« ネク帯、解禁。 | トップページ | 喰っちゃ寝 »

30年振りの再会

午前中の地元マラソン大会を終え、向かった先は・・・
葛飾から、西へ約350km・南へ約50km。

P1050978_2  P1050977_2

 
目的地であるこの駅は、海が見える駅で、
ここから、海に沈む夕日を見たかった。

しかし、秋も深くなった時分なので、
30年振りに降り立った目的地の駅は、すっかり星空の下だった。
 
 
半島の先端に位置するこの駅は、あまりにも真っ暗過ぎて、
まだトンネルの中にいるのか、それともトンネルを抜けたのか
区別がしにくい程の景色だ。
 
そんな真っ暗なホームに立っていると、
暗闇の中から、海の音がザ・ザ・ザーンど聞こえてくるこの景色は、
30年前とまるで同じで、しばらく立ちすくんだ。
Ncm_2188_2

ホームを降り、駅に迎えに来てくれていた車に乗り込み、海辺の国道を走ること、10分。


こんなところに、30年前、こんなホテルが有っただろうか?
ココは昔、ドライブインだったはずなのだが。。。
 
 
運転手さんに聞いてみたら、「そうらしいです。」とアッサリ正解。
なにやら、温泉を掘り当てたらしく、ドライブインがホテルになったようだ。
 
ホテルに着き、待ち合わせしている連れの部屋に行くと、鍵がかかっていた。
おそらく、風呂に行って、身体を清めているのだろう。。

待っていても退屈なので、フロントで合鍵を貰って入室。
 
 
窓を開けると、
大きな波の音が部屋の中に、海風と共に飛び込んできた。
 
しばらく、その海音に聞き入っていたが、
寒くなったので窓を閉め、小生も熱い風呂に行くことにした。
 
 
風呂へ行く途中、一人の男性とすれ違う。
・・見たことあるような顔つきだったが、
 

そのまま すれ違った。。
 
 
怖いもの見たさでチョイと振り返ってみた。
 
もしも、ヤツが知り合いならば、ヤツも振り返るに違いない!
 
・・がしかし、
その男性は振り返ることなく、スタスタと歩き去って行った。。。

 
 
思い切って、小さな声で、ヤツ名前を呼んでみた。。
 
すると、ヤツのスリッパの足音が「パタリ」と止まった。


・・お互い変わり果てた姿となり、30年の歳月を感じた絶句の一瞬。。

2枚目でイケメンだったヤツは「お尻かじり虫」か「谷村新二」のように変わり果てており、すれ違った一瞬的では判らない程、小生の動体視力も下がっていた。
 
ヤツにとっても同じだったらしく、30年前、極端に金が無かった小生は、結果的ダイエット効果だった小生だったのに、
 
今や『備蓄タンク』常設人間とまで言われる小生なので、判らなかったらしい。。
 
 
この日の日付は、11月03日。
小生的には、『いい、お見合いの日』だと思っていたのだが、
 
ヤツに言わせると『いい、オッサンの日』らしい。。。
 
 
というわけで、遠く北海道・東北~中国地方までの
いいオッサン6人が、この海ソバのホテルに駆け付けてきたワケだ!
同級生と言えども、みんな50歳を超えたばかり。
小生だけがまだ40代なので、『パシリ』にさせられないよう、再会の最初が始まったのであった。

|

« ネク帯、解禁。 | トップページ | 喰っちゃ寝 »

コメント

万歳!いいおっさんの日!!

投稿: みやび | 2012年11月 5日 (月) 23時09分

★To みやび
(*゚▽゚)ノ ばんざーーい、
(*゚▽゚)ノ ばんざーーい!
(*゚▽゚)ノ ばんざーーい!!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2012年11月 6日 (火) 19時54分

メールありがとう!この前は、思いきって会いにいってよかったです。すぐ皆がわかったし、大学時代にタイムスリップしたみたいで、短い時間だったけど、とても楽しかった(^0^)
ブログやってるんだね!
これからも時々のぞくね!
また、集まれる機会があればうれしいです。
元気でね!!!!

投稿: 美佐 | 2012年11月 8日 (木) 21時41分

★To 美佐
「次は5年後」ということだが、生きていられるかどうか、みんな不安を感じていた。(笑)

投稿: 葛飾のオヤジ | 2012年11月11日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年振りの再会:

« ネク帯、解禁。 | トップページ | 喰っちゃ寝 »