« 女性消防団による消火 | トップページ | 鍵をかけようよ。、 »

それぞれの日食

173年振りの天体ショーを胸(腹よりは小さく(笑)ワクワクで待っていた。
葛飾でも「部分食」が始まる頃には雲が薄くなって、
ついに「金環日食」を完全に見ることが出来ました!
P1030291
直後には また雲が厚くなって本当に「神業」だった。

いつもの景色の所で日食を見たいと思い、スカイツリーが見える路地とかではなく、
ワンコとのいつもの散歩道で日食を観察した。
P1030287
路地には、じっちゃん・ばっちゃん・幼い子どもたちがお祭りの山車を見るかのように集まっていた。

路地裏の町工場に来たトラックの運ちゃんも、「しばらく仕事は休みだな!」とトラックから降りて一緒に太陽観察。(笑)

見方もそれぞれで、、、

たらいに黒い墨汁を流して、そこに映った日食をみる職人、
工業薬品の分厚いプラスチック製のフタを使って日食をみる職人、、
P1030279

職人:「要は、直接見なきゃいいんだろ?」

実際に、その蓋で太陽を見せてもらったら、
ありゃりゃ・・ホントだ!見えるじゃんっ!!(写真、ぶれちゃったけど。。(笑)
P1030285

・・・みんな、素晴らしい工夫です!!

日食が始まると、辺りは薄暗くなってきて、「いよいよ感」が高まってきた!


日食を見ると、・・・・・

手を合わせるバッちゃん:「冥土の土産が出来たなぁ。」
小生:「いやー、いい土産ができてヨカッタなぁ。」


日食が終わると、辺りの空気は何気なく冷んやりしていた。


みんなが同じ空を見上げる姿は、とてもステキでした。

ちなみに小学校のグランドでは、大勢の子どもたちが地面に寝っ転がって太陽を見ていたらしく、
その光景は、まるで異様な遺体留置場みたいだったと話を聞いた。

P1030295


|

« 女性消防団による消火 | トップページ | 鍵をかけようよ。、 »

コメント

私の住む横浜の町からは、終わりに近づく部分日食

しか見れませんでした。住んでる場所が違うだけで見

えたり見えなかったりするんですね。

投稿: ウクレレAIDA | 2012年5月23日 (水) 10時26分

★To  ウクレレAIDA
(おっ! コードネームを完璧に変更したんですね!?)

横浜は、絶好のウォッチポイントだと思っていました!!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2012年5月23日 (水) 23時31分

うちも日食グラス用意してなくて、「どーせ曇ってて見えないよ」って言ってたダンナが、いよいよとなったら黒い袋かぶり始めて、異様な光景だったよcoldsweats01
わたしはグミが入ってた銀色の袋にすかして見たけど、もう終わりかけだったよぅcoldsweats01

投稿: ひでりん | 2012年5月30日 (水) 23時29分

★To ひでりん
お菓子の銀紙かぁ・・!
ナルホド、それはアイデアだネ!!flairscissors

投稿: 葛飾のオヤジ | 2012年5月31日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/45370632

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの日食:

« 女性消防団による消火 | トップページ | 鍵をかけようよ。、 »