« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

一番風呂

大掃除の最後は、お風呂洗い。

イナバウアをしながら天井を洗っていたら、洗剤の水滴が顔にポタポタ滴り、
「もう少し頭を使わんとなぁー」と思いつつも、アイデアが浮かばず。
お風呂洗いをした特権で、久々に一番風呂に♪
一番風呂に入ると、体中の体毛という体毛に、小さな気泡が付くのが楽しい♪
小生の密林も、冬の樹氷のようになっておもしろい。
P1070718
(写真はイメージです)
その気泡を、指でスーーーっと払うのが、これまたタノシイヽ(・∀・)ノ

正月開けたら、温泉にでも行ってくっかな。

Googleも年越しバージョンになってきたね。
良いお年を。
Newyearseve20135666313846390784hp_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

来年こそ!

息子の受験の失敗から始まって、色々有ったな、この一年。

あと一歩だったのに、叶えることが出来なかった「夢」。
寂しかった桜の時期。
足が動かなくなったツツジの時期
開催1分前で中止となった葛飾花火大会。
そんな苦悩を埋めて忘れさせてくれる「友」と「酒」。
Ncm_2957 Ncm_2892

初めて作ってみたスムージー。
Ncm_2929

入院の病室から見えたニョキニョキ入道雲。
Ncm_1887

辛かったことも全ては、後になってしまえば自分のこやしになっていくはずさ。
きっと笑える来年がくるさ。
なぜなら、たくさんの仲間が、こんな小生を支えてくれたから。
全ての出来事が、全ての出逢いが、今を、そしてこの先を作ってくれている。
ありがとう、みんな。
だから、一期一会。
失敗しても、うまくいかなくったって、その時のベストを出し切ればいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Googleストリート で・ビュー

地元の女子校生たちから
「オヤジさん、グーグルに写っていたよ」と教えてもらい、

探してみたら・・・

なんと!

Googleストリートビューに写っていました!!!

愛犬hanaとパトロールをしていたところをキャッチアップ!!
3

夏頃、車の屋根にプラネットのようないくつものカメラを積んだGoogle号が葛飾を走っているのを目撃していたが、
・・・やはり、写っていたのね!
しかも、ご丁寧にモザイクまで。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地震雲??

地震雲は、科学的な根拠がないというけれど・・・

六甲山を歩いていると方位磁石が壊れるというけれど・・・
ホントに壊れたし!
ほんでもって、科学的根拠を考えるに、六甲山の磁力が強かったわけだし。。
んだから、地震雲に科学的根拠がないと言われても、
地球の地面の中の大きな地殻変動による、大きな磁力が空に影響しているような気がしてならんのよ。
昨日と今日に次々と現れる変な縦筋の雲が、
・・飛行機が通らない空に。。
北のほうで、ドカ雪が降っているからなの??
昨夜も。
P1070684
今日の夕方も。
1497791_553740151387647_155994178_2
今夜も。。
P1070686

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが町

我が町会では、町内会に住む高齢者に配るために餅をつく。

例年、少しずつ量が減ってきた(=高齢者が他界していったから)というものの、今年も90kgの餅米をつく。
主婦たちは、前日から米をとぎ、ザルで乾かしてから、夜9時頃から翌朝8時まで米を水に浸す。
P1070510

男連中は、1年間集めてきた廃木材を斧で細かくし、
薪として使いやすいように、一つ一つ丁寧に釘を抜いて準備する。
P1070485

バッチャンたちは、餅に絡める小豆を釜戸で煮立てる。
P1070487

臼だって、何年も使っていればガタもきていて、
そんな状況でも、近所の職人に腕で、応急処置だ!
P1070489_2 P1070491

ゴミ入れだって、捨てずに保管している米袋で、ちゃんと準備する。
P1070492
翌朝、7時半。
寒い朝の空気の中、火を燃やし始める。
P1070497

と、同時にみんなでお神酒を呑んで、一日が始まる。
「ご祝儀」の受付も始まる。
P1070499

朝8時。
次々と、蒸篭に入った餅米が炊き上がる。
P1070518

そして、90キロの量をつきあげる一日が始まる。
P1070536

そして、つきたての一番餅は、「お供え用」と「振る舞い餅」にするために、主婦たちが丸めてくれる。
P1070562
P1070508
P1070557

30代、40代、50代のモンが、代わる代わる男も女もみんなでつく。
P1070635
P1070646

議員さんも区長もつく。
P1070583
P1070615

世代を超えて、つく。
P1070570

子どもたちだって手伝う。
P1070568

そして、みんなでついたお餅は、
一枚一枚、年配者の家に届ける為に、丁寧に伸ばして熨斗袋に入れていく。
P1070617


今年、初めての取り組みは、湯けむりの向こうでのお遊び。
P1070540

小さな子どもが餅つきの側でチョロチョロしていると危ないので、
『路地裏落書きコーナ』を作ってみた。

小生:「落書き用のチョークはいらんかねー」とチョークを持って歩くと、
子どもたち:「はーーいっ!!」
P1070585
P1070593
P1070603

路地での描くスペースが無くなってきたら、
小生:「落書き消し隊、募集~♪」と言って回ると、
子どもたち:「やりたーーーいっ!」
何でも遊びになるもんだ。。
P1070609
P1070628

そして、毎年スピードがアップしていく人間高速餅つき!!

こうして、つきたてのお餅を高齢者のご家庭に配り終え、備品の片付け・掃除を終えたら、みんなで呑む。

P1070658

我が町は、こんな町です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に新しいアルバムが出るらしいです!

「夜の六本木」は異国の土地だ。

ティッシュ配りをしているのは背広の黒人男性、
スレンダーで背が高く美人で、一目でモデルさんだとわかる外人さんたちが群がっている。
TOKYOにありながら、異国の土地だ。
Mid Townの夜景も、クリスマス・イルミネーションでキラめいている。
P1070477

このトンネルを抜けると、
小生が大好きな歌手、知花っコこと、有里知花さんのライブが行われている!
歳を重ねるごとに美しくなる彼女と、
歳を重ねるごとにジtッチャンになる小生。
P1070475
ここ数週間、仕事のトラブル続きで帰宅も遅く、呑みにも行けず
(まぁ、いつもに比べれば。・・つまり、「当社比」ってヤツ)、
フルフルな元気を出せないでいた。
美人OLが小生を元気づけようと、せっかくミニスカートを履いてきてくれるのに、
いつもならば舐めるように見るところ、それすら出来ないほどに尋常なく忙しかった。
それ程、尋常ではない日々が続いていた。
だから、この日のライブのために何としても解決しておきたかった。
とはいえ、やはり、完全に解決できず、ギリギリの時間でライブに到着。
 
一つ一つの歌を聞きながら、一つ一つの苦しかったことが消えていった。
知花っコ(有里知花さん)の歌声は、小生にとってそんな力がある。
今やっているブログも、今いる呑み友達も、今やっているこウクレレも、
全ての全てのルーツは、・・小生にとって知花っコの唄声がルーツだ。
 
店を出るとき、可愛らしい店員さんから
「お客さん、ノリノリでしたね!」
と声をかけられた。
「そうでしたか(笑)、ステキなライブ、ありがとうございました」
と紳士的に答えておいたが、
ココロの中では、(抑えていも、やはり、顔に出てしまうんだなぁ)と思った。
新しいアルバムを作成中らしい。
タノシミすぎる♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい食文化

町にいると、じっちゃんバッチャンたちから「パワー」を貰うことが有る。

町を離れると、若い世代から「パワー」を貰うことが有る。

若い世代の呑み友が、『ローフード』なる新しい文化を築こうとしているので、
興味津々で、「伸びゆくパワー」を感じに行ってみた。
小生の子どもん時に育った母校が有る新大久保から近い所にあるマンションの一角の、お洒落なお店。
P1070412

そもそも、「ローフード」ってもんの意味を知らないでやって来たので、
「ローカロリー」のこと??
「ロープライス」のこと??
とかとか、想像。。
 
老眼鏡をかけて、説明書を読む。。
P1070409

・・・ふ~~ん、、、「ロー」って「ナマ」のことだったんだ。

まぁ、「ナマ」は好きだよ、なんでも。(ボソッ)
 
調理場からは、「ゴーーー」っというジューサーミキサーの音がひっきりなしに聞こえてくる。
色んな野菜や果物を攪拌しているらしい。。
生姜のほんのりとした香りと、パイナップルの甘い香りのミックス。

常温で飲みやすい♪
P1070397

どうやって作るのかは想像つかないが、
こちらは、火を使わずに作られたカレー。
P1070399

カレールウの色的には、お子様ミルクカレーの色だが、
・・・ちゃんと辛い。
食感的には、「シフォンケーキ」や「マカロン」のような、エアを沢山含んだ食事に思えた。
液体系の調理ばかりかと思いきや、
こんな固体系の調理もある。

お寿司のように見えるが、シャリもネタも全てお野菜。
1483073_426992917426976_789445905_n

手間をかけた分だけ、料理はおもしろい。
どうやって作ったのか、どんな隠し味を加えたのかを想像することは、もっとおもしろい!
火を使わない調理なので、健康食だけでなく、防災食としても考えられるかもしれないなぁ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »