« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

根津のツツジ

早引けして根津神社に寄ってきた。

「五葉つつじ」
を見たくて。
(葉っぱの形がレアなんだよ♪)
110427_13350001_2

見渡すと、満開のつつじ。
赤色、桃色、白、橙色、黄色…様々な種類と色のつつじが咲き連なる。
110427_13400001

110427_13430001_2  

平日の昼間に見にきている人は
元AKB(貴女もきっとバッチャン)軍団ばかり。

蕎麦屋で、少し引っ掛けて帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入試には出ない、確立の計算

天気が急変する直前には強い風が吹く。
しかし、こんだけ風が強い日だったのに、パンチラと遭遇することはなかった。

不思議に思って、計算してみると、
パンチラ遭遇とは、もの凄い確率なのであることが分かった!
ちなみに、パンチラとは瞬きする秒単位で見るものなので、秒計算だ。

まず、そこに歩いているのが男性でなく女性であることは、1人/2人の確立。

強風が吹くタイミングは10日位/365日。
そこに強風が吹くタイミングを1日の内1時間位だとすると、3600秒/3600秒×24時間。

その時間に小生が歩くタイミングは1日2回だから、2回/24時間×60分×60秒。
風に舞うスカートを履いている確率は1人/20人位。

・・・結果、1/30億となる。

実際、小生が過去見た回数は5回。
48年÷5回だから、9.6年に1回
9.6年×365日×24時間×60分×60秒=3億

・・・やはり、億単位の確立なんだなー。

そう考えると、ものすごい希少な現象で神聖なものに思えてきた。。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

夜中の特訓(一部公開)

半数の社員が風邪で倒れて休暇。
なのに、元気な小生は出社で、黙々と仕事を終え……、

帰社時、他部の男性どもが美人OL達を引き連れ呑みに行くのを横目に、

そして、
帰宅途中、腕を組んで歩いている若いカップルを横目に、


…今夜も「男だけの」「男だけの暗闇の」訓練場へ向かう。

ひたすら汗をかきながら、真っ暗闇の中、走り、声を張り上げ、ホースを握る。
110426_20530001

訓練時間は19:30~21:30。
本日の水圧は4.5k。
大型犬が、腰んとこで暴れているような水圧だ。
デブな小生は もう汗だく。

いい加減、ストレスが溜まってきた。。

早く、小生も腕を組んで呑みに行きた~い!!
ウエ~~ンっ 。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

逢い う え お

「花菖蒲を育てる会」の総会。
わずかな資金繰りで年間運営を行なっている事が決算報告をみてもよく判る。

こんな小額で一年間の活動をやりきれる理由は、
すべてが、みんなの「手」と「足」で任なっているからだ。

でも、みんなの夢は膨らむ。

・ライトアップ、こんな方法ならば電気も使わず、しかも安全に出来るんじゃないか?
・避難所で生活している人にも見せてあげたいね
・四季を通じて河川敷を憩える場所に出来ないかな?菖蒲・彼岸花に続いて、水仙も植えようか
・冬の野焼きで、今年は文字を書きたいね

金がなくても、知恵で、手足で、人かずで、夢を実現する事が出来る。

総会が終わって、香港で打ち上げ。
 (なぜ、総会の打ち上げなんだー!?笑)

ツバメの巣のような、ポテトフライ。(お見事だわ)
110424_16020001

一通り食事をして、呑んで呑んで、落ち着いたら、
今度はカラオケ大会。

じっちゃん:「にいちゃん、にいちゃん!」
小生:(・・・・ん?オレのこと?)

じっちゃん:「木曽路の女を入れてくれ」
小生:「誰のうたですか?」
じっちゃん:「知らん」

カラオケ本を見ながら、え・・っと、「き」「き」「キ」・・・

小生:「キューティーハニーでもいいですか?」
じっちゃん:「馬鹿やろー」
110424_19190001

こんな仲間たちだが、このひと月の間で 思ったこと。。

人と出逢い、その時どこにいるかという「運」(うん)、
新しい人との 「縁」(えん)、

そして、そんな人たちへの「恩」(おん)なんだろうなぁ。。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

初鹿

夜の消防訓練が始まって、早1週間。
あと残り、40日間だ。
110414_19440001
今年は「筒先ノズルを持った先頭」(一番員といいます)を担当しているので、水圧がかかった暴れん坊のホースを抑えつける為、腕力をアップさせないとならない。

そのため、朝は自転車を持ち上げエクササイズ。昼休みは机を両手で押してエクササイズ。

なんとか、腕力アップしなくては。(・ω・)/

そんな最中、仲間が鹿を捕獲し、北海道から持ってきてくれた。
110419_19450001
一頭の中でも2つしかとれないという部分らしく、生臭くもなくニンニク醤油で戴いた。
この48年間、鹿を生で食べたのは初めてだ。
110419_19540001
鮮度の良い馬刺のように柔らかく、とろける味だった。
貴重な命からパワーを貰ったのだ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

みどりがいっぱい♪

ツツジが満開を迎えた。
今年の桜の開花は遅かったが、ツツジの開花タイマーはいつも通りのようだった。
110416_07500001

荒川土手は、春の柔らかい草々に埋め尽くされ、hanaは大喜び。
(最近、我ながら、ワンコねたが多すぎるかなぁ。
 でも、小生も散歩が好きなのだから仕方ない。)
110416_15590001

昼間、ハニーとラーメンを食べに近所の北京へ。
北京のラーメンは、飽きがこない下町の味なんだなー。

ふと、目にしたグリーンは、カウンターの上の
「人参」の切れ端。
110416_13080001

北京のお母ちゃん:「素敵でしょ?
        サツマイモでもやっているのよ」
 と、笑顔で教えてくれるから、なんだか嬉しくなる。

…緑は、難しく考えなくても気軽に楽しめるんだよなぁ、
と思ったのだった。
101016suntorydan10

【お店情報】
店名:北京
住所: 東京都 葛飾区堀切5-18-13
TEL:03-3604-6389

| | コメント (7) | トラックバック (0)

真似っこ

いつもの朝の散歩道が、桜の花道に。
風に舞う花びら。

それを無邪気に追いかけ、はしゃぐ愛犬hana。
110409_06510002

・・・それは、まるで、金麦のCMのようだ。。
100507suntorydan4

・・そして、鼻にチョコンとサクラの花びらが。
110409_06570001

・・・これまた、壇れいさんの真似っこなのかぃ??
100507suntorydan7

 まぁ、んなことは見過ごすこととして。。

なんと言ってものニュースは、

なんと!

・・・なんと!!

・・・・なんと!!!!



葛飾花火大会開催決定~っ!!!
_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!!

開催の7月26日は、
なんとしてでも晴れにしたいっ!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

桜の花びらが舞う水の中に

選挙の為、学校のグラウンドが使えなかったので、
上千葉フレンズの選手たちを連れて、野田市にある清水公園に行ってきた。

ホントは、地元の桜を見ながら、のんびり呑みたかったのだが
監督:「月末もBBQをやるから、アスレチックで運動させませんか?」
小生:「・・・・。」

しかし、監督の話の筋が通っているので、反対する余地はない。
小生:「そうだな。アスレチックにしよう。。。か。(ぼそっ)」

当日は、朝から絶好のアスレチック日和!!
P1570058 P1570147
金曜ロードショーで「スパイダーマン」を見たばかりらしく、子どもたちにとってみれば、「アスレチック」「スパイダーマンのようにロープを飛び回る!」という方程式のようだ。(笑)

清水公園のアスレチックと言えば、「山のコース」に「水のコース」!!
P1570129
我が子が小さいときに、アスレチックは何度も行っていたので、水に落ちるポイントも頭に入りきっている。だから、履物だって「地下足袋」。
一緒に引率のチアガールたちも必然的に、水に落ちるだろう。。

小生:「ちゃんと、着替えを持ってきたましたか?」
チアガール:「は~い。」

小生:「水のコースでは、ずぶ濡れになりますよ。
  ・・まぁ、用は、落ちなきゃイイんですけどね。。ハハハ」
チアガール:「そうですね、落ちなきゃね。ホホホ。」
小生:「着替えは、パンツもちゃんと持ってきましたか?」
チア:「ええ。ちゃんと持ってきました。」
小生:「どれ、見せてみ。」
チア:「いやん、それは内緒!」

・・・チっ、 ひっかからなかった!

ノリノリの子どもたちは、駅に着いたら、
「葛飾の歌」を歌いながら桜道を歩き進む。

当然、アスレチックでは、
水に落ちてギャンギャン泣いているオトコの子を脇目に、
我先と水に飛び込む気マンマンな、我が上千葉フレンズ!!
P1570088 P1570090 P1570077 P1570098

水から這い上がっては、濡れた服を絞っては、
再び水に飛び込む。。。
P1570070

・・・・たくましい。。
こういう面が、試合でも発揮されないかなぁ・・・。(笑)

帰りの電車では、さすがにバタンQでした・・とさ。
P1570156

| | コメント (11) | トラックバック (1)

天日干し

今年は選手になってしまった…消防大会の。。

もう、2回もやったから勘弁して欲しかった。。(ノ_・。)

だって、呑みに行けられないンダモ~ん。Y(>_<、)Y

小生:「一致団結するためにも、新人クン達に経験させた方が良いだろうよ」
団長:「どうだね、新人クンたち?」
新人:「いえ、仕事が忙しいんで」
団長「…という訳だから、オヤジくん宜しく。拍手ぅ~っ」

…う、う、う。。。
雨女や雪女、大募集です!!

さて、日にち変わって話も変わるが、
昼下がりが余りにも良い天気だったので、
蒸れた靴を脱いで、我が身を天日干しでした。
 (春だなぁ)
110407_12360002

まもなく都知事選。

東京が変われば日本が変わる。
日本が変わればアジアが変わる。
アジアが変われば世界が変わる。

…と、昔は思っていた。

今は違う。
都民の為に熱く泣いてくれる人を選びたい。
110320_06460001

| | コメント (10) | トラックバック (0)

先人の知恵で乗り切る「夏」

東京電力の管内では、
例年の冬の需要のピークが夕方から夜にかけての
午後6時~7時に出現し、おおむね4200万~4300万キロワット。
これに対し、現在の電力供給能力は3700万キロワット程度。

例年の夏のピーク電力需要はおおよそ6000万キロワット。
夏にかけて火力発電所等のフル稼働などで発電能力を増強しても、
5000万キロワット程度らしい。

そこで、小生なりの今後、半年間の先読み予想。

・4月中旬…魚の価格が変動。
 (風評被害で西日本の需要は海外では低迷し、国内需要が高まる)

・GW…国内で過ごす人が多い。(帰国する飛行機が少ない)

・汗ばみ始める5月初旬…暑さ対策商品をこの時期に買わないと、その後は入手しにくくなるだろう。

・6月…西日本から周波数変換されて東日本へ入ってくる電気量が不足し始める。

・7月…火力発電と中部電力から電気の不足により、エアコン需要で東京大停電になる。

・8月…海水浴場が風評被害によりガラガラとなる。逆に、プールが芋洗い状態になる。

・9月…夏に大変な思いをしたので、燃料に頼らなくてもよい寒さ対策グッズが売れる。

・10月…7月に東京大停電になった場合、灯油ストーブの需要が高まる。

とまぁ、自然界で連鎖が有るように、
人間界の行動にも、連鎖の方程式があるということよ。

京都の天井が高い建物に象徴されるように、昔の人も「冬の寒さ」よりも「夏の暑さ」に耐えられなかったのよ、日本は。

今の建物は、昔みたいに天井が高くないので、夏は大変よ。

夏対策商品は色々有るけれど、
今の内から先人の知恵を集めた方が、ホントの夏対策になるような気がする。
(チョイと、まとめてみた・・・途中だけど)
「summer_guard.xls」をダウンロード

| | コメント (9) | トラックバック (0)

hana、敬礼

消防仲間の葬儀だった。
正装して参列。

帰宅したらhanaが走り寄ってきた。
hanaも敬礼をした。
P1570053


hanaの消防士も良いが、世間にはまだまだ色んなワンコがいるもんだ。

例えば・・・



「スーパーマン・ドッグ」。
Hbbaflrakuten

「バッドマン・ドッグ」
5313

「怪傑ゾロリ・ドッグ」。
5318

| | コメント (6) | トラックバック (0)

桜、咲け(桜、酒)

弐分咲きという位か、葛飾の桜。
娘が咲き始めた桜の花びらを持ち帰ってきた。
110402_17590001

薄濁りでシュワシュワの微炭酸の日本酒に浮かべてみた。
110402_21090001


西武線沿線に住んでいたときは、のどかな稲荷山公園奥の桜が好きだった。

下町に住んでからは、ひっそりとした小菅西公園の枝垂れ桜が大好きだ。
早く、遊びたいなぁ♪
きっと、来週位が見ごろかなぁ。。

(写真は2007年撮影)
P1130353

P1130389

東北地方にも、早く桜が咲くといいな。

みんな それぞれの桜、それぞれの春。
誰にも皆、同じように春は来る、必ず来る。

桜の唄も、沢山有るけれど、
小生は河口恭吾さんの桜が一番好き。



-- 桜 --  河口恭吾
僕が傍にいるよ
君を笑わせるから
桜舞う季節数え 君と歩いてゆこう

僕が傍にいるよ
君を笑わせるから
桜舞う季節数え 君と歩いてゆこう

眩しい朝は
何故か切なくて
理由を探すように
君を見つめていた

涙ぐむ夜には
月の光に震えていたよ
二人で

僕が傍にいるよ
君を笑わせるから
空の無い町抜け出し
虹を探しにゆこう

何時も傍にいるよ
君を笑わせるから
柔らかな風に吹かれ
君と歩いてゆこう
君と歩いてゆこう

君がいる
君がいる
何時も 傍にいるよ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »