« デビュー(その1) | トップページ | 知られざる「葛飾」(その1) »

デビュー!

同僚のTクンと喫煙所にて。

小生:「明日一日、休暇を貰うよ。」
Tクン:「何か有ったんですか?」
小生:「ああ、明日ドッグランに行くんだ。」
Tクン:「もう、我々そういう歳ですもんねえ」
小生:「・・歳は関係ないだろ?」
Tクン:「まぁ、一日がかりでしょうしねえ」

…どうやら彼は、小生が「人間ドック」に行くのだと聞き間違えている…っぽい。
彼の方がドックへお勧めなのである。

まぁ、訂正する必要もなかったので
小生:「いや、半日もあれば済むんだが、交通の往復時間がね。。」と話を濁す。

・・・というわけで、hana、
ドッグラン・デビュー! ヽ(´▽`)/
P1570842

場所は、葛飾区内の水元公園。
無料で使えるだけでなく、小型兼用、
もとえ、「小型犬用」と「大型犬用」と分かれているのも有りがたい。

ロープを外すと、思いっきり走り回るHana。
P1570845

柵の向こうの大型犬とも じゃれあう。。
P1570862
大型犬が走ると、一緒になってHanaも走る。
2時間位、遊んだだろうか。。

帰りの車の中では、爆睡なHanaであった。

そして、いっぱい走り回ったため、翌日、筋肉痛なHanaであった。。とサ。

|

« デビュー(その1) | トップページ | 知られざる「葛飾」(その1) »

コメント

休みを取るということ。

我々この年齢には必要な‘ドックラン‘ですね。

dog

投稿: りゅうちゃん。 | 2011年6月12日 (日) 09時32分

え~、犬が筋肉痛sign02

元気に走り回れるのはいいよね、犬も人も。

投稿: ブレット | 2011年6月12日 (日) 10時16分

そろそろ小生も人間ドックにデビューしようかな?

ワンちゃん、喜びに満ちたスタートダッシュだったんでしょうね。小生は今度走る時。運動会の張り切りオヤジがアキレス腱を切っちゃわないようゆるりと駆け出そうっと・・。

投稿: RW | 2011年6月12日 (日) 11時38分

いいなぁ~。わたしも思いっきり軽やかに駆け回りたい~~run
まぁ、転ぶのがオチでしょうけどcrying

投稿: ひでりん | 2011年6月12日 (日) 15時45分

人間は、犬じゃないから、人間ドッグじゃなくって、人間ドック。ドックは、船を作る場所。いつも、少し紛らわしいと思っているのは、私だけ。

犬が健康診断する時は、ドッグドック?

投稿: ウクレレ新潟 | 2011年6月12日 (日) 17時32分

☆祝☆ ドッグランデビュー
 hanaちゃんに拍手 8888888888888。

 で、新潟さんに同感。
英語というよりも、、、カタカナが苦手なみやびばーさんは、、、、、、
多分間違って「人間ドッグ」とか、よく言っちゃってます。
紛らわしいです。。。。

投稿: みやび | 2011年6月12日 (日) 19時18分

え”!?犬でも筋肉痛になるんですか?!(笑)

我が家のワンコは、田舎の実家では庭“だけ”は広いから、
毎日ドッグランです。

でも、ここ2年は、5往復猛ダッシュするくらいで、
もうバテちゃうみたい。
年とりました・・・。

投稿: まき子 | 2011年6月13日 (月) 21時30分

★To りゅう
仮病を使う年齢でもないので(笑)、天気のよい日にOFFをとりたいモンです。

★To ブレット
走り回れるヨロコビ。hanaを見ていると、全力で遊んだり、食べたり、寝たり、飛び跳ねたり、と自然に一生懸命な姿にココロ打たれます。

★To RW
車検のようなもんですよ、人間ドックも。
長く生きてりゃ、カラダの部品だってガタが来るのも当たり前ですから。

★To ひでりん
大丈夫ですよ。小生だって他人から見たら、走り回っているというよりも「逃げ回っている」としか見られませんから。(笑)

★To 新潟
「ドッグドック」・・・(爆笑~!)
心臓バクバクみたいで良い響きだぁ。

★To みやび
ホットドッグとホットドック、どっちが正しい?!(笑)

★To まきっコ
そうそう、他のブリーダーさんからは、「若いってイイわねー」と言われました。
「いや、もう50近いんですが」と言ったら、「あらやだ、ワンちゃんのことよ。」と返されました。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年6月15日 (水) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/40358410

この記事へのトラックバック一覧です: デビュー!:

« デビュー(その1) | トップページ | 知られざる「葛飾」(その1) »