« サラリーマン川柳、今年の100選 | トップページ | 気になるCM »

こんな時、あなたならどうする??

地域の防災勉強会
今回のテーマは、「究極の選択シリーズ」。

例えば…、

【設問】
「大震災で、小学校の体育館に避難しなければならない。
 しかも、家族同然の飼い犬であるモモちゃん
 (ゴールデンリトリバーのメス3歳)が居ます。
 一緒に避難所に連れていきますか?」


直感的に答えたみんなの結果は
 「連れて行く派:置いていく派」=1:4

 P1560900

【連れて行く派の意見】
・「ペットは家族同様だから、置き去りになんか
 考えられな~い(>_<)」
・「犬嫌いの人もいるだろうから、体育館の中には入れない
 けれど、 避難所の外につないで、側に居させるわ。」
・「躾もちゃんとしているから、他人に迷惑かけることは無い。」

【連れて行かない派の意見】
・「人間が災害に合っているのに、ペットの飯やら糞の始末
 なんかは、やってられないだろー。非常識だ。」
・「衛生的に悪い」
・「犬や猫を許してしまったら、ワニや虎とかを飼っている人も
 許すのか?! 収拾つかなくなるぞ。」
・「みんなイライラしているのに、大事なペットを腹いせに
 蹴られたりしたら可愛そうじゃないか。」
・「普段と違うんだから、ペットだって吠えまくるぞ!」

…と、まぁ、様々な議論の末、

とある奥さまは、
 「私はペットを連れて行きませんっ。

  私もペットと一緒に家に残りますっ!」

一同:・・・。
   おお~っ!そんな答えも在ったか!!

しかし、ご主人さまが避難せずに、ご主人さまだけが他界しても
ペットは困るのだ。

『ペットの避難所』も、避難所運営では考えなければならない!
という事を学んだ。

そして、ペットの防災も考えておかなければならないことを学んだ。

他の究極の選択設問としては・・・、
「自宅は地震で半壊。
 しかし、日頃の備えで、水と食糧が3日分はある。
 それをリュックに入れて、家族揃って避難所へ。
 ところが、避難所には水も食べ物も持たない家族が多数。
 その前で、リュックを開ける??」

・・・などなど。

そして、研修会でのもう一つの収穫は、
日常素材で作る、災害用灯りコンロの作り方。

作り方は、至ってシンプル。
コーヒーの空き瓶を使って、実際に作ってみた。
 110223_20090001
意外と明るい!!
しかも、かなり ムーディ~っ♪

材料は、「サラダ油、アルミホイル、ティッシュ、ガラス瓶」。
灯芯さえ、キッチリ作れば、
灯りをかなり長い時間、保つ事が出来る。

尚かつ、安全っ!
  (作り方はコチラ

早速、この発明的アイデアを使って、
町で活用させていただく構想が思いついちゃった♪

①夜の菖蒲ライトアップ時の、庭園内の「足元ランプ」として。
②只今、構想中の「ライフラインカットの災害訓練時」の灯りとして。
③そして、来年の土手の野焼き時の文字作りランプとして。

・・・やりたい夢は、どんどん膨らむ♪

|

« サラリーマン川柳、今年の100選 | トップページ | 気になるCM »

コメント

いいね、サラダ油ローソク!NHKっぽいお姉さんの声の解説も素晴らしい!覚えておく。。。。おけるかな?(笑)

しかし、難問は難しいね〜、自分がどうしたいか。。。ではなくどうするべきかと言う側から考えてほしいものですよね。

投稿: 弦 | 2011年2月23日 (水) 23時18分

★To 弦
この難問に答えは無いのだ。
なぜなら、あえて「条件」をつけていないので、状況に応じて答え刻々と変わるんよ。

どんな状況ならばこうする、ということを事前に考える勉強です。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年2月24日 (木) 00時32分

ずっと以前に飼っていた犬が、心ない人のいたずらで死んでしまいかわいそうで飼えないので、今はその様な悩みはないですが、集団避難の場合控えるべきなのかな~。
状況に応じて答えは刻々と変わる‥みょ~に納得です。でも、心と行動が伴っていない事も自己嫌悪。

投稿: 茶仙 | 2011年2月24日 (木) 03時25分

★茶仙
ワンちゃん、可愛そうでしたね。。

圧倒的に反対意見が大きかったですが、震災後に避難出来なかった動物が「野生化」してしまった実例や、ペットと残って被災した反省から、今は「ペットの避難所」作りは真面目に考えられているらしいです。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年2月24日 (木) 07時32分

犬は基本的に怖いので、避難所の室内に連れてこられると困るなあ……
外でもちゃんとひもでどこかにつないでいてもらわないと。

最近ペットブームだけど、犬が怖い、苦手っていう人間も少数ながらいるんですよ~coldsweats02

犬は家族と言う人がいるけれど、コミュニケーションを誰とでもとれるわけじゃないから、人間と同じではないと思うんですよ。

そのへんをちゃんとわかってもらいたい。

投稿: ブレット | 2011年2月24日 (木) 11時18分

★ブレット
「犬」を「へび」に置きかえれば、同感です。(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年2月24日 (木) 17時36分

我が家にワンコがいた頃、、、、、、
『うちには、ワンコがいるから、避難所には行けないね。みんなで車の中で過ごすしかないね。』と、家族で話した記憶があります。
、、、、アホだと笑って頂いて結構ですが、
ワンコを背負って逃げなくてならなくなった時用の、
「ワンコ背負いリュック」を自作していました。
幸せな事に、使用する事なく天国に旅立ちましたけれど。

投稿: みやび | 2011年2月24日 (木) 20時40分

★みやび
結論がどうであれ、事前に考えたということが大事なんです♪

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年2月24日 (木) 23時25分

中越地震のときのワンコの話、映画かなにかになったんだっけ・・?
地震もそうだけど、戦地とかでは動物ってどうしてるのかなぁってたまに思います。

灯り、たしかにムーディーかもっlovely
これからイベントで大活躍しそうだね!

投稿: ひでりん | 2011年2月25日 (金) 00時11分

★ひでりん
ムーディーライト、今後大活躍です(笑)

確かに、戦地も災害だよね。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年2月25日 (金) 16時49分

なるほど~、ワンコも人を癒すという得意技があるので何とも言えないね・・・

万人が納得する方法は全ての分野でも難しいね・・・
唯一思いつくのは、オヤジマンくらいだっ!

投稿: yanpon | 2011年2月26日 (土) 06時28分

★To yanpon
万人がOKだなんてことは有り得ないよ。
いかに納得していただくか、その瞬間の最大MAXの答えしかないよ。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年2月26日 (土) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/38989701

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時、あなたならどうする??:

« サラリーマン川柳、今年の100選 | トップページ | 気になるCM »