」「みけ」「たろー」…。

…単純すぎるっ

埼玉生まれなので
「神亀」ってのは。
…いやいや「正雪」「こなき純米」の方が好きだし…。


娘:「チョコは?」
小生:「ダメだ!もっと、和風な名前じゃなきゃ!!」

だって、土手で遊ばせる時、小生のコノ面顔で
「チョコ~っ」とか「チャッピ~♪」とか呼ぶのも
如何なものかと・・・、

男の子だけど、8月7日生まれなので「Hana」にした。

「Hana」は知花っコの名曲でもあるのだ♪
100927_06370003

| | コメント (14) | トラックバック (0)

秩父の朝

ミスト状態の朝もや。

豚汁を作りながら、今日の過ごし方をぼんやり考えたり、ウクレレの練習をしたりする。

出来上がった豚汁は、冷えた躰を暖めてくれる。

散策すると、蜘蛛の巣に雨水がかかって芸術的だ♪

今回のキャンプ地である名栗川は、葛飾を流れる荒川の源流の一つでもある。
P1540475
この澄みきった川と山を見ながら入れる温泉が『さわらび温泉』だ。
Ca3a0074001

温泉の入口は、男と女とに分かれている。
Ca3a0059
露天風呂には、湯煙の中で、空からの雨粒がボチボチと音をたててウォータークラウンを作り上げる。

そんな湯面をボーっと見ながら腰までお湯に埋めながら、雨にそぶる山の景色を楽しむ。

そんな所に、キャッキャという声がし、女の子が入って来た!

息子は そそくさと上がってしまった。
小生は ブクブクとお湯の中に体を沈めた。
しかし、息が続かず撃沈なのに…浮上(笑)。

小生には、すっぽんぽんの女の子が平和に見えた。

湯上がりのコスモスがきれいに見えた。
P1540478

ちなみに、この土日に『C級グルメ祭り』がココで行われるらしい。

昨今、B級グルメ大会が行われたばかりなので、タイムリーである。

秩父名物、猪カレーとかが有るらしい。。(興味津々!)
Ca3a0057

【温泉情報】
温泉名:さわらびの湯
場所:埼玉県飯能市下名栗685

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秩父のヨル

若い頃は、手帳に予定をビッチリに埋め尽くすことがステータスだった。
今や、空いている隙間の日程には、勝手に予定が埋められていってしまう。

…まあ、身体が空いている限り動くのだが。

だから、『何も予定を入れない一日』
というのがホントに大事なのだ。

それは自分を見つめ直す時間でもある。

自然の中に、自分の躰を放り投げる。
P1540466

まばたきする星の輝きたち。
音の出ない口笛を吹きながら語りかける夜の月。
川のせせらぎの音。

パチパチと静かに燃える炎。
虫の大合唱。
携帯の僅かな明かりに寄ってくる羽虫たち…。

真夜中、全て音を消し去り、山に降りそぼる雨音。

変わりゆく山の天気。

全てが、静かに小生に語りかけてくれる。
真っ暗闇の中、素足になって、全てを受け入れる。

…来て良かった。

ゆっくりとニッカの小瓶を口に流す。


十五夜から雨に変わった、秩父のとばくちにて。
P1540468

| | コメント (9) | トラックバック (0)

それぞれの芽

この3連休では、数々の「生まれた瞬間」と出逢えた。

まずは、人間の赤ちゃん。
赤ちゃんが産まれたことで「お姉ちゃん」になったお嬢ちゃん。
P1540418
小生:「赤ちゃん、かわいいかい?」
お嬢ちゃん:「ウン!!」
赤ちゃんの誕生は、今まで鼻を垂らしていたお嬢ちゃんが
『お姉ちゃん』に生まれ変わった瞬間でもあった。

処々変わって、土手での日曜日…。
春先に汗を流して植えた「彼岸花の赤ちゃん」が!
P1540462
(春先に植えた記事はコチラ
苦労して植えた種が芽を出し始めると、
何故だか、いとおしさも感じた♪

連休最後に行われた、お花茶屋地域の町会対抗ソフトボール大会では、我が上千葉フレンズ(葛飾ソフトボールチーム)
「次期選手候補」となる選手数名にツバをつける!!
P1540425

それぞれの「若い芽」は、
何人に摘まれることなく、どんどん伸びていかなくてはならない。

そして、見守られなくてはならぬ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

当選するためのコツ♪

この連休ミカン、オカンの3日間はフレンズ漬けです(笑)
(フレンズ・・葛飾ソフトボールチーム)

ハイ、そこで、
タイトル通りの告知なんです!

Photo_2
いつものように、居酒屋「きよ」で呑みながら
監督コーチ会議をしている時、

監督:「オヤジさん、そういえば、チラシどうなりました?」
小生:「やっべぇ、忘れてましたよ!
    帰ったらすぐにやります!すぐやらんと、すぐ忘れるし!」

・・・ということで、
来年の選手が9人しかいないという危機的状況を打破する為、
勧誘チラシを作成 ヽ(´▽`)/

「1か月分の練習・試合スケジュール」を告知することと
「特典付き 体験引換券」をつける事が、
今回のフレンズチラシのポイント♪

応募券・懸賞・・といえば、
当選するためには
ちょっとした「コツ♪」というモンが有る。

例えば、
「ビール1ケース」の懸賞を当てるにしても、
サントリー・キリンやら大手の懸賞モンはなかなか当選できないが、地元しかないスーパーでの懸賞なら当たりやすい。

「図書券」を当てるにしても、
全国書店で応募している読書感想文モンはなかなか入賞できないが、こういう応募では、意外と当たりやすそうなのでご紹介。。

・・子ども向けミステリー本の『読書感想コンクール』!!
Photo_3

・・・当たりやすい理由としては、
「第1回目の開催」である=「開催者は気合が入っている」。
「応募期間の延長」=「応募者数がまだ少ない」ということ。。

・・・ハイ、皆さん、近所の子どもたちにバンバン読書の秋をさせて
賞金5千円をゲットしましょー!


・・ちなみに、小生オススメの本はコチラ!

●『泣き声は聞こえない』
好きだった女の子が、ひと夏を終えた2学期に
いきなりマタニティ・ドレスを着て登校。
思春期のボーイ&ガールズのココロを描写!

●『古時計の秘密』
好奇心旺盛な年頃のメイド系美女のナンシーちゃんが、
遺産相続関係問題を次々に解決していく少女探偵モン。
・・・なんてったって、表紙がカワイイ♪
25003

●応募詳細はコチラ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

これでいいのか?

「老齢年金
それが過ぎると
亡霊年金」

そんな笑い話を会社で話していた時、
「近所のジッちゃんのお通夜が今日になった」と電話が入る。

仕事を途中で切り上げお通夜へ向かったが、
家族だけの密葬形式だったので、
参列者が少なく、既に終わり頃。。

係のおばちゃん:「お線香をあげて下さい」
小生ココロの声:(えっ!?お線香!?
           お焼香じゃないのか!?)

見ると、お焼香が刺身醤油のように置いて有るものの、
お焼香台が無いっ( ̄□ ̄;)!!

紫色の細いお線香が置いて有るものの、
お香台には、坊さんが立てた
薄茶色の太いお線香が煙を出しているのみ。

(・・いいのか?ココにさして??)
Cocolog_oekaki_2010_09_17_23_51

…迷いながらも、ぶっさし、仏さんに手を併す。。

ジッちゃんは若い頃は町で活躍していただろうに、
家族は遠く離れていてこの町との繋がりが無い。

だから、家族葬になってしまったのだろうが、寂しい。。

少し、考えさせられた葬儀だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

豆腐の燻製

土曜の朝日新聞で目に留まったニュースは、
23区内の戸籍上生存者の100歳以上は2万4千人だとの記事。。
P1540399
同じ下町でも台東・墨田・江東区が3千人以上なのに対し、
葛飾区ではたったの15人。
・・・さすが、葛飾だわ。。

この町は、隣りの家が雨戸閉まっているモンなら、
すぐに、近所間で噂になる町だからナー。

死んでも気付かないなんて考えにくい町の構造だわ。

さて、話変わって、
うさぎの姉妹店「Rabi」が休業中のため、
新橋で美味しくてリーゾナブルなワインバーと云えば、
やはり「信州お酒村!」

久々に「おらが村」の信州お酒村へ♪

日本酒も呑んだが、この日のお目当ては「ワイ~ン」

井筒ワインの果報メルロー。
五一ワインの赤。

・・…美味しい。(=^▽^=)
Ca3a00520001

カマンベールが売り切れだったので、
豆腐の燻製をつまみに。

この燻製が、また美味♪

【お店情報】
店名:信州お酒村
住所:港区新橋2-20-15新橋駅前ビル 1号館1F

| | コメント (7) | トラックバック (0)

誘惑に負けない(セクシー営業)

昼休み、幾分涼しくなってきたので、久し振りに外へ行く。

ビルを出ようとしたら、目鼻立ちがクッキリした若い美人OLが飛びっきりの笑顔で小生のもとに駆け寄ってくる。

『ん?友達?・・それとも、何か落としたかな?』
『いやいや、後ろに人がいる?』
・・・と思いき、後ろを見ても小生しかいない。

美人OL:「●*生命のY田です。良かったら、
私の名刺を貰って下さい!!

小生ココロの声:(えっ?(//▽//)、ナニナニ?、
      ・・・告ってるのか??

続けざまに
美人OL:「そして、名刺をください!

小生ココロの声:(・・・・。)

小生:「いや、貴女に電話しちゃいそうだから遠慮します。
    …それより、一緒に写メ撮ってもいいですか?」

保険会社OL:「い、 いえ、…それは。。」


美人の笑顔を使った『荒手な営業』なのだ。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

祭りのおわり

夜の神酒所。

提灯の灯りが暖かい。
P1540363
まだ、中ではバッチャンたちが仕事をしている。
P1540365

そんなバッチャンたちに挨拶をして、我々は宴席へ。
P1540360
バッチャンたちが作ってくれた天麩羅。
そして、冬瓜の吸い物。

身体にやさしい。。

開いたビールの栓を捨てようとしたら、
P1540362

主婦:「あっ、ソレ頂戴な。」
小生:「どうしたんですか?」
主婦:「集めてるのよ」
我々:「なんで???」

それから後は、『ビールの栓の再利用について』
いう環境テーマでプチ・討論に。

「昔はバッチにしたよなー」とか、「そもそも何故この蓋じゃないとダメなんだ?」・・などなど、白熱討論の結果、
この周りのギザギザが『クッキーの型抜き』に丁度良く使えるんじゃないか?
ということで円満に治まった♪


浴びるように呑んで、その日はバタンQ~!!!

翌早朝は、みんなスッキリ目が覚め、6時過ぎから片付けが始まった。(みんな高齢だからネ)

提灯も新聞紙に1つ1つ丁寧にくるんでダンボールに仕舞う。
来年のことを考えながら、1つ1つ丁寧に包んでいく。

神輿の飾りつけも1つ1つ丁寧に新聞紙にくるんで箱に入れていく。

まるでお雛さんを仕舞うように。
P1540387

そして、すべての箱を神社の倉庫まで運んで鍵をかける。


これで、今年の夏がホントに終った。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

特別な夜

祭りの楽しみは昼だけではないっ!

夜もまた魅惑の世界なのだ~。

光るネオン!
100912_19150001

気分はゴルゴ。
100912_19260002

原宿よりも絶対、混んでる~っ!!
100912_19270001

境内では「能の舞い」。
100912_19170001

それには無関心に、金魚すくいな子ども達。
100912_19160001

この日だけは、夜もト・ク・ベ・ツheart

だって、お父ちゃん・お母ちゃん・ジッちゃん・バッチャンも祭りでクタクタだもん。
だ・か・ら、「夜は屋台で♪」というワケなんよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

お祭りスタート~っ!!

3・3・7拍子で一斉に担ぎ上げる子ども神輿。
P1540333

子ども達も、汗をかきかき、町内を練り歩きます。
100911_14000004

100912_14020004

一方、神社では
大人の神輿大きくそびえたっています。

「いよぉ~っ!」
「ぱんっ!!」

で、一斉に、スっと担ぎ上げる神輿。
この瞬間が好き。

小生も短い距離だったけれど、
縁起モンを担がさせていただきました♪

背が低いからナカナカ届かないんだけど・・(笑)
2010091209550000

たまに肩に入ると、グッとくるのよ。
どん位大きいかって言うと・・・

子ども神輿がこん位なのに対し、
100911_14000001

オトナのはこんなにも太っといのよ

P1000008

100912_09410001

| | コメント (12) | トラックバック (0)

祭りの準備(夫々の衣装)

お祭りとなると、楽しみなのが夫々の衣装。

・・・ということで、ファッション・ショーっ!♪

まずは腰にぶら下げる巾着がポイント!
100912_09020001

続いては、ヒップがポイント!
100912_09120002

頭の手拭いがポイント!
100912_09180003

腕を組んだ後ろ姿がポイント!
100912_09220001

これまた、頭の手拭いがイキ!!
100912_09180001

みんなキマッテル~ぅっ!!

小生は、足袋が長めで現場労働者風・・・。
ふんどしも無いので、ステテコを捲り上げてごまかし~!(笑)
P1540354

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祭りの準備(神輿の紐の結び方)

神輿の紐の結び方は、過去2回レポートしたものの
やはり、年1回のことなので、結び方のポイントを忘れてしまう。
一昨年のレポート
昨年のレポート

そこで、今回は、町内会でも屈指の先輩に
神輿の紐の結び方を直々に伝受して戴く。

Mジッちゃんは、我々のために、杖を引きながら教えに来てくれた。
①まずは、2本の紐の真ん中に丸い輪を作って、
01p1540264

②一方の輪をくぐらせる。
02p1540265


03p1540266

②くぐった輪が上になる方を神輿の前にする。
04p1540271


③左の紐を下に、右の紐を上にクロスして、
04p1540273

④神輿の外側から紐を回し、
05p1540274

⑤下から紐をくぐらせて絞る。
06p1540278

⑥絞った紐は、神輿の真ん中に落とす。
07p1540282


⑦落とした紐を内側から外に向かって出す。

08p1540283

⑧外に出した紐で、上から一度絞る。

09p1540288

⑨絞った紐を下からくぐらせ、

10p1540289

⑩紐に絡ませて長さを調節する。
11p1540290

12p1540291

13p1540292

⑪これ位の長さになったら、上からかけて、
14p1540296_2


⑫赤い紐でくくりつける。
15p1540297

⑫そして紐は完成!

16p1540302


⑬その後は神輿の飾り付けをして完成!!
17p1540303

18p1540304

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祭りの準備(かき氷)

数年前、町会の倉庫を片付けていたら、
倉庫の奥から出てきた『かき氷マシーン』。

「あれ、使おうよ♪」と小生が言い始めたら、
会長も「オヤジ君が責任もって最後までやるんならいいぞ。」と快諾。

その後、我が町会ではここ数年恒例となった
『お祭り限定かき氷!』。

1人で持つには、とてもズッシリと重い、
昔の本格派かき氷マシーンだ!

刃だって、「ざらめ氷じゃ、気にいらねぇ、
細雪のようにふんわりさせなきゃ!」
と職人気質の血が騒ぐ。
P1540319

職人ケンさんが、まずは道路の縁石で荒削りをし、
P1540306

最後はもちろん、仕上げ砥石でバッチリと仕上げてくれる♪
P1540308

ケンさんが砥いだ刃でかき氷を作ると・・・
P1540337

ふんわりと口の中で優しく溶ける
ミラクルかき氷が出来上がる♪

P1540335

その価値をわからずも、この町の子ども達は、
ケンさんの かき氷に群がってくる!

ちなみに今年の子ども達人気ベスト1は「イチゴ味」。
P1540338

もちろん、削り終えた氷は薄く透明で、
これまた子どもたちの奪い合いのアイテムと化する。(笑)

P1540347_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

祭りの準備(神酒所作り)

まだ朝もやが残る7時前。

この時間から4時間ほどで、祭りの準備が出来上がる。
P1540240

神酒所となる縁起の良いお宅はコチラ。

「おはようございまーす」と中に入って
台所の窓から見る景色は、下町叙情が漂うご自宅♪

P1540320_2



まずはビフォー。

P1540242



ガラス戸を油圧ジャッキで上げ、外す。

P1540243

容赦なく、外します。( ̄Д ̄;;

内装の柱は残し・・・
P1540245

そこに飾り付けをしていく。
P1540249

はい、ココも容赦なく釘をぶち込んでいきます。(;´▽`A``

そして、内装は汗だくの中、完成ヽ(´▽`)/


続いて、
外装作業に取り掛かる。
まずはビフォー。
P1540242_2

1本8千円もする大竹を担いで、神酒所まで持っていく。
100911_08440004

あまりの太さに、肩に担いで歩いていると、
まるで、戦車の砲丸を担いでいるようだ!

声を掛けられて振り向くものなら、大竹ごと回転するから
さすがに、車も危険を感じてか、停まって待っていてくれる。

この竹は、神酒所前にくくりつけます。

提灯類も飾り付け・・・・

完成~っ!ヽ(´▽`)/ (アフター写真)
P1540352_2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

武勇伝

『週刊新潮』を購入。
100909_09110001

冊子のほとんどの記事が、政治絡み。

『小沢の秘書と愛ちゃんが夜の街へ消えていった』とか、『小沢秘書がパチンコでガッツリ』とか、『愛ちゃんは150キロのスピードで彼のもとに突っ走るヽ(゜▽、゜)ノ』とか、『ボスの女を食う小沢秘書』とか…

小沢秘書の『武勇伝』には、
じぇんじぇん興味無いっ┐(´ー`)┌。


じゃあ、何故買ったの? ・・ って??


そりゃあ、
知花っコが記事掲載されているからサ。(//▽//)
100909_09330001

…ふむふむ。

『2人の出会いのきっかけは』こうで、
『デートは』あーで、
『結婚の動機は』こーで、

…こーいうことだったのかあ。

ダーリンくんの完璧な『恋のABC作戦』。

次は『子づくりのABC作戦』を待っているのだ。

ダーリンくんの『武勇伝』には興味津々なのだ。

どうぞ、お幸せに♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

終電エレジー

最近、小生らしからぬ程、残業の日々だ。

そこで一句、
「働けど 働けど 今宵も終電」。

まさに「鬼のように」仕事しています。

終電間際の列車には酔っ払いの男女が多く、
まるで「お座敷列車」状態♪

普段は「酔っ払っている」のくせに、
いざ、自分が呑まずに遅くなった時に限って
「くそぉ~、いいなぁ~!」と思ってしまう
自分勝手さが醜く感じる。。。 

しかし、冷静な目で酔っ払いを見ていると
意外とオモシロかったりもする。

『週刊現代』は片手から今にもこぼれそうなのに、
カバンは膝の上にちゃんと有るミラクルな爆睡中のおじさん。

・他人から見ると、話が明らかに噛み合っていないのに、
大声で喋りあうOL2人組。

・携帯ゲームをやりながら舟を漕ぎ、
爆睡カウントダウン寸前なサラリーマン。

・イタリアンを喰ってきたのか、
生肉でも喰いあさったかのように、口の周りに
ケチャップが付いたままお澄ましなOLさん。

・団扇であおぎながらも、
ズボンのチャックが全開なオジサマ。

・お股は閉じていても、
胸元は無防備に はだけているおネエさん。 

・・・・よくもまぁ、短い車両の中に
こんなにも今夜一日の様々な生活が
凝縮されているもんだ!

・・と感心すら覚える。
同時に『自分も、ああわなりたくないもんだ』
という気持ちが、俄然沸いてくる。
(まぁ、ムリだが。)

地方だと夜8時以降のこの時間は
ホントに真っ暗
なわけで、
小生ですら、身の危険を感じる時間帯なわけだが
・・・この「無防備な平和さ』、
さすが「Tokyo」だわ。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

汗って焦る? 焦って汗る?

珍しく、朝の京成列車が混んでいた。
車内の暑さで汗が噴き出す。
しかし、手拭いで汗を拭けない程、混んでいる。

額の汗が、目の前の黒いワンピースの
奥さまの胸元に垂れてしまった。。
sweat02

小生:「あっ。」
奥さま:「いやっ!

当然、混んでいる為、彼女も身動き取れず。。

小生:「すみませんっ
     ・・・と小声で囁いたものの

焦りにより、発汗が更に促進され、
ポタポタと連続して、奥様の胸元に小生の汗が。。っ!

小生:「あっ、 あっ。」
奥様:「あん、 あん・・・


もがく奥さま。。

・・・まずい雰囲気が車内に立ち込めたsweat01

汗を垂らす位置を変更することすら出来ず、
彼女の胸元を拭いてあげるワケにもいかんし。。。、
・・・ただ、ただ、汗がポタポタ滴る。。。
ゴ、ごめんなさいっ!!
ただただ、汗っかきなだけなんです!!


さて、昨日は朝から夜、寝るまで
「上千葉フレンズ・デー」(葛飾女児ソフトボールチーム)だった。

4月から新体制になって、はや半年。

成果の確認と、吹き出している課題の整理、
・・そして今後の解決策。

監督・コーチ陣営の考えを美人チアガール達に説明をし、意見交換。

もちろん、激白した意見交換は、第2部にも持ち越され、
会議場所は、もんじゃ焼き「福花」へ持ち越された。
P1540196  P1540197
子どもたちにとっては、おもちゃのプレゼントも有ることから大ウケなお店だ。

湯気を上げながら、ジャージャーと鉄板モンを焼いていく。
P1540200
みんな下町モンだから、誰もが焼くのは手慣れている。
やれと言われれば小生の腕もみせてやるのだが、
もんじゃはチアガールと子どもに任せてボーっと呑むのが楽しい♪
P1540237
だから、小生は「食べるだけ」「呑むだけ」の人となり、
楽チ~ン♪

フレンズの「今秋の練習テーマ」は…

体力強化!!

あと2週間もすれば涼しくなるだろうし。
そしたら、ガンガン体力アップを計るど~っ!!

【お店情報】
店名:;福花
住所:東京都葛飾区堀切6-28-2
TEL:03-3690-7282

| | コメント (7) | トラックバック (0)

衝動買い?!

3年前から気になっていた商品。

遂に買っちゃいました\(^_^)/

首にチャラチャラ付けている男、
スケベそうに見えて嫌なので、買い渋ってました。

でも、来週行われる祭りを前にして、どうしても欲しかったので、
遂に、遂に、遂に買っちゃいました!!
001

先ずは社長にTEL。
(社長とは、町の役員同士で繋がりがある。)

すべてシルバー925で、高額なので、
80%オフ位にしていただかないと

今月の呑み代に影響が出る。。。

小生:「社長、(いつもは名前で呼び捨てだが、
    下心がある時だけ社長呼ばわり。。)今日、ヒマ?」

社長:「いや、仕事中だよ」

小生:「そりゃ結構だわ。
   ところで、前、見せて貰った『般若心経のペンダント』
   まだ有る?」

社長:「どうかなー?」
小生:「今から行ってもいい?」
社長:「ああ、いいよ」
小生「じゃあ、3分以内に行くから。出しておいて。」

----店にて---
社長:「これかな?」
小生:「それだとチェーンが短くてオレの首に入らないよね」
社長:「えっ?オヤジくんが付けるの?」
小生:「そうだよ。意外と俺はお洒落なのよ」
社長:「意外だわ。ガハハ」
小生もつられてガハハ。
 (・・・短パン・草履の一体どこがお洒落なんだとも言うが。。)

社長:「じゃあ、一番長いヤツを出してやるよ。
    でもコレもシルバー925だから。

小生ココロの声:(チェーンが長くなった分、目方が増えて高くなっちゃう。。)

小生:「…チェーンは別に銀じゃなくてもいいんだよ、
     高く
なっちゃうじゃん。。(弱気。。。)」
社長:「いや、ウチは銀しかないからっ!(キッパリ)」

そりゃそうだ、社長の自家用車のナンパプレートだって、
数字を925にしている位のこだわりだし。。

小生:「仕方ないなぁ、じゃあ、それで勘弁だわ。」

僅か1×2.5センチの銀のプレートの大きさの中に、
275文字の般若心経が、
ビッチリ10×28行で彫り込まれている。

その1文字の大きさ0.6ミリ \(゜□゜)/

1回毎に金型を掃除しないと作る事が出来ない、職人泣かせの逸品だ。
100905_06540001

携帯のマクロモードでも見ることは出来ない大きさだ。

デジカメに顕微鏡を合体させて写したものがコレ。
P1260243

「こういう技術を持ったジッちゃん達が、
この町にはうじゃうじゃいること」が
町の誇りであり、
「後継者がいないということ」が町の弱みでもある。

【職人情報】
店名:上田銀器工芸(HP
住所:東京都葛飾区堀切3-22-12
TEL:03-3695-0666

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「備え」は「供え」ではない

防災週間は9月5日まで。
100820_11340003
さて、「災害に強い町」ってどんな町なんだろう?
小生が思うに、「災害が起きない町」ということではない。
「災害が起きても、すぐに復興できる町」だと思っている。

例えば、我が町である葛飾は、「地震・雷・火事・親父」なんて冗談ではなく、
「地震・火事・水害の危険度が高い町」である。

我家が傾いても、隣りの家に寄りかかって倒れない。。
または、はるか彼方の家が倒れると、次々とドミノ式に倒れて
我家も倒れる。。。

・・・・まぁ、そんな感じの密集した町だ。
しかも、路地裏だらけなので、消防車も入ることは出来ない。

だからこそ、
災害を防ぐことは難しい。

しかし、命さえ守れば、みんなの力を合わせる事が可能な町だ。
いかに素早く、復興するかがキーポイントなのだ。

命さえ守れば。

命を守るポイント、下記でチェックしてみて。
 ・家具類はしっかり固定してある?
 ・いざという時に隠れる為の、机の下は片付いてるか?
 ・室内のガラスが割れても歩けるよう、スリッパが有るかい?
 ・町に消火器が置いてある場所を知ってる?
 ・町のどこにAEDがあるか把握している?

我々消防団では、消防機具類を毎月定期的にチェックしています。
発電機の調子がおかしくても、分解して修理できちゃう仲間達。。
100730_20140001

普段は、町で働く普通の人なんだけど。。
お前ら、どうしてそんなコト出来るの??
100730_20140002
火事の時には、停電するので灯りは必需品。
その灯りをキープするには「発電機」が必需品なのよ。

「備え有れば憂いなし」・・っていうのはウソだ。
「備え」はチェックしてこそ意味を持つ。
チェックしていなければ、「備え」は「供え」でゴミと同じだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

雑誌に掲載された(・・・そうです。。)

昼下がりの、他社との電話応答にて。。。

他社OL:「オヤジさん、忙しいんですか?」

小生:「ええ、めっちゃ忙しい! タコの手でも借りたい位です。
    イカの手でもいい。・・・・・どっちが多いんだっけ??」
OL:「イカでしたっけ??」
小生:「でも、イカ臭いと言われるのはナンだから、タコにしとくか。」
OL:「イカ臭いって。。。」
小生:「イカ・・せるなら、いいんですけどね。」
OL:「えっ?イカれた何ですって?
小生:「いや、何でもない。
   タコとイカとじゃどっちが吸い付きが良いんだろうねー?」

OL:「タコのほうが吸い付き良さそうですけどねー♪」

小生:「じゃ、今度、吸い付きに行きますよ。」
OL:「やだぁ~heart04

こうも暑いと、意味の無い電話の会話で、
本題に入る以前に、脳みそまで溶けてしまいそうだ。

最近、「忙しい」という言葉と「暑い」という言葉が
ニアリーな具合に、似有りぃだ。
(・・・ん?? 「ニアリー」って日本語なの??)

八重洲のビルの谷間ですら、モコモコ雲だし。
100831_09560001

なのに雨が降らずに、乾燥した砂塵が白く舞う。
汗はしたたり、手拭いは常にぐっしょり。sweat02

残った仕事の山を終えることなく、今夜は下山。

行く先は、座銀♪♪
100902_19430001

と言っても、呑みにではない!!
そう、川野楽器scissors
100902_19440003

なぜなら、小生が出ている雑誌がある(・・らしいんで)、
入手しようと思ったからだ。

谷野楽器に着いたのは、19:50頃。
あまりの広さに、目的の雑誌が見つからニャイ。。

弦楽器売場の4階に行けば有るだろうと睨んで行ってみたが、
おもしろそうな楽器に目を取られ、手にとって遊び・・・・・


閉店になってしまった~っ
        ━━Σ(゚д゚;)━━Oh! No~っ!!!

結局、手に入れられず。。。_ノフ○ グッタリ

欲しかったのは、コレです。
『Rolling Coconuts』
1572921459_4

1572921459_53

のぶ3~っ、何冊かゲットしておいてくれええっ(><)

今年のウクレレピクノックの様子はこのサイトから。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

チャンの威力

「チャン」という調理法を最近知った。

予め云っておくが、、、(u_u。)
「ちゃん・・・大五郎っ!」・・・ではないっ!

「中華の下ごしらえの技法」らしいが、コレがなかなか応用範囲が広い技法なのだ。

今回は「焼きビーフン」の作り方を例にして「チャン」の調理法をご紹介。

●「チャン」の作業とは…卵の卵白をつなぎにして、
              薄い片栗粉の膜を作り、油で揚げる作業。

●「チャン」の作業効果…魚肉がプリプリした食感になる、
               大きさが縮まない。

●材料(4人分)
生むきエビ…200円位で5~6コ
椎茸…1パック(4~5個か?)
干しエビ…250円位か?
豚バラ…200円位だな
玉ねぎ、人参…各1コ
キャベツ…1/4玉
卵…1コ
片栗粉…小匙2程度
ビーフン…1袋(3人分あれば充分)
塩…小匙2

●作り方
①まず干しエビを水で戻しておく。

②剥きエビは小匙1の塩で指揉みする

③塩揉みで表面がキュッキュしてきたら、今度は小匙1の卵白で生エビを指揉みする。
④表面がツルツルしてきたら、小匙1の片栗粉で表面に薄い透明な膜でコーティングする。

⑤それを油に浮くまで、軽く揚げる。
100820_18480001

(バラ肉も同じ作業)

⑥残った卵で半熟のスクランブルエッグを作る。

⑦ビーフンを水で戻す。

⑧残った油で一口大の野菜を炒める。

⑨戻したビーフンと油で揚げたバラ肉を加える。

⑩水で戻した干しエビと、戻し水を出汁としてたっぷりと、炒めている野菜に入れる。

⑪野菜のエキス、椎茸のエキス、干しエビのエキス、肉のエキスをビーフンに染み込ませるように炒める。

⑫油で揚げた生エビとスクランブルエッグを加えて軽く炒めて完成!
100820_18550002

エビチリ、チンジャオロース、野菜炒めなどで魚肉類を旨くするには、お試しあれ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »