« 久々に新しいアルバムが出るらしいです! | トップページ | 地震雲?? »

わが町

我が町会では、町内会に住む高齢者に配るために餅をつく。

例年、少しずつ量が減ってきた(=高齢者が他界していったから)というものの、今年も90kgの餅米をつく。
主婦たちは、前日から米をとぎ、ザルで乾かしてから、夜9時頃から翌朝8時まで米を水に浸す。
P1070510

男連中は、1年間集めてきた廃木材を斧で細かくし、
薪として使いやすいように、一つ一つ丁寧に釘を抜いて準備する。
P1070485

バッチャンたちは、餅に絡める小豆を釜戸で煮立てる。
P1070487

臼だって、何年も使っていればガタもきていて、
そんな状況でも、近所の職人に腕で、応急処置だ!
P1070489_2 P1070491

ゴミ入れだって、捨てずに保管している米袋で、ちゃんと準備する。
P1070492
翌朝、7時半。
寒い朝の空気の中、火を燃やし始める。
P1070497

と、同時にみんなでお神酒を呑んで、一日が始まる。
「ご祝儀」の受付も始まる。
P1070499

朝8時。
次々と、蒸篭に入った餅米が炊き上がる。
P1070518

そして、90キロの量をつきあげる一日が始まる。
P1070536

そして、つきたての一番餅は、「お供え用」と「振る舞い餅」にするために、主婦たちが丸めてくれる。
P1070562
P1070508
P1070557

30代、40代、50代のモンが、代わる代わる男も女もみんなでつく。
P1070635
P1070646

議員さんも区長もつく。
P1070583
P1070615

世代を超えて、つく。
P1070570

子どもたちだって手伝う。
P1070568

そして、みんなでついたお餅は、
一枚一枚、年配者の家に届ける為に、丁寧に伸ばして熨斗袋に入れていく。
P1070617


今年、初めての取り組みは、湯けむりの向こうでのお遊び。
P1070540

小さな子どもが餅つきの側でチョロチョロしていると危ないので、
『路地裏落書きコーナ』を作ってみた。

小生:「落書き用のチョークはいらんかねー」とチョークを持って歩くと、
子どもたち:「はーーいっ!!」
P1070585
P1070593
P1070603

路地での描くスペースが無くなってきたら、
小生:「落書き消し隊、募集~♪」と言って回ると、
子どもたち:「やりたーーーいっ!」
何でも遊びになるもんだ。。
P1070609
P1070628

そして、毎年スピードがアップしていく人間高速餅つき!!

こうして、つきたてのお餅を高齢者のご家庭に配り終え、備品の片付け・掃除を終えたら、みんなで呑む。

P1070658

我が町は、こんな町です。

|

« 久々に新しいアルバムが出るらしいです! | トップページ | 地震雲?? »

コメント

人間高速餅つき!
「これ、早送りしてるんじゃないの?!」
ってくらいな技で見入っちゃいました!

投稿: まき子 | 2013年12月17日 (火) 15時33分

★To まきっコ
超~早いでしょ!!
奈良の人間高速餅つきも早いけど、我が町の杵は重いやつですから!
無声動画にしてみたら、「あっぱれな速さ」を実感しました!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2013年12月17日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/244870/54278299

この記事へのトラックバック一覧です: わが町:

« 久々に新しいアルバムが出るらしいです! | トップページ | 地震雲?? »