« それぞれの芽 | トップページ | 秩父の朝 »

秩父のヨル

若い頃は、手帳に予定をビッチリに埋め尽くすことがステータスだった。
今や、空いている隙間の日程には、勝手に予定が埋められていってしまう。

…まあ、身体が空いている限り動くのだが。

だから、『何も予定を入れない一日』
というのがホントに大事なのだ。

それは自分を見つめ直す時間でもある。

自然の中に、自分の躰を放り投げる。
P1540466

まばたきする星の輝きたち。
音の出ない口笛を吹きながら語りかける夜の月。
川のせせらぎの音。

パチパチと静かに燃える炎。
虫の大合唱。
携帯の僅かな明かりに寄ってくる羽虫たち…。

真夜中、全て音を消し去り、山に降りそぼる雨音。

変わりゆく山の天気。

全てが、静かに小生に語りかけてくれる。
真っ暗闇の中、素足になって、全てを受け入れる。

…来て良かった。

ゆっくりとニッカの小瓶を口に流す。


十五夜から雨に変わった、秩父のとばくちにて。
P1540468

|

« それぞれの芽 | トップページ | 秩父の朝 »

コメント

急に秋が来て、

オヤジさん、ミュージシャンから、

詩人になりましたね。

投稿: ウクレレ新潟 | 2010年9月24日 (金) 16時06分

★To ウクレレ新潟
目が慣れることのない真っ暗闇の中で、恐怖との闘いでもありました。。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年9月25日 (土) 07時05分

ご無事でなにより。
 こちらは、夜から雨。翌日は雷雨でしたので、『オヤジ様、大丈夫かなー?』と勝手に心配していましたが、余計なお世話でしたね。
秩父の自然を満喫なさったようで、何よりです。

投稿: みやび | 2010年9月25日 (土) 11時53分

★みやび
ご心配ありがとうございます。

一応「晴れ男」なんで、帰る間際まで小雨・霧雨で済みました。
帰路途中は雷が落ちまくっていました・・。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年9月25日 (土) 16時49分

しっとりした秋の一夜という感じですね。
なんにも予定のない一日って、なかなか持てないですよね。
年をとるごとに忙しくなるって聞いたことあるけど、ホントだなぁ。
ふぅ~、毎日忙しいね。

投稿: さくら | 2010年9月25日 (土) 22時47分

「手帳に予定をビッチリに埋め尽くすことがステータス」オヤジさんらしいね!
私はその日気分の予定で、既にスケジュールいっぱいです・・・

投稿: yanpon | 2010年9月27日 (月) 07時25分

★さくちゃん
ホント、歳を重ねるたびにねえ。
月日も早いし。(笑)

★やん坊
今はステータスでも何でも無いです。
予定を忘れないためだけで精一杯!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年9月27日 (月) 07時57分

新潟さんに同意!
本当、詩みたいで素敵な記事~
こんなのも、書けるんだね 笑

投稿: ひでりん | 2010年9月27日 (月) 22時33分

★To ひでりん
こんなのも、あんなのも、汗も かきます(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010年9月28日 (火) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父のヨル:

« それぞれの芽 | トップページ | 秩父の朝 »