« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

ゴージャスな赤椿

グランドに向かう自転車を
いくら漕いでも恋でも濃いでも 前に進まないほどの強風だった!!

風は、南から吹いていたから、


あれはもしかして・・・・・・

『貼るは一番』、いや、『春一番』だったのか?!

新宿・渋谷・池袋に行けば、春一番のいたずらである『産物heart』を堪能できたのになぁ。。。
なのに、・・・なのに・・・・

荒川土手で、遥か未来のプッチ・レディーたちをお相手にソフトの練習。

風に舞う砂埃でスカイツリーも、なんとなく黄色っぽくて。
Ncm_0961

黄砂だったのかなぁ???


グランドからの帰宅時は、追い風で、
自転車を漕がなくても坂道を登れる!というタノシイ体験をした♪

・・・まぁ、ホントにそれ位、風が強かったのよ、Tokyo Todayは。

午後は、冷たい雨に一変し、
咲きたての椿が 雨の中でひっそりと光っていた。

P1020510


椿も、紅白に並ぶと「縁起が良く」感じる♪

P1020613_3


赤い椿は大きくて、アップで見ると
まるで、ハワイアンなお花みたいで、ゴーージャス♪

P1020614


| | コメント (4) | トラックバック (0)

束の間のアっという間 (@倉庫)

年度末ともなると、社員の異動だけでなく
配置の移動もあり、
Ncm_0957

・・・となると

当然、ゴミの量も半端なく出るわけで。

会社のゴミの量っていうのは、ホント、半端なく多いね!!
Ncm_0925

部屋が足りないと言うことで、ゴミ箱のようだった倉庫もカラにしなくてはならず、
ごらんのようなすっからかんに!
Ncm_0926

こうしてベッドにして寝ていられるのも一日だけで、
1322647196645

あっという間に、ベッドは撤去され、机が配備された。。。
来週から、新年度だぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

女と男の感覚の違い

『男から見て「何故と思う女性の行動」ランキング』を見ると、確かに4位と5位には共感するよ。。

小生にとって買い物は、インスピレーションで衝動買いが基本だし、
迷っているくらいならば買わない。

一粒で2個楽しめるというグリコ・アーモンドも、まさしく女性に受け入れられる商品なんだなぁとも思う。

一粒でもしっかりとその一粒を美味しく味わえれば良いじゃん・・と思うのは、
どちらかと言えば男性に多いんじゃないかなぁ。。。?

昔、養護施設職員だった頃、高校生たちに女の子達が見ているマンガを使って、
「女の子の心理」と「男の子の心理」との違いを教えたことがある。

小生:「このマンガの台詞欄に、なんて言っているのか埋めてごらん。」
Sample1


当時「おにいさん」と呼ばれていた小生は、
高校生達から「えーー、お兄さんもこのマンガ読んでるのー??」と言われつつ、
小生:「これは初体験の時のシーンだ!この男と女はなんて言っていると思う?」と尋ねた。

女子高生達は照れていたが、そんな女子高生に男子高校生は意外とノリノリで、
ボーイズ:「そんなの簡単ジャン!『痛くしないからさ』で、『いやんっ』でしょ?

それに対して女子高生達は猛反論!
ガールズ:「そんなわけないじゃん!『大丈夫』の次は『ゴム付けてるから』でしょ!
『嫌っ』じゃなくて『痛っ』に決まってるジャン!! バカじゃん!!」

ボーイズ:「大丈夫、の次は『痛くしないから』に決まってんだろっ!!」

・・・まぁ、ボーイズたちは当時から明らかにエロ本の見すぎだったわけよ。(笑)


「ちなみに答えは、痛くしないでもなく、ゴムをつけるでもなく、こうだったんだけどね。」と原作を見せながらも、
Sampleorg

それぞれの異性の考え方の違いを、ヤツラなりに感じ取ってくれたわけよ。

・・・あの当時に行なった小生の性教育って、こんなもんだったけど、
今の小生なら、その感覚の違いを受け入れさせるような、もうちっと ましな性教育が出来るような気がする。。

60歳まで生きられたら、また、教育の現場に復帰したいなぁ。。
その時は先生ではなくて、「地域のオヤジ」として。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旬な筍

ここのお店のメニューには、いつも度肝を抜かされる。

メニューには「いか」と書いてあるだけなのに、頼んでみると一杯のイカを思う存分、楽しませてくれるのだ。
先ずは「お刺身」にして出してくれて、「ぬた」も楽しませてくれて、最後は焼いてくれて。。。
全くもって、メニューからは想像出来ない料理が飛び出してくるのだ。

むしろ、「いかワールド」とか「いか食べつくし」とかいうメニューならば、なんとなく想像できるのだが。

しかし、逆に「いか」とだけ書いてあって、「どんな料理が出てくるんだろう??」というこの店ならではの楽しみ方でもある♪


この時期の旬といえば、「筍」。


うーーーーん、、、
「旬」と「筍」・・・老眼な小生にとっては同じ字に見える・・・(@Д@;

んなことは さておき、

この魅惑的な筍料理には、完全にウットリと酔いました (=´Д`=)ゞ
P1020487

食べやすくカットされた筍はホクホクしていて、甘みが有って、
おいひ~~~っNikoniko_s


白くて薄皮の部分には、ほんのりと梅肉を乗せてくれていて、
春の香りを堪能させてもらいました。
P1020488_2

季節のモノには、やはり、命のエネルギーを分けて貰えるネ!
素敵なお料理を食べさせてくれて、ありがとうございます。


【お店情報】
店名:やなぎ
住所:東京都中央区八重洲1-8-11
TEL: 03-3275-2990

| | コメント (6) | トラックバック (0)

想いを馳せる

中央線に乗って西へ。。
その帰り道、久々に「車内放送」なるものを聞いた気がする。

車掌:「途中、三鷹に22時36分、中野に22時47分、新宿22時51分、終点東京には23時6分に到着予定です。」

最近、列車のアナウンスといったら、次の停車駅名位しか聞いたいなかったので、停車駅のこんなに長いアナウンスは、とっても新鮮に聞こえた!

乗っている側とすれば、この列車が目的地の駅に停車する列車なのかが判れば安心するだけで、
決して、目的地の駅に何分に着こうが構わないワケなのだが。
なのに、・・・つい、腕時計で時間を確かめたりしてしまう。

そういえば、小生がまだ思春期だった頃、
中央線には、遠距離普通列車がまだまだ沢山走っていて、
新宿発の長野行きや松本行きの普通列車に学校帰りに乗って帰ったものだ。

車掌:「途中、高尾に21時40分、相模湖に21時○分、上野原に・・、猿橋に・・ 大月に・・、笹子に・・、勝沼に・・、甲府に・・、 竜王に、小淵沢に、 塩尻に、・・・終点松本には、」と言う終点に到着時刻は、明日の時間になっていたような気がする。

しかも、車掌さんが案内する駅名の多さに、
まるで、相撲の結びの取組前に、「なとり」たちが土俵で懸賞の垂れ幕をたくさん持って、延々と回り続ける感じに似ていて、駅名を聞いているだけでも楽しかった♪
Images_1_2


まだ子どもだった小生にとっては、まだ聞いたこともない駅名に、
「どんな町なんだろう?」「そこの町には俺の将来のお嫁さんが住んでいるのかなぁ?」と、ワクワクしたのよ。(まぁ、男子校の思春期だったんでネ)

最近、列車の車内放送を耳にしないが、いつ頃から辞めちゃったんだろか?

旅行・地域 | | コメント (8) | トラックバック (0)

店を選ぶ「個人差」。

この時期は、送別会に次ぐ送別会。→そして、歓迎会に次ぐ歓迎会。→そして咲き始めから散り際までに至る、花見に続く花見。。
・・・と、「走馬灯」のように、或いは、「アイドルの過密スケジュール」のように、呑み会が続く『嬉しい早春』。
2件、3件の梯子は当たり前。 2件、3件のブッキングも器用にこなしていけます♪

色んなお店に行く機会が増えて、お店をチョイスしてくれる大変さは理解しているつもりだが、

「あまり呑まない人たち」がチョイスしてくれるお店と「呑んべ」がチョイスするお店には、明らかに異なる点が数点有る。

まずは、コチラの写真。
この送別会は、『コース料理+2時間飲み放題』というもの。
お料理は、これで4人分。
Ncm_0894
半熟の温泉卵を溶いてサラダの中に混ぜる、という斬新かつ、濃厚な味で美味しかったのだが、、、

・・・そうです、このコースのチョイスは、『あまり呑まない人』のチョイス。
コース料理だと、机の上の小皿が邪魔になるので、次々と料理を取り分けて大皿を片付けていかねばならぬ。。
しかも、呑みたい側としては、「”呑み放題”という言葉の響き」というのは、「徹底的に呑みたい」=「フラフラになるまで呑み続けたい」=「浴びるように呑み続けたい」=「吐くまで呑みたい」=「朝帰りだってへっちゃらサ」ということを意味しているので、『2時間だけの呑み放題』・・・・ありえまてーーんっ!


当然、呑み足らないから、次の店では腰に根っこが生えるわけだが、
そんな時のおつまみは、コレ1つで充分なわけサ。


でーーーーーーーーーんっ!!


Ncm_0903

一応、コレでも、「ハーフサイズ」なのよ。
でも、、居残り3人トリオの我々呑んべには、ピッタリの肴なんです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガード下の魔法@綾瀬

数日間、自分のブログを書き気にもならんかったし、友だちのブログへも遊びに行く気にもならんかった。。
こんなNO天気な小生でも、それなりにズコッと落ち込む事だって有る。。

その間、何処にも呑みに行かなかった・・・わけでもなく、
ただただ写真だけがカメラに溜まってしまった。
(忘れん坊な小生は、パー子さんのように記録しておかないと、どんどん忘れていく。)

・・・ボケが始まったのかなぁ???
覚えていられる脳みその容量も、フロッピー1~2枚程度か、自分??

だから、新しい日々の出来事が起きても、ところてんのように押し出されて忘れていく。。

そんな自分を、「・・或る意味、幸せだなぁ。。」と、思ったりもする。


さて、そんな『写真の山』に埋もれた数枚。

確か、コレは数日前にフレンズの監督・コーチ陣営で呑みに行った時の写真。


千代田線 綾瀬駅ガード下に有るお店「とことん」。

以前、他のチームのチアガールたちと呑みに行った時、お店の和服美人ママさんが印象的で、フロッピー1MBしかない小生のチッポケナ頭の記憶の中に、キッチリと刻まれていたお店だ。

「まだやっているかなー?」と記憶を辿りながら店を探し、入店。
P1020386

そうそう、リーゾナボーな肴の種類が豊富で、大勢でワイワイと呑むには丁度良いお店だったのよ!
P1020388

それに、電車のガード真下なのに、電車の音や振動を余り感じないのも
・・・・やはり、美人ママが居るからなのかなぁ??

そして、何より・・・・・・やはり、美人ママに注いで戴く酒は、
魔法がかかったように美味しく感じる!!confident
P1020394_2

なので、みんな、軽~く魔法にかかったみたいに、ホロ酔い状態になって、
語る子どもたちへの夢も、『葛飾制覇』から『東京制覇するぞー』→『そんでもって、東日本制覇だー』→『日本代表のJapanだナ!!』・・・といった感じで、鼻息も荒くなってくる。(笑)

・・・そんなもんかね、人生って?(笑)


【お店情報】
店名:とこ呑(とことん)
住所:足立区綾瀬3-11-14
TEL:03-3605-0333

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一升瓶やワインも入る、新聞紙で作る鞄

英字だらけの、なかなか洒落た感じの紙袋が我が家にあった。
Ncm_0907

小生:「なかなか素敵な紙袋だな。」
かみさん:「小学校で作ったのよ。」
小生:「ふーーーん。」
かみさん:「新聞紙の中で、素敵な絵柄の所を選んで作るんだって。」


・・・・おもしろそうだ!
さっそく、ググッてみた。

「市民研究ニュース」ならものが有って、新聞紙でバッグを作るやり方が紹介されていた。

地味~な新聞だが、読んでみるとこれがナカナカ素晴らしい!

不要な傘の再利用と言えば、骨を使った「物干し」くらいしか思いつかなかったが、撥水生地を利用して、これまた『バッグ』を作ったりしている!

真面目に取り組んでいる人たちの知恵に感謝!!


ちなみに、こっちの細長いバッグには、一升瓶も入ります!!
Ncm_0908

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人って、こんなもんなのか。。?

昨年の今頃、電気の危機を痛感し、誰もが「節電」を心がけたのに、
1年経った今、どうなんだ??


駅の階段には、朝の日差しで明るくても、煌々と蛍光灯が全て点いているし。
電車は必要以上に走っていて、混雑緩和に励んでいるし。。

街が夜でも必要以上に明るくなり、必要以上の便利さが取り戻されている。


・・・・町の掲示板に貼ってある『節電しよう』のポスターが、・・・なんだか他人事に見える。


本当に、節電しなくてもいいのか??
そんなに沢山電車は走るべきなのか??
そんなに灯りをつけておく必要があるのか??

電力使用状況推移を見ると、7月以降、バンバン電気を使っているじゃないか。。

1年前の計画停電は必要なかったのか???

1年経ったら、こんな風に戻っちゃうのか???
忘れるスピードが早すぎる。。。
人は困らないとすぐに忘れちゃうものなのか???

東京で使う電気を、東京で作れないのか??
これだけ人が動き、車が動き、列車が動く東京は、振動が一杯あるのだから
振動エネルギーを何故電気にしない??

なぜ、こういう商品を後押ししない??


今夜の小生は、ちょっと「変」です。

愚痴ばかりになってしまった。


・・・・もうちと、節電しようよ!
他県にお世話にならなくても済むように。


寒ければ、抱き合おうよ。
暗ければ、手をつないで寝ようよ。
お日様の、明るさと温もりをもっと貰おうよ。
身体のエネルギーと、元気のエネルギーをフル活用しようよ。。


ごめんなさい。。愚痴ばかりで。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日はもの凄く良い勉強をした♪

仏教用語というもんには、時折り、ハッ!とさせられる。

今日は『和顔施(わげんせ)』という言葉を知った。

同じ仏教用語で、『仏頂面』と『和顔』。
まるで、影と光、風と太陽、陰と陽、悪役とヒーロー・・・位の違いが有るよなぁ。。。


『和顔施』をググッてみたら
・・・金や物がなくても誰にでもできる施しの一つであり、善意に満ちた和やかな顔と明るい姿で相手に接する施し、  だと。

ついつい、気持ちが顔や態度に出ちゃう小生としては、戒めだなぁ。。
怒りが湧いても、決してすぐに怒らず、1週間位考えてみることを癖にしているのだが、
エブリデイ・エブリタイムで『和顔施』をしていられる自信はないなぁ。。。

特に、腹が減っている夕方は、ものすごく不機嫌になっちゃいます。(笑)
だから、夕方にはすぐに呑みにいくよう、心がけます!


==金や物がなくても誰にでもできる「無財の七つの施し」==
★和顔施:相手を思いやる柔和な笑顔で人々に接すること。感情むき出しの怒り顔はNG。

★愛語施(あいごせ):相手を尊敬する心で、やさしい言葉で相手に接すること。命令や卑下する言葉はNG。

★慈眼施(じげんせ):相手をいたわりと優しさを持って見つめるまなざし。にらみつける怒りの顔や眼、羨む心の眼はNG。

★房舎施(ぼうしゃせ):疲れ果てて困っている人に「どうぞ家で一休みして下さい」と、心優しく語りかける意味。

★床座施:乗り物の中で、老人や身体の弱い方が目の前に立っていれば、「どうぞお座り下さい」と、席を譲って上げる心。

★捨身施(しゃしんせ):人がいやがる事を自らすすんで行ったり、トイレ掃除でも重労働作業でも自ら率先して行う心。

★心慮施(しんりょせ):相手を十分思いやり、相手の立場をよく理解してあげ、行動する心。


小生ごときに高価なチョコをくださった姫や女神たちへの明日のホワイトデーでのお返しは、只今、非常に金欠病な小生にでもできる「無財の七つの施し」で、TOKYOを駆け巡って見つけたラブリーな品で、キューティクルな眼差しでTRYしてみることにしよう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

数え歌

仲里依紗ちゃんがTOYOTAパッソのCMで唄っている長崎の数え歌。
長崎が本籍の小生としては、どうも、聞いていて落ち着くのよ。。

♪でんでらりゅうば、でられられんけん、でんでられんけん、で~てこんけん♪

でも、これ、10にならんのよ。。

そういえば、以前、数え歌について記事にしたことが有ったが、
全国各地には様々な数え歌が有るんだなぁ。。


京都地方では、通りの名前を使って数え歌を作っているし♪

丸(丸太町通)・竹(竹屋町通)・夷(夷川通)・二(二条通)・押(押小路通)・御池(御池通)、姉(姉小路通)・三(三条通)・六角(六角通)・蛸(蛸薬師通)・錦(錦小路通)・四(四条通)・綾(綾小路通)・仏(仏光寺通)・高(高辻通)・松(松原通)・万(万寿寺通)・五条(五条通)、雪駄ちゃらちゃら魚の棚(魚棚通)、六条(六条通)三哲とおりすぎ、七条超えれば八・九条、十条・東寺でとどめさす

・・・京都担当している時、この唄を事前に知っていれば、地図を片手に運転しなくても済んだのになぁ。。

全国には、いろんな数え歌があるもんだなぁ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

311、日本が強く生まれ変わる記念日

それぞれの「311」だった一日だった。

朝6時・・・東京ドーム前には始発電車で駆けつけるガールズたちで一杯だった。
電車が到着するたびに、分刻みでガールズ達の人数が3~4倍になっていく。
こんな日が昇り始める時間からガールズ達をこんなにも多く集める「ジャニーズのパワー」ってすごいなぁ・・・と改めて感心した。
P1020472

朝8時・・・消火ポンプの動作確認をする。


朝9時・・・黙祷をし、8町会合同の防災訓練開始。
1020404_2

スカイツリーを目掛けて、一斉放水。
1020417_2

誰もがポンプを使えるように、参加者みんなが練習。
1020409_2

私鉄・地下鉄各社も、緊急運転停止訓練を行なった。

夜となると、スカイツリーが哀悼のイルミになった。
1020452

それぞれの311.の日だった。
共通していたことは、去年の311を忘れず、いざという時にそなえるという、「強く生まれ変わる為」の記念日であったこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急

夕方、無性に呑みに行きたくなったが、日中に意外な出費が重なった為、お財布の中には600円ちょっとしか残っていなかった。

お金を貸してもらえそうな呑み仲間に電話をかけまくったが、
電話が繋がらないとか、「今まだ、茨城にいるんだよー」とか、「もう、横浜で呑んでるよ」とか、「今日はデートなんです」とか・・・

そりゃそうだよなぁ、金曜日だしなぁ。。

しかし、原価で呑める『新橋・お酒村』でも、『呑み比べセット+おつまみ』だと750円となり600円では納まらない。。。

「どーしよーかなーーー。。。sad」と思案してたら、
そうだ!flair 上野に有るジャン、美味しい酒+つまみに有り付ける店が!!

そうと決まれば、オヤジまっしぐら♪

その店は、上野駅構内にある「WINE&DINE」。
1331286641797

まぁ、KIOSKみたいな感じなショップなのですが、ワインとそのおつまみ系が、お手軽に揃います。

まずは、お店入り口の『キャンペーン商品試飲コーナー』で、
かけつけ3杯、呑ませて戴きーの♪

店内には、バレンタインのお返しDAY用の、お洒落なワインも並んでいるが、
1331286644166
金が無い今の小生にとっては、関心は無く・・・

小生の購入目的商品は、『バロークスのCabernet Shiraz Merlot微炭酸オーストラリア赤ワイン缶タイプ』(422円)
この缶ワインは、あなどれない程に渋みが有り、しかも上品なシュワシュワ微炭酸なので、大好きなワインです♪

そして、おつまみにはチーズを。
プレーン味にしようか迷ったが、「同じ115円ならば明太子も入っていた方が得ジャン?」と、濃厚で分厚いボリューミーな『まほろばの里チーズ 明太子フレーバー』(115円)。
1331286638720

ホームの小上がりから、片手でバロークスを呑みながら、
人の動きを見ながらボーーーーっと時間を過ごす。
1331286635079
夕方の上野駅を行きかう色んな人の動き・・・・
見ていてタ・ノ・シ・イ。up

ふと、耳に入ってきた「まもなく、13番線から寝台特急北斗星が発車いたしまーす」という駅のアナウンス。
1331287109746

いいなだよなぁ。。。、駅のホームにかかった、この列車別の札々。
かかっている枚数が多ければ多いほど、ワクワクする♪
1331287110254

1331286880174
「札幌行きかぁ。。そういえば、まだ北斗星に乗ったこと無いなぁ。。」と思い

乗ってみたい!!shine
1331287113391

ああ・・・・この寝台特急に乗っしまうと、札幌まで行かずに例え大宮駅迄でも、列車が走っている間、きっと色んな思い出が走馬灯のように頭を巡り、絶対、号泣bearingcryingsweat01しちゃいそうだ。。。
若い頃良く乗った「寝台列車」って、そんな思い出。

歳と共に、Time is Moneyになって飛行機で行くことが多くなっちゃって、トコトコと揺られる寝台列車での旅はなくなっちゃったよなぁ。。

また、ゆっくりとした時間をとって、寝台列車に乗りたいなぁ。
今や、上野から一番遠くまで行く列車は、この北斗星の札幌行きなのかなぁ・・・?

そんな思いを馳せていたら、発車ベルが鳴り出し、慌てて、列車から飛び降りる。
だって、残金90円位だったんだモン。

さて、前回に続く、
新たな『上野駅の謎マーク』、第2弾。
これです!

Ueno
山手線外回りのホーム中央階段近くの柱に貼ってあります。

この1週間に小生が調査した限り、このマークが貼ってあるのは野-新橋間で上野駅のこのホームだけ。
しかも、東西南北みたいに書かれた「N・Z・X・T」の文字&「×」記号。。。

西日暮里のN??、上野ZooのZ??、東京のT??・・じゃぁ、Xは何だ??

こんな暇で金が無い日だからこそ、ここ1週間の間にモンモンとしていた『上野駅の謎』を駅員さんに聞いてみよう!

まずは、コンコースにある上野駅相談センターみたいな所にいた駅員さんに、写真を見せて尋ねてみた。

結果・・
駅員A:「・・・すんません。勉強不足で。。」

仕方が無く、忍ず口の駅員さんに尋ねてみる。
駅員B:「いやぁ、見たこと無いすね。ホームの駅員なら判るかも?」

仕方が無い、山の手ホームの駅員を探すが、

しかーーし・・・、駅員さんが いない。。。

ホームの端まで歩いてみたら、駅員さんが携帯電話で話していた。

小生:「あのー、つまらんこと教えて欲しいんだが、このホームに有る、このマークは何だろか?」
駅員C:「なんだ、こりゃ?見たことないなぁ。。いたずら書きかなぁ?」
小生:「いえ、ステッカーなんで違うと思いますよ。」
駅員C:[どこに有ります?」
小生:「ホームの中央階段脇ですよ。」
駅員C:「一緒に行きましょう!」

おお、積極的な駅員さんだぁ。

現場に着き、
小生:「ほれ、これだよ。」
駅員C:「・・・いやぁ。。知らないなぁ。。初めて見るなぁ。。」
小生:「1週間前から有りますよ。」
駅員C:「・・・いやぁ。。知らないなぁ。。他の駅員に聞いてください。」

・・・・・本日の調査結果、

駅員さんは、「意外と自分の職場の変化に気付かない」ということが判った。。

これで、この謎のマークも
迷宮入りの案件となってしまった。。。_| ̄|○ガックシ

【お店情報】
店名:WINE&DINE 上野店
場所:上野駅13番線ホームとば口
TEL:03-5830-4871

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなシロモンが!

あるところには、あるもんだな。
集金していたら、手に入れたシロモン。

Ncm_0843

一瞬、中国の紙幣かと目を疑ってしまった位、久々に見たよ、弐千円札。
客の前で、ホンモンか?と、透かしを確かめてしまった自分。。。

自販機でも使えないし、金には困っていたし、
使えるのかどうか不安を抱えながら、コンビニで恐る恐る使ってみる。。

この札だけは、あんまり欲しくないなぁ。。と思った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

実現まで、あと一歩!いや、2歩?

gooに、「男が『いけそう!』と思うランキング」なるものが有った。
こんな結果だ。

第1位:「一緒に帰ろっ」と言われる
第2位:自分だけ下の名前で呼ばれる
第3位:自分の飲み物を「飲んでいい?」といわれる(間接キス)
第4位:隣に座って「もー」のボディタッチ
第5位:甘い声で話しかけれる
第6位:家に遊びにいって「そこ座っていいよ」とベッドを指差される
第7位:メールの返信が早い
第8位:「飲み過ぎちゃった」と言われる
第9位:メモの最後にハートマークがついている
第10位:上目遣いで相談される

 う・・・~~~ん。。。
これ、全部やられたら、さすがに冷静沈着な小生でも完全にノックアウトだ!!


しかし、シチュエーションによっては、有り得なくないシチュエーションだ。。。
と、まぁ、・・・こんな感じに。。。


【シーン1】
ムシャクシャしている夕方に、
無理を承知で、メールで美人OLに 「今夜、呑まねえか?」と送る。
すると、5秒もしない内に 「行く!」と返信が届く。(第7位)

「じゃぁ、いつもの店で待ってて。」とメールを返す。

仕事を片付け、いつもの店のドアを開けると、既に彼女はカウンターで呑んでいて、
「席、とっといたの。。混んでいるから大変だったのよ。
隣りに来て♪」と、隣りの席を指差される。(第6位)

彼女の言われるままに、ハイカウンターの隣の座席に座ると、
「もー、オヤジさん、待ちくたびれちゃったぁ~~ン」と
おどけながら下の名前で呼ばれつつのー、・・・ボディ~タぁッッチ♪(第2位&第4位)

小生が『こなき純米』をオーダーして呑んでいると、
上目遣いの甘い声で、「それ、ちょっと飲んでもいい?」と美人OLが言う。(第10位&第5位)
小生:「ああ、いいよ。その代わり、そっちのも頂戴。」と、
 ・・間接キス、しまくり。(第10位&第5位&第3位の連鎖)

小生:「お、結構、こっちのもイケルね!・・店長、次、これ頂戴!」
美人OL:「あたしも!」

・・・・と、クイクイと、酒が進む二人であった。


美人OL:「あたし、ちょっと、お手洗いに行ってくる。」と立ちあがった瞬間、足元がふらつく。

そして、再び上目遣いで、「ちょっと飲み過ぎちゃったぁ」と言われる。(第10位&第8位)

小生:「店長、そろそろ、お会計!」

すると、店長が示したお会計のレシートの下の方には、
 「また来てねheart」と、店長のハートマークが付いていた。
しかも、口紅で!!(変化球の第9位)

美人OLからは、「駅まで一緒に帰って。。」と言われる。。(王道の第1位)


・・・・・あ”~~っ!!
・・・限りなく、実現できそうなシチュエーションなのになぁ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『スカイ鳥ー』で隅田川花火

春が近づき、TOKYOスカイツリーのOPENまで、あとわずか!
下町でも、スカイツリーにちなんだ商品が続々と登場している。
P1020241_2

海老天がそびえる「タワー丼」、白い飴細工を使ってスカイツリーをあしらった「パフェ」・・・。

そんな、スカイツリーの足元で、鶏肉を美味しく食べさせてくれるお店「秀吉」。
Cm_0007

アラジンの魔法のランプで日本酒が運ばれてくる。
Cm_0008

が・・・・・

すぐにコップに入れちゃう我々なので・・・・

魔法のランプはすぐに空っぽに。(笑)

さてさて、ここ「秀吉」でも、スカイツリーにちなんだ商品が!!
その名も『スカイとりー』!scissors

くちばしの先には「花火」まで付いていて、
「たーーーまやーっ!!」と隅田川の花火まで楽しめます♪(笑)
Cm_0011

〆には、『焼おにぎり茶漬』が最高っNikoniko_s
Cm_0014


【お店情報】
店名:秀吉
住所:東京都墨田区押上2-2-1
TEL: 03-3624-5170

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かわいい小猿たち

暖かくなったと思えば、寒くなり・・・
昨日はシャツ1枚でもポカポカだったのに、今日はパンツの上にヒートテック+ももひき+ボアのジャージ。
昨日は冷酒だったのに、今日は熱燗。

・・・そんな、季節の変わり目。

フレンズ(葛飾ソフトボールチーム)の練習場所である小学校の校庭で、梅が咲き始めた。

小生:「紅白の梅かぁ。いい香りなんだよなぁ。」
選手:「梅の花って匂いあんのー?」
小生:「なんだ、お前ら、知らんのか?じゃぁ、嗅ぎにいくぞ!」
P1020272

しかし、梅の花は木の上の方に咲いていて、小学3・4生の彼女達の背では届かない。

小生:「じゃぁ、抱っこしてやる。」
選手:「きもっ!!!」

・・・・ヤツら、こういうところだけはオシャマなんだよなぁ。。

そして、小猿のように梅の木に登り始め、クンクンと鼻の穴を広げて花を嗅いでいた。

選手:「ホントだ!いいにおい♪」
小生:「・・・だろ? さ、練習を始めるぞ。落ちないように降りて来い」

心配をよそに、ヤツらは小猿のように木から飛び降りてきた。(笑)
たくましいヤツらだ。


しかし、今年は2週間位、花の咲くのが遅いように感じる。

土手沿いの『枝垂れ梅』もまだ1分咲きで、蕾がギュッとしている。
花の散り際も好きだが、咲く直前のギュッとした蕾も好きだ。
P1020268

もうすぐ、スカイツリーをバックに、ここの枝垂れ梅が咲き誇る。
P1020258


| | コメント (4) | トラックバック (0)

新作・すうぃぃぃぃーーーつ

下町のパン屋さんは、自分ちでパンを毎朝焼くのが当たり前。
だから、朝の開店時には、焼きたての美味しいパンが食べられるのよ。

葛飾ケーキフェスタなるものが有って、我が地域のパン屋さんも今年の新作を発表!
P1020239

さっそく、買いに行ってみた!

まずは、田辺パンの新作『プリンプリン』。
P1020215

プリン風味のパン生地に、プリンを挟み込んで焼き上げたものらしい・・・
P1020237
んが、


朝の10時には既に売り切れ!!

なんてたって、朝6時開店だからなー。。
もっと、早く行かねば。。。。。

続いて向かったのは、洋菓子セ・ラ・ヴィさん。
P1020216
セ・ラ・ヴィさんの今年の新作である「小松菜かつしかジェンヌ」をかろうじて3個、げっちう。
P1020238


P1020230

シュークリームのようなパイ生地の蓋を使って、
中に入った小松菜カスタードクリームをすくって食べます♪
P1020231

レベルが高いですよ、下町のスウィーツ。


【お店情報】
田辺パン・・・葛飾区堀切1-27-14
セ・ラヴィ・・・葛飾区堀切2-57-12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなお店を待っていた!

下町にある呑み屋さんは、幾つかのパターンに分類できる気がする。
①安値にこだわる系
②バッちゃんの味にこだわる系
③大衆食堂系

そんな中で、ひときわ異色の才能を味わえるお店が近所に!!
まずは、入り口の「顔」からして、ひときわ違う。

「よつは」という表札が、なんとも、お洒落。
1329999949012

そんな「よつは」さんの存在に気付いたのは1月のことだった。
しかし、なかなか入店するタイミングがなく。。。
 (だ、だって、新年会の嵐だったんだモン。。)


竹に花が刺さっているのは、「営業中」の合図。scissors


お店の中は、7~8人しか入れないカウンターのみなのだが、
それが、心地よい。confident


店内に流れるBGMは、店長こだわりの「真空管アンプ」から流れるジャズ。
1330053225607
まるで、「暖炉の火」のように、真空管の赤い灯りがチロチロと動めいている。
真空管って、こんなにクリアな音だったんだぁ。。。

カウンター越しでは、店長が炭火でじっくりと、鳥を焼いてくれる。
時たま、「ぱちっ!」と炭がはじける音が聞こえたり。
1330053221908

まるで、自分の部屋の中で火鉢を使っている感覚におちいる程、居心地がいい。

静かに、ゆっくり、それでいて、時間が過ぎていくことを忘れそうな・・・・そんな空間のお店。


「堀切で、焼き鳥の専門店をやってみたかったんですよ」と地元出身の店長。
確かに言われてみれば、「もつ焼き」・「豚肉」・「牛肉」は有っても、
「鶏」だけの お店は無かった。。

まずは、「鳥わさ」を。
・・・生肉を喰いたかったのでR。
1330053224455


続いて、レバ。
一粒がなんともデカいい!
1330053217782


しかも、炭で焼いているのでレバの臭みは無く、
しかも、レバの周りは焼けているのに、肉に中はミディアム・レアで焼き上げている!
・・・新鮮な肉でこそ成せる業。しっとりとした、柔らかい♪

帰ろうとお勘定を頼むと、店長がじっくりと15分位かけてスープを煮込んでくれた。

これまた、濃厚な鶏のスープ。

店長:「これでお茶漬けもやってるんですよ。」
仲間:「ラーメンのスープとは違うんですかね?」
店長:「麺が合わないんですよ。温麺には合いましたよ。」
小生:「温麺を入れて、冷やしてジュレ状態にしても合うかも!」
店長:「あっ、それもいいですね!」


店内は禁煙だが、我慢するよ、小生だって。。
だって、こんなに味に・空間に、こだわっているんだもん。
店長、とことん、こだわり続けてくれ!

優しい顔しているのだが、そんな頑固なところが、
ハードボイルドで、店長、ステキだ!


ジツは、この3月に、OPENして1年目を迎えるらしい。
こういう『こだわり』のお店は頑張り続けて欲しい!


【お店情報】
店名:よつは(お店HP
住所:東京都葛飾区堀切4-52-5
TEL:03-5680-0106

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »