« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ロマン

「海のグレート ジャーニー展」というのを、見に行ってきた。

墨田区出身の探検家・関野さんの、
「セーターを編んだという人も羊から毛を刈って編んだわけではないよね。
 物作りを自分たちで自然からとってきてやってみないか」

という呼びかけで、樹木から舟を作って、
インドネシアから沖縄までの海を渡ってくるという、壮大な浪漫。

樹木を斬る道具は、「海岸の砂浜から砂鉄を集め、それを溶かして道具を作る」という徹底振り!!
コンパスとかGPSは使わず、島影・星・五感だけで、4400kmもの航海を続ける。

船上の食料も、釣った魚を料理して、自然の恵みを、命を貰いながら旅を続ける。

『海のグレートジャーニー』は、2月12日(日)16時~フジテレビにてOAされます。


まったくもって、葛飾のお隣り墨田区に、こんな凄い施設があるとは知りませんでした!!

さてさて、この施設、世界各国の「雨水プロジェクト」も紹介している。
葛飾区内でも、雨水を貯水するタンク(ミニダムといいます)を良く見かけるが、
M_dam_img_2

世界には、こんなに沢山の種類の雨水タンクが有るとは知りませんでした!

なかでも、この、ウヰスキー樽の雨水タンクが気に入りました♪
(写真、右から2番目)
P1010992

さて、世界を見渡すと、雨水はきれいな水として、大事に飲み水などに使われている国もあることを知りました。
中でも、タスマニアの雨水は綺麗なあまり、ボトルに詰めて売られているそうです。

ドイツでは、道路の石畳の隙間から雨水を吸収し、緑を増やしたり、家庭の地下には大きな貯水タンクがあるんだと。。
P1010984
雨樋から集めた雨水をウヰスキー樽の中に集め、その雨水をガーデニングに使ったり、
雨水で育てたリンゴで作ったアップルパイの写真などが紹介されていた。

墨田区では、国技館や大江戸博物館などでも雨水の再利用をしているらしい。

・・・進んでいるなぁ、墨田区!!


雨水タンクが無くても、気軽に取り組める方法として、
「樋」を使った事例として紹介されていたのがこれ!
P1010991
樋に切り口を入れて、杓文字のような金具でホースに水を流して貯水する。
・・・おお、これなら、我が家でも出来そうでーす!

我が下町のエリアで考えると、「水の再利用」という観点ではなく、
雨水が下水に集中しないよう、「水害対策」として
この仕組みを考えてみても良いのではないかと思った。


施設名:墨田環境ふれあい館
住所:東京都墨田区文花1-32-9
TEL:03-3611-6355

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟からの贈り物

ここ数年、毎年この時期になると、
新潟県白根地区の大凧が、荒川土手に舞います。

ホントに大きいんです!!
P1590546

この大きな凧の、こーーーーーーーなに長い太い綱を、
P1590576

葛飾の中学生達みんなが引っ張りながら土手を走って、
P1590563

大凧が空を舞います!
P1590556_2

その脇では、ちびっ子たちが小さな凧をあげまくります♪
P1590529

毎年、思うのだが、
なんて、空を見上げる人の顔ってステキなんだろう!!!
P1590591

小生も、今年は大凧の綱を握らせてもらった。
大きな六角凧で、大空高くあがった凧は、たくさんの風を受け、
かなりの力!!!

本気で踏ん張らないと、空に身体を持っていかれてしまいそう。。

なんだか『縁起モン』を握らせていただいたような気がする♪


ところで、新潟といえば、最近気になる場所、
・・・それは、角田山の麓。

新潟なのに雪も殆ど積もらず、高い湿度が有り、夏場の熱集積が高く、降雨が非常に少ない。。。
そんな好条件の角田山麓の砂地で始めたワイナリー。

1992年に他の土地から住み着いて始めたというカーブドッチは、
わずか20年の内に町まで変えてしまった。
Wain01

すごい努力の20年を感じる。。


一度、行ってみたい。。。
そして、この丘で呑んでみたい。。。

wineカーブドッチのHPwine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひたすら「地味」編


若い頃には「花」なんて何の興味もなかった。
今になっても、「綺麗な花だなぁ」と思っても、その花の名前を殆ど知らぬ。

そんな小生が、花菖蒲と関わり始めたのは、
荒川土手でソフトボールを子ども達に教えている時の夏の日射しが強い中、一人黙々と草むしりをしているジッちゃんとの出逢い。

小生:「こんな暑い中、一人じゃキツイでしょ。手伝いますよ。」
と一緒に草むしりをし、草むしりが一段落するとジッちゃんが語り始めた。

ジッちゃん:「咲いた菖蒲を、葛飾区内の公共施設に分けたいんだ。」

おいおい一口に公共施設と言っても、区内の小中学校、警察、消防署、公民館・・・などなど、相当な数だ。
ジッちゃん一人では一生かかってもやりきれないじゃないか。。。

小生:「わかりました、一緒にその夢を実現させましょうよ」

花が咲くのは一年に一回だが、手入れは一年中だ。
しかし、雑草を抜くという手を加えるだけでも、花は、より一層大きな花を咲かせてくれる。

荒川土手の菖蒲田は、バックにスカイツリーが見える場所。

6月の菖蒲祭りの時期になると、小中学生は、授業で大きく咲き誇った花菖蒲の写生を行い、
また、祭りの時期には10万人近くの観光客が訪れてくる。

そして、満月の夜には、菖蒲の花を天ぷらにして、
一年間の感謝をしながら、花の命を頂く。

菖蒲の花が咲き終わったら、菖蒲の株分けを小中学生に体験させ、子ども達とその親たちに、花菖蒲を広めていく。

実は、荒川土手は、災害時の町内会の避難場所でもある。
しかし、 木陰が無い為、夏は暑く、冬は凍てつく寒さの場所。
その為、野球やサッカーをする子どもたち以外は、土手にあまり寄り付かない場所だ。

そんな土手へもっと来易くすることも、町の大事な防災だと思っている。

今は、花菖蒲だけでなく、彼岸花も植えて、子どもから年配者まで楽しめる土手作りを、地域の輪をを広げることが、これもまた災害に強くなる町作りだと思うわけよ。

というわけで、今日は、菖蒲田の整備の日。
P1010998

雑草を取り除き、菖蒲の枯葉を一つ一つ取り除く。
P1010999

新しく生えてきた緑の葉っぱに、たくさんの太陽が当たるようにするためだ。
太陽に光を沢山浴びた葉っぱは大きく伸び、それが大きな花を生む。

とはいえ・・・・

ひたすら、地味だぁああああ~!

腰が痛くなるほど、地味な作業ですっ!!
一人では絶対、くじけちゃいます。。
みんなでやるから、出来ることだし、楽しいのよ。

枯葉を取り除いた後は、オルトランという肥料をまいていきます。
P1020010

早く、大きくならないかなぁ。。。

大きくなると、こんなきれいに咲くんですよ。
P1570834
(昨年6月撮影)


菖蒲田の枯れ葉取りが終わってからは、みんなで荒川土手を散策。

こんな、綺麗な三つ編みの枝を見つけました!
自然って、不思議だね、こんな素敵に器用に枝を絡ませていくんだから。
P1020015

土手に住みついている「主」とも出会えました。
P1020011

主は、枯れ草の近くで、日向ぼっこをしていました。
P1020013

そんな、寒い寒~い、荒川土手の一日でした。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

誰か通訳してくれっ!!

抜歯をして1週間が経った。
今日は、歯形を取ってきた。
(・・・というか、歯が無いので「歯茎の型をとってきた」といった方が正確か。。?)

前歯4本が無い状態の自分の顔を見ると、自分が「あしたのジョーのサポーター役」みたいな気になってくるから不思議だ。
Cocolog_oekaki_2012_01_28_01_05

歯医者の先生は、いつもの真田広之風のイケメンDr。
(しかし、本日は先生の奥さんである長谷川京子さんはいなかった。。。。)

真田広之:「はい、オヤジさん、これを噛んでいてください」
と、治療中に、綿みたいなものを噛まされる。

真田広之:「離さないで噛んでいてくださいよ。」
小生:「ふあひ。」(綿を噛んでいるし、歯が無いし、言葉にならない。。)

真田:「さて、いよいよ来週、歯が4本出来るわけですが、3つの色の中から
 オヤジさんが好きな歯の色を選んでください。」

真田:「いいですか、よーく、色を覚えておいて下さいね。1つ目はコレです。」
小生ココロの声;(結構、白い歯だなぁ。)

真田:「2つ目はコレです。」
小生ココロの声:(これは黄ばんでいて、ヤニだらけの他の歯と同じ色だなぁ)

真田:「3つ目はコレです。」
小生ココロの声:(これは、やや黄ばんでいるかなぁ。。)

真田:「さあ、オヤジさん、どれが良かったですか??」
小生:「ほへへもへーけほ、にはんへははぁ。。。」(どれでもいーけど、2本目かなぁ)
真田:「はぁあっ?!」
小生:「へんへー、ほのほーはいへは、はあへはいほー」(。>0<。)
    (先生、この状態だと話せないよー)crying

・・・・おいおい、誰か通訳してくれっ!!!

結局、身振り手振りで。。。

真田:「これですか?」
小生:「sign04bearingsign04

真田:「じゃぁ、これですか?
小生:「goodsign01
真田:「あ~、これですね?」
小生:「・・・(再度)goodgoodsign01sign01

結局、やや黄ばんだ3つ目の歯をオーダー。
あんまり白い歯にして、キラリンshineと眩しくなってもイカンでしょ、スタアでもないのに。

2月8日になれば、新しい4本の歯が装着されるっ!!!scissors

| | コメント (2) | トラックバック (1)

悶々

悶々とし、ココロ痛い日々が続いている。
身体にも異変が起き、右耳の鼓膜がパタパタと痙攣してうるさい。

「鼓膜」って、けいれんするんだぁ・・・と感心した!

ふと、空を見上げれば、サクラの木は春の準備をしていた。
P1010892


自然から学ぶこと・・・・

大きいなぁ。。。


「鼓膜」といえば、謎なことがある。

高速エレベーターに乗った時や、新幹線でトンネルに入った時に
耳の鼓膜が、「キュン」と痛くなるが、
そんな時、「処女膜」もキュンとするのだろうか???

ナゾです。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自己分析

まるで冷凍庫の中に居るように、寒い休日だった。

子ども達は遊びに出かけ、かみさんも外出し、小生一人っきりでお留守番。
hana(愛犬)もいたのだが、ヤツは昼寝・・・zzZ


咳をしても一人。(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

おならをしても一人。 ○|_| ̄ =3 ズコー


たった一人の為に、ストーブを点けるのは勿体なくて、
お酒を温めては呑み、身体も温めるというエコな2日間だった。

こんな天気なので、ソフトの練習も中止で、2日間も家に居続けるなんて
ホント、久し振りっ!

・・・なので、

ウクレレを、いっぱ~~~い練習しましたヽ(´▽`)/

ネットを見ながら練習しているので、とあるイケメン兄貴が「ウルトラマン」の写真をアップしているのを見ると、
・・つい、ウルトラマンの曲に脱線。。。。。


IWAO師匠のブログで、斉藤和義さんとの思い出について書いている記事を見ては、
これまた、つい、斉藤和義さんの曲に脱線。。。。

ホントに練習しなくちゃならない課題曲は
別にあるのにぃーーーーーっ!!!(≧ヘ≦)


「まるで、試験前になると部屋を片付け始める学生の頃と、
全く変わっていないなぁーーー」と、自己分析した2日間であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

創意と工夫

美人と見つめ合うのならば良いのだが、
ここ数日、細かい莫大な数字の資料とニラメッコ。

小生:「やっぱり、資料に文字と数字だけだと飽きちゃうなぁ。。」
イケメン社員Nくん:「そうですねー。」
小生:「やはり、資料にもお色気が必要だよな。。(グリグリ・・・マウスでお色気画像をエクセルに挿入)
イケメンNクン:「いやぁ、こうすればこうなる、と判りやすいです!
    でも、よく、会社のPCにそんな画像をDL出来ましたねー!」
小生:「成せば成る、なんにおいても創意と工夫だ。」
イケメンNくん:「勉強になりました!」
小生:「うむ。」


私生活はと言えば、4つの歯を失い‥‥、
新しい歯が出来る3週間後まで
朝は「お粥」、昼は「お蕎麦」、 おやつは「タマゴポーロ」、夜は「日本酒」と、
・・・まぁ、噛まなくてもなんとかなる平和な日々だ。。

しかし、お仕事での事件は、容赦なく降り注ぐもんだ。。
なんと今週、「接待」の約束があったのだった! Σ( ゜Д゜)ハッ!

小生一人だけ喰わずに呑んでいるというのも不自然であるし、
「食べられないから。」という理由で接待日をリスケするのも、間違っている気がするし。

おじや各種だけの居酒屋なんてのも知らないし。。。

・・・・・困った!!

迷った挙げ句、噛まなくても済み、
尚且つ、呑む時間も作れるお店と言えば・・・「もんじゃ焼き」!!

コレなら、なんとか形になるだろうし。。。
月島に行くのも、もんじゃを食べるのも初めてという東京人も、以外と多いしね。。。

接待先の美人OL:「月島、初めてなんです!」
小生ココロの声:(しめしめ♪)

接待先のイケメン社員:「もんじゃ、食べてみたいです!」
小生:「え~っ!まじでぇ!?」

ん???・・意外と好評じゃない?!、モンじゃ接待!
・・・ハイハイ、おじさんがつくってあげますよ~♪ ( ^ω^ )

2つばかり作り終え、
作り方を教えたら、その後は美人OLに作り方を覚えて戴く。

これで次回の接待からは、作らなくても済むし、楽になれるのた♪
Nm_0842


| | コメント (8) | トラックバック (0)

「禁句」という社会学

最近、とある家庭をみていて、つくづく思うことに、「子どもに言ってはならない言葉」ということ。

ジツは、どの世界にも「禁句」というのがある。

例えば、子どもに向かって「誰が金を払ってやっているんだ!」という言葉は禁句だ。
小学生は働いて金を稼ぐことが出来ないのに、それを言っちゃぁお終しまいだよ。

なかなかストライクが入らないピッチャーに向かって、「ストライクだけを入れればいいっ!」という言葉は禁句。
ヤツだって、好きでフォアボールをしているんじゃないし、必死にストライクを入れようとしているんだから。。

夫婦間で「離婚だ!」というワードは禁句だ。
喧嘩やいざこざがあっても、なんとか一緒に頑張ろうと何年も何年もかけて、それでもうまくいかなくて苦しんで、その結果が離婚だと思うし、「離婚」と言う言葉は、最後の最後の言葉だと思う。

会社の中では、「お前なんかクビだ!」といった瞬間、パワハラという言葉がある今の時代、言ってしまったヤツ自身がクビだ。


「放送禁止用語」や「禁句」は、国によって違う。
なぜなら、禁句は、その国の文化背景によるからだ。

文化の成熟・成長につれ、「禁句」も時代と共に変化していく。

「OL」と言う言葉は放送禁止用語だが、その背景は、その時代「お茶出しの役目は女性社員の役目、OLの仕事」という時代背景があったからだ。
今や、男女関係なく、社長だろうが取締役だろうが、気持ちでお茶を出す時代だ。
今や「OL」という言葉にはバリバリ仕事をする女性像が目に浮かぶ位だ。

小生が学生の頃、女性トイレにある使用済み生理用品入れは、「汚物入れ」と書いてあった。
生理は汚物なのか!?生まれたお前は汚物なのか!?」という議論から今や「汚物入れ」とは呼ばない。
「サニタリーボックス」と横文字で言えば済む話ではない。

映画「天空の城ラピュタ」の中では、「バルス」が禁句だが、
      ,.-――-、_      _,-===、
     .j __ -=ー (     / ,r'~ ̄~`ヽ
     |__,.ィテテテミL    レ' ,ィ , ,ィ;、 )  バルス!
     ,r./''立 '立リ    /,、「'ェェ'~ィェ'V |
     ヽ_、" ,.__,"ノ'    Vヽ" ,._', "ノノ
      ノヘ==ィ'___    ~`iヽ二r'~
   /`「 | ゚̄~F 1 / \/~ ̄`ー┴‐'~\
   j  | .〉  | 〈 !   \,rrィヘヘヘ  ヽ  l
  |   〉 |   ! ||/  人((l _,.-'’  !  |
  「ー-/  |  || 〉゙-、(__ノ/    ,イ r'
 `r--┤_|___!__」___)   ├ー'~〔o〕┤「~「
 | ||   ゙̄ー' ̄|   / ̄ ̄ ̄ ̄\ |
アメリカでは「ラピュタ」という言葉自体が差別用語らしい。なので、アメリカでの題名は「Castle in the Sky」らしいが、
・・・必要なのは「何故、その言葉が禁句になっているのか」と言う背景を知ることだと思うのよ。

小生は、いまだに「子ども」のことを「子供」と書く気にはなれない。
それは、「子」を「供える」と読んでしまうからだ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

本質を見抜け!

終える仕事・始まる仕事、それぞれが大きく動き始め、
やればやる程、徐々に忙しさのスパイラル状況になりつつ。。

しっかりと見据えようとしても、こんなふうにウニョウニュしていて、本質を見間違えたり。
Sakuras2b_2

20111007_2090170_2


有るはずの無いモノが見えてきたり、
Img_424429_6550460_9

あたかも、こんな標識のように、一体どこに行けばよいのか的に。
Kara02

・・・でも、「振り出しに戻る」という選択肢と、「新しい道を作る」という選択肢が有るじゃん♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

生み出す

仕事中、事務所内に、ピン・ポン・パン・ポーン♪

と、鐘が鳴り「献血のお知らせでーす」とアナウンスがあった。

イケメンNクン:「オヤジさん、献血行きますか?」
小生:「俺は献血をできない身体なんだ。」

イケメンNクン:「・・・ドロドロに汚れきった血だからですか??」
小生:「そ、そうとも言うが、『薬』をやっているからダメなんだ。」


そんなことよりも、先月から腫れ上がった歯が膿んできたのか、
口が、中にウンコが入っているみたいに臭いっ!!

午後の仕事の予定が空いたので、「歯を治しにでも行くか!」と
専属の歯科医に TEL予約をしてみる。

小生専属の歯科医は、真田広之にソックリのこイケメンDrで、
助手の奥さんも、これまた美人で、長谷川京子さんにソックリだ!!


真田広之:「オヤジさん、どうしました?」
小生:「前歯が膿んで、口の中がウンチみたいに臭いんだ。膿みを出して欲しい。」

真田広之:「どれどれ・・・これは、折れてるかもしれませんねぇ」
と、レントゲンによる撮影会の結果、、、、


真田広之:「オヤジさん、竹を割ったように折れています。なんかやらかしましたか?」
小生:「いや、思い当たる節が無い。」
小生ココロの声:(「竹を割ったように」なんて言われると、褒められている気になっちゃうじゃん♪
それより、いよいよ、オレも入れ歯になっちゃうのか!?・・もう、50だしなぁ。。)

結果・・・・麻酔による緊急手術で、砕け散った歯茎をグイグイと取り除き、長谷川京子さんによる口内バキュームをしていただき、その間、麻酔よりも長谷川京子さんの香りに酔い、

膿みも出し、仮歯を乗せ、歯肉が盛り上がってから歯形を取り、
2本綱渡しブリッジを作成するという、
長~い期間の危ない橋を建てる手術が続くこととなった。。。


とりあえず、今日の仮歯は、パンを食べても取れちゃうという仮歯らしいので、
今夜のご飯と明日の朝食は、「液体のお米(=日本酒)」または「液体の小麦(=麦焼酎)」等と、工夫をせざる得ないワケだ。


そういえば、最近、長谷川京子さんのCMで、ドキッ♪とするCM。
・・・こういうお色気CMは、つい見ちゃうし。。。ずるいよ、LIONさん。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

我が家のhana

我が家にやってきた時は、こんなネズミちゃんみたいだったのに、
P1550686

いっぱい走って、
冬が過ぎ、春が過ぎ、夏が過ぎ、

秋も過ぎ、
P1010265

・・・こんなに大きくなりました!
P1000142

朝、起きると、

目が合います。。
P1560072

すると、

目覚めのキッスの嵐です。。。
P1560885

散歩に行くと、

電車に夢中です。

上り線を見て・・・
P1000396

下り線も見て・・・
P1010270_2


気分は、「駅長さん」です。
P1010872

散歩が足りないと、
「家に入るのがイヤダ!」とすねたり・・・
P1010279


家に帰ると、
ゴロゴロ・・・・・
P1000079

気持ちよくて、Happyyyy♪
P1000136


そして、小生の下手くそなウクレレにも耳を傾けてくれて・・・。
P1000385


hanaは、いい友だちなんです♪
もうちょっと、躾けて賢くさせないとなぁぁ。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「東北の寒さ」を思う。。

P1010369

寒い一日だった。

今年初めて氷を見た!

東京での氷は、指で押せばパリンと割れちゃう薄い氷なんだが。

昔は、風呂上りのタオルを一晩干しておくと、
明け方にはカチカチに凍ったタオルになっていたんだが、最近はそんなことは無い。

日中、日差しがあるものの、空気が冷たい。
コートの襟をたてて、池袋・大森・恵比寿と仕入先を巡る。
Ncm_0834


昼には東京にも地震が。。

もしも、東京大停電になってしまったら、
この寒さの中、小生は頑張れないかもしれない。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「てんかん」の見極め、むずい。。

帰宅路での駅の階段での出来事だった。

降りようとした階段の下の方から「ドッ、どっどっ、ドスんっ!」と
いう鈍い音と、「キャーッ!」という悲鳴とが聞こえ、
急いで人を掻き分け下に降りる。

階段の中腹で、黒いコートを身にまとった男性が裏返っていた。

・・・行き過ごす通行人、立ち尽くす通行人。。

携帯電話を握りしめていた美人が目に入ったので、

「あなた、119番して救急車を呼んで下さい」
近くにいたおじさんには、
「あなたは、駅員を呼んできて下さい」と、お願いする。

「大丈夫ですか!」と肩をたたきながら声をかけ、彼を観察する。
頭の外傷はなく、両手の甲を軽く損傷。目の動きがないが、脈は有り。

小生:「救急車、呼んでくれたか?」
お嬢さん:「今、呼びました!」
小生:「ありがとう」

時計をふと見て、彼の観察を続ける。


「大丈夫ですか!指、動くか?」声をかけながら手をさすりながら、体温・口が動くかをチェックする。

指が動き、唇が動き始めた。
よく見れば、若いイケメンだ。
まるで、韓国俳優のイ・ビョンホンみたいなイケメン。

そこに、次の電車が到着し、再び、人がなだれ込んできた。

小生:「駅員さん、降りてくる人がこっちに来ないように誘導して下さい」
駅員:「わかりました!」

次第に彼の口が動き出した。
小生:「大丈夫か?」
なんか口が動くのだが言葉にならず、目が空を舞っている。

『もしかして、日本人ではないのか?』と思い始め、
「Can you speak Japaneas?」と話しかけてみたが通じない。。

駅員さん:「アンニョンハセヨ」と言ったら
彼:「アンニョンハセヨ」と答えた。

一同:「韓国かぁ」
小生:「韓国から来たの?」


・・・挨拶言葉って、大事だなぁ。。


徐々に、イビョンホンは喋りだし、
そして、立ち上がろうとした。
生まれたての子馬が立つように、よろよろと。。

怪我していても立とうとするのは、動物の本能なのかなぁ???


救急車が到着したので、イビョンホンは救急隊にトスして帰路に戻った。

今回は、お嬢さんが119番通報を気持ちよく引き受けてくれたし、
その場に通り合わせた、別の韓国人が通訳をしてくれたり、
通りがかりのおじさんも協力してくれたり、
やっぱ、下町はいいなぁ。。。と思った夜だった。

帰路を歩きながら、彼は「てんかん」ではなかったか?・・・とも、頭をよぎる。。

「てんかん」の症状は見分けが難しい。。。
しかし、見極めが遅れると、死亡してしまうし。。

しかも、外人の救助って、言葉が通じない分、時間を要して
かなり難しいもんだなぁ。。
もっと観察力を磨き上げないとなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

残った「餅」で

1月も半ば近くなると、お餅が中途半端な数で残ってしまう。。
まるで、3つしかないショートケーキを4人で食べるようなもんだ。

・・・となれば、薄く切って「餅シャブ」にするか、
細かく刻んで、「もんじゃ」か「ピザ」に入れるしかない。。。


とはいえ、早朝からそんなのを作っている時間も無いっ!
(正直言うと、面倒なだけなのだが。。)


そこで、お餅をピザの生地にしちゃえっ!・・と思い、
餅の上に、マーガリン・マヨネーズ・ケチャップ・ピーマン・チーズを乗せ、
P1010841

オーブントースターで・・・・・
P1010842


チンっ♪

P1010843

  ・
  ・
  ・
 失敗だぁ!!!ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


マーガリンじゃなく、
ドロソース+マヨネーズ+ケチャップにすれば良かった~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

嗜好も成長する

子どもん時、正月料理って大嫌いだったが、
オトナになるほど、正月料理は美味しいなぁ。。と思う。

「七草粥」もその一つ。。

子どもン時は、味気なくて大嫌いだったが、
今は、この味気無さが美味しくてたまらん!

P1010875

『嗜好』というのは、年齢と共に、変わっていくものなんだなぁ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「限界」をこわす

上千葉フレンズの練習始動!

3学期が始まる直前、
まだまだ早朝は寒いし、正月気分が抜けきらないので、
今年最初の練習は、『縁起をかつぐ』練習にメニューにしてみた。

まずは、「体力測定」。
この半年で、どのくらい体力がUPできたのか??
P1010855

P1010851

5分間走っても、疲れない身体に成長してきている!
腕立ても腹筋も、みんな出来るようになってきたじゃないか!!

しかし・・・・・

半年前よりも、数字が下がっている~っ!!!!
「FriendsPower.xls」をダウンロード

いかんわ、いかんっ!!!
縁起をかつぐ為の練習メニューなのに!!

サッカーチームでは正月に「初ゴール」の練習をしているので
野球ならば「ホームラン競争」だろう・・・と思い、

続いての正月練習メニューは、『ホームラン大会!』。

しかし、こいつら、正月で怠けきった体力で、
一体、どれ位、打てるのか?? 一抹の不安がよぎる。。。
P1010857

P1010861_2

意外な選手に、大吉が出たように感じた。

子どもたちは、「一生懸命」に「無我夢中」でやった時の方が、記録を伸ばしていく。

今年、子ども達に話した言葉は
「自分の限界を出せ」。

オトナになればなる程、自分の限界を勝手に作ってしまうが、
昨今の子ども達は、自分の限界にチャレンジすることなく、勝手に限界を作ってしまう。

「自分の限界を出せ」と口で言うのは簡単だが、
子ども達は正直なので、耳で聞いたことだけでは行動をしない。

いかに「欲」を出させ、「感情」に響き、「損得」「勝ち負け」を感じないと
小学生は動かない。


今年、小生が選手達にしなければならんことは、
「ヤツラの限界を、いかに楽しみながら夢中にさせながら、広げるか」
であるなぁ。・・・と感じた練習初めであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の雑煮

下町育ちの家内が作るお雑煮。
P1010796
鶏のササミを使った、あっさりスッキリした汁。
お餅は焼いた四角餅が形崩れないように直前にお椀に入れる。


一方、静岡と長崎のハーフである小生が作るお雑煮。
鶏はモモ肉を使い、白菜・人参・大根・落とし卵など、具材で箸が立つ位のゴテゴテ汁。
お餅は鍋の中で温めるのでドロッとした感じに仕上げ、青海苔をたっぷりかける。
P1010827


お雑煮は、地域によって色んな種類が有るので、
友達と一緒にいろんな雑煮を作って食べあいたいなぁ。

さて、
アサヒ缶ビールにスカイツリーバージョンが登場!

このスカイツリーの絵は、温度によって色が変わるんでっせ♪
冷えている時には「ピンクのスカイツリー」。
P1010720

呑んで缶がぬるくなっちゃうと、
「ブルーのスカイツリー」に変化します!!

なので、どこまで呑んだのかが一目瞭然っ!!!
 (。。。んで?・・って感じですけど。。)
P1010721

(・・しかし、写真で見るとピンクのスカイツリーが ●ンドームの形みたいで卑猥だなぁ。。。ボソッ)


駒込で見た一升瓶ビール。(いや、一升瓶よりも大きいかも!?)。
・・・これも、正月に飲んでみたい一品だなぁ。
111115_16150001


| | コメント (10) | トラックバック (0)

はしご●●

元旦の朝。
こんな不思議な雲を見た。
P1010799
小生も幾つかお店をハシゴしますが、
生まれて初めてです、雲がハシゴしているなんて。

辰年だから、「龍」みたいにも見えます。。

でも、この日の夕方、関東に地震が。。

そういえば、初詣に行った高尾山の写真にも・・・!
P1010811

なんと、なんと地震雲が!!!


さて、元旦の高尾山は、意外と空いているんです♪

ケーブルカーだって、
P1010802
・・・ガラガラ。

リフト乗り場だって、
P1010804
・・・ガラガラ。

高尾山は、天狗で有名ですが、
こんな標識も有ったんですネ!!
P1010817

意外と、高尾山は「北島ファミリー」で支えられていること、今年初めて気付いた。(笑)
P1010814

毎年、絵が変わる高尾山の枡酒。
P1010822

毎年、ゆみ先生に書いてもらう我が家へのメッセージ。
P1010809

今年がどうなるかなんてわからない。
明日がどうなるか、1秒後がどうなるかだってわからない。
俺は凡人なんだから。
P1010813

思い辰っ(たっ)たら、すぐ行動!
悔いのない毎日その時、
喰い残すことのない呑み残すことない毎日その時を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年も突っ走るぞ!!!

今年の目標・・・色々ボーっと考えた挙句、
『強い60歳になる!』
です。

今年、49歳を迎えるわけで、50代に間もなく突入するわけで、
しかし、我が血筋では50代は鬼門。60まで生き延びたヤツはいない。
なので、小生は、息子の為にも歴代を塗り替えないとならぬ。

小生、普段は常に全開MAX・崖っぷち・1万m上空を走っているつもりだが、
チョットした怪我・病気で、地面スレスレまで急降下してしまうのが小生の欠点。。

今後も、いつ怪我をし、病気もするかもしれないので、
地面スレスレまで落ちても、這い上がれる体力と精神力を
この10年間で養い、いろんな意味で、強い60歳を目指すのだ。


・・というわけで、元旦早朝からマラソンを再開しました!!
(まずは出来ることから。。)

過去、1km7分という悪い記録を持っているので、
今年は11月までに1km3分代達成を目指し、
マラソン大会に出場します!!! (鼻息荒っ (笑)


さて、正月の酒は、コレをチョイス。
P1010723

加茂福のラベルを見ていたら、なんだか縁起が良いような気がしたんで♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »