« 翻訳って、オモシロイ♪ | トップページ | ゴメンナサイ »

レスキューのちょっとしたコツ

レスキュー訓練に参加してきた。

現地に着くと、大きな煙突の隣りに教官たちが待機していた。
111120_08390002

・・・・もしかして、この ぶっとい煙突を昇り降りの訓練なのか!?
・・・・もしかして、煙突の頂上からロープで降りたりするのか??

・・・そんなの、ムリっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
レスキューどころか、逆にレスキューされる訓練になっちゃう。

と思っていたら、訓練は向かいの建物2階から人形を背負って救助する訓練。
まずは、教官がお手本を。
111120_10020001   



訓練用の人形の近くに行くと、
人形の顔には、何故か『ゴルゴ30のデューク東郷』の顔が。。(笑)

            __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./
    | |          `-;-′         |  |
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i 
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |
    .|    ヽ         !          ./   .|
    ,,|     ヽ.         |        ./     |、
    |\.     ヽ            /     /.|
   .|.  \.      ヽ、____   ___/    /   .|
   '     `            ̄ ̄       ´     '

しっかし、このデュークが、意外と重いの なんのって!!
30kg位の体重だと聞いていたものの、
それ以上の重さに感じるのは、ジメッと水分を吸ったデュークだから??

はしごを降りる時も、デュークを落とさないように、
必死に、はしごに掴まるのが先になっちゃって、
はしごの足元が見えず、
ソロソロと一段一段降りて行くのがやっと。。。
111120_10410001_2

教官の「あと3段、・・・2段、・・・1段。」という言葉掛けに助かった。

地上に到着したら、今度はデュークを背負って、再び災害の現地まで戻れという指示。


お、重いっ!!デューク、イイもん喰ってるんか?!
デュークのケツを持ち上げてくれる補助員が居なければ、くじけそうな位の重さだ。。

111120_11090001

続いての訓練は、壁伝いにロープ1本でデュークを降ろすという訓練。
111120_09570001   

ロープワークは、キャンプでもやっているので、本からでも学べるのだが、
助けられる人の「不安な気持ち」や、助ける側の首をザイル紐の摩擦から守る為に「襟を立てる」ことや「紐にねじりを付ける」等の『チョットしたコツ』や、助ける側の見えない不安などは、訓練を通じて学べたことだった。

|

« 翻訳って、オモシロイ♪ | トップページ | ゴメンナサイ »

コメント

デュークと私、どっちが重いかな・・・sweat02
いつ助けてもらうことになるかわからないし、少し減らそうかな。
車の燃費も悪いだろうしcatface

投稿: ひでりん | 2011年11月25日 (金) 20時35分

★ひでりん
そりゃ、デュークです!!
ひでりんならば、前に後ろに右手に左手と、4人位抱えてみせますっ!(・ω・)=з

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年11月25日 (金) 23時12分

訓練お疲れ様でした!今度はデュークを担いでゴルゴ風の渋い顔をしたおやじさんの写真を載せて下さい・・(笑)

投稿: RW | 2011年11月27日 (日) 06時37分

脱出できなくて助けが必要な人は、
何も女性子供ばっかりじゃなくて、
もしかしたら小錦みたいな巨体もいるかもしれない・・・

と思うと、こういう訓練って
いろいろパターンを考えてやらないといけないんですね。

投稿: まき子 | 2011年11月27日 (日) 20時47分

デュークの重さにはきっと耐えられそうな気がするけど、梯子が無理!
高所恐怖症では助けられるものも助けられんと悟りました・・・何とかしたい!

投稿: Ben | 2011年11月28日 (月) 23時25分

★To RW
次回は渋めに眉のしわを寄せて頑張ります(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年12月 1日 (木) 01時16分

★To まきっコ
「欲望」に限りなしと同様に、「想定」に限りなし、です!
小錦の場合は、ご自分で努力いただくか、クレーンを使って。。。(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年12月 1日 (木) 01時19分

★To BEN
・・・エっ! そっち?!
上段からミニスカが降りてくるならば、克服できる??

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011年12月 1日 (木) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/43108272

この記事へのトラックバック一覧です: レスキューのちょっとしたコツ:

» 恐怖症は治せます! [恐怖症が自分で改善できる!恐怖症完全改善プログラム]
諦めないで下さい!恐怖症は、決して治らない病気ではありません。恐怖症の改善、パニック障害やあがり症、に関連した症状について情報を集めました。 [続きを読む]

受信: 2011年12月 8日 (木) 08時05分

« 翻訳って、オモシロイ♪ | トップページ | ゴメンナサイ »