« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

海抜掲示板設置、着々と完成!

町内会の掲示板に「海抜表示」をすること、着々と進んでいます!

「そういや、昭和20年代だったか玄関の上まで水が来てさぁ。。。」
とか、ジッちゃんの当時の色恋話し」も含めて、
色んな想い出話を聞かされる羽目に。。(笑)
またまた近所のケンちゃんに頼んで、アルミ板を作り
P1090360

カーボン紙で下書きをし、
P1090361


今度は大量生産です!!
P1090444
 

何せ、町内会の掲示板全てに取り付けるわけですから!
ここまでの制作時間、5時間!!
地味な作業なのに、時間がメッチャかかるっ!!
しかも、トーシロなんで、ペンキで文字を書くのも上手くいかず、
「海」の字はドップリ水没しちゃったし。。
(まぁ、後から爪楊枝で削るから気にしない!)
P1090443


掲示板への鉄板取り付けは、電動ドリルでニョンニョンと効率良く!
P1090457

・・・と言っても、ネジも全て廃材での作業のため、
ネジが折れてしまうアクシデントも!!
P1090461

小生:「まぁ、留まってればいいんじゃね?」
ケンさん:「ダメだ!そんな適当な仕上げはプライドが許さねえっ!!」
・・・というわけで、やり直し。。
=プラス15分。
P1090455

ようやく町内会の半分に、設置完了しました( ̄ー+ ̄)
P1090464

残りは、来週、一気に取り付けます。
Kouzui
この設置場所リストを見る限り 、その公共建物に行くまでにやられちゃうわけよ。。
 
・・・なので、次なる課題は、
地域内で3階以上の高い建物で、協力者を募り、その屋上で遊ぶことかなぁ♪
まずは、「屋上から浅草花火見物」とか「ビアガーデン大会」とかで。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

筍、づくし♪

久々に入谷の侘助さん。
Ncm_3275
いつも季節季節の美味しいものを食べさせてくれる、「下町の美味しんぼ屋さん」です。
この日のお料理は、筍がメイン。
関西で筍といえば「京都・山城の筍」。
関東では「千葉・大多喜の筍」がブランド。
 
そんな大多喜の地表を出る前の、
白いうちに収穫した筍で。。。
お通しも「筍の和物」。
海苔の風味が若い筍の甘味を引き出していて美味し~っ ( ゚v^ )
Ncm_3276

まずは米処、滋賀県のお酒を戴きながら、
Ncm_3278 
イカと大根の煮をつつく♪
Ncm_3279

普段はビールや梅酒だという仲間たちも
「日本酒、呑んでみようかなぁ。。」と云ってくれたので、

(聞き逃しませんぜ、そのツブヤキ!!)
微炭酸のシュワシュワ日本酒で乾杯~!
Ncm_3282

美味しい酒を呑んだら、美味しい筍♪
な~んて今日は、シ・ア・ワ・セな日なんだろ~
Ncm_3283 Ncm_3281
お刺身の盛り合わせをつつきながら、呑みたくなったお酒は「義侠」。
Ncm_3284

Ncm_3286

「残りわずかだから~」とサービスで戴いた「浅間」。
Ncm_3287

〆めは、
ラベルからして貫禄がある島根の「王祿」。
Ncm_3289


・・・ねずみ男も呑みたかったなぁ。。
Ncm_3290

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでいいのか、お前?

そういう季節なのか。。?

身体のあちこちが、
 
臭いのよ。
 
もう一回言うけど
身体の”足腰” ぢゃなくて、 ”あちこち”、 よ !!
足の裏は、自分でも土踏まずの、肌が沁みる程、臭い!!
口臭も、めまいがするほど、臭い!!!
シャツの脇部分は気絶しそう!!!!
 
・・・なのに、お前ってヤツは。。。。(涙)

それ、小生が一日汗と戦い使い込んだ手ぬぐいを。。
しかも、ムシャぼりやがってheart01
20140413200844330
あたかも、風呂上がりでサッパリしたかのように
肩にかけ、粋がりよってのウォーキング。
20140413200907723

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バースデー神輿

「神輿をかつぐのを手伝ってくれ」とジッチャンに頼まれ、

着替えるのだが。。
このブラジャーみたいなパンツの履き方が、どうも思い出せない。。。
P1090367

金隠しがこっち側で、2つのケツがこう割るから・・・
と四苦八苦して、なんとか集合時間に間に合う。。
すると・・・
おいおい、みんな履いているのか?(もしかしてノーパン??)
P1090373


巫女さんの舞いに見とれていると、
P1090378
じっちゃん:「巫女ってのは処女しかなれねえんだ!」
・・・朝からそんな情報をこの場で戴いちゃうと、若い衆の半纏からスカイツリーが出ちゃうじゃんか!!!
P1090385

誕生日でもあったので、神輿を担いでいる小生の後ろに美人さんがピトッと密着サービスでした♪
P1090397


神輿とは関係ないけど・・・こんなバイクにも乗ってみたいなぁ~♪
P1090405

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試作品完成!

Ncm_2804 Ncm_2848
港区や中央区、営団地下鉄や東京モノレールには、『海抜表示』が最近され始めてきたのに、0m地帯である葛飾区や京成電鉄では取り組まれていないのよね~。

「やってよー」と言ってきたつもりだったが、なかなか取り組んでくれないので、自分で作ることにした。
国土地理院が提供している『標高がわかる地図』を使えば、ピンポイントで標高が判る。
「標高」と「海抜」の違いについて調べてみたが、東京においては変わりはないということが解ったので、標高をそのまま海抜にすれば良い。
町内会の人に知らせるには、町の掲示板が丁度いい。
まずは、掲示板のサイズを現地調査し、看板サイズを決める。
P1090356

次はアルミ板の加工を、町工場のケンちゃんにお願いをして、
P1090346
アルミ板にペンキで文字を書いていく。
P1090361 P1090362
ペンキを重ね塗りしていくと、文字が浮き上がってくるんでオモシロイ!!
とりあえず、試作品2枚ができたので、
掲示板に取り付けた!
P1090415 P1090423

制作時間・・・2日。
残り6枚は、おいおいやっていこう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと片づけ

葛飾灯明・第一弾を終えて2週間。

お片付けをしないと。。
P1090330 P1090331

これはこれで、色合いがキレイなんだけど
次に使うときの為には、きちんとしておかなくっちゃ!!
「使えるモノ」「使えないモノ」に仕分けして、
P1090332
一枚一枚、色毎に畳んでいく。。
白い袋は、安いので一番後回しで。。
結果、3日かかった!!
P1090364
なんだか、漁師さんが網を修理する大変さを垣間見た気がした。

次回の葛飾灯明は、6月実施予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初・咲いた!

ローズマリー、と言うそうだ。(近所のバッチャンに教わった)

初めて花を咲かせた。
3年前くらいか。。枝をもらって地面にぶっ刺していたら
あれよあれよと大きくなった。
香りの良いハーブで、身体が臭い時には葉っぱをこすりつけて出社する位の存在だった。
それが・・・
なんとも可憐な花を咲かせている。。
P1090339 P1090097

過酷な環境の中の方だと、花も美しいのが咲くんだなぁ。。
花言葉は、「変わらぬ愛」。 (・・いや、別に意味はないが。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画廊にて

仲間が画廊にて展示するというので、見に行くことにした。

場所は「渋谷」。


渋谷といえば高校生の時、
学校の帰り道に、東急プラザの2階にある喫茶店の窓から道行く人をボーーっと観察していた場所だ。
だから、東急プラザよりも奥の場所は、道がよくワカラン。。
予め、地図でググっておいてから、行くことにした。
画廊のホームページを見ても、とてもオシャレな場所だ。
Hp

しかし、
その住所の辺りに行っても、ビルを見つけられない。。
 
携帯のNAVIを使っても、この辺りなんだが・・・

再度、ググってもビルの4階というわけで、
見渡す限りの4階は『プチ・熟女』の館なワケで。。
Ncm_3231

画廊が見つからん。。。
歩くこと30分。。

20140408185150_deco

おかげで、色んなお店を見つけてしまった♪
すっかり降参で、電話をしてみたら・・・
女性店員が出てきて。。
 
店員:「近くに郵便局ありません?」
小生:「有りましたよ。そこでも道を聞いたのですが、判らずで。」
店員:「他に何が見えます?」
小生:「ホテルや熟女のお店です。」
店員:「・・・。他には?」
小生:「淡路屋さんがあります。」
店員:「赤い看板の雀荘とか有りませんでした?」
小生:「今そこの前なんですが。」
店員:「そこです。(ボソッ)
小生:「えええ~~っ!!
ホ、ホントだぁ。。。。
 
20140408185150_de_2
こ、これはワカランヨ。。
 
ようやく、30分間の捜索もピリオドをし、
見っけ♪
20140408171935_deco
優しいタッチの絵なので、すぐにワカッタよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨガの教え

所、変わって・・・浅草。
P1090301

スカイツリーのイルミネーションが「サクラ祭りバージョン」になって、

P1090310
ウットリする中、
 
・・・男率90%の、「桜の宴」。
P1090305
しかも、新婚ホヤホヤの「スイートルームで桜の宴」
というので、
散らかしては、申し訳ない。
なのに、
たこ焼き器持参で、パーティをしようと準備してくる仲間たち。。。
新築の真っ白い壁の中、容赦なく
「たこ焼き器」を並び出す。。
しかし、まだ、奥さまもご帰宅していないので、
さすがに、台所の換気扇の下で焼きました。
小生も、部屋の中で「スイカ割り」を楽しもうかと思って持参したのだが、
P1090293
白い壁が真っ赤に染まっても可哀想かと思い、断念しました!
P1090326

さてさて、その奥様がご帰宅されると
テンションが上がるほどの美人さん!!
なんと、ヨーガのインストラクターさんらしく、
彼女の教えで、ダーリンは6キロも痩せたようです。
なので、ちょいとばかし、ヨーガを教えていただきました!!

 
鼻で息を静かに吸って、鼻で静かに吐く。
吐いたら、へその下に力を入れてインナーマッスルを鍛える。
小生:「腹の下に力入んないよー」
奥様:「お尻のアナをキュッとしてみるとできますよ」
小生:(キュっ♪)
・・・おっ、出来た♪
あ~、この感じなのね~
奥様:「これを一日、5分間やるんですよ」
 
肛門をキュ。ふむふむ、これなら通勤途中で出来るぞ!!!
呼吸法をググってみると、結構、奥が深いっ。
インドでは人が一生に呼吸する回数は決まっているというらしい。
その回数は、5億回。
一日に呼吸する回数は2万回なので、
計算してみると、
500,000,000回÷20,000回/日÷365日=68年
これを、吸ったり吐いたりする息をゆっくりにすると
寿命が延びる試算となるわけだ!!
「長生き」とは、「長息」なのだというらしい。。
このこじつけは、
『痔』は「やまいでらに寺」と書くから一生なんだ、と聞かされた時の
軽いショックに似ていた。。
 
んが、通勤しながら▲6kgは魅力だ~
・・・つうワケで、早速、今週から実践中♪
来月の今頃は、ズボンが下がってしまって困っていることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジブリ・ライブ

初々しい女学生さんだらけなのに「ババ」と呼ばれる町、高田馬場。

手塚治さんの壁画が敷き詰められた明るい感じの駅のガード下。
P1090267 P1090270

そこから、さかえ通り商店街のどんつきを入ったところに、
P1090276

・・・なんと、音楽の聖地が有ったのねー♪
ま、その途中には呑み屋さん、ラーメン屋さんの激戦区で、
汗ばむほどの日だったので、腹ごしらえに「つけ麺」を。
P1090277 P1090279

「並」を頼んでしまったが、この量ならば「大盛り」にすればよかったと、学習。
チョコっと腹にも入ったので、開演間近の目的地へ向かふ。
P1090282
 
1Fから3Fまでの階段を、ずらーーっと並んだお客さん。
P1090286
 
会場は天井から「満員御礼」の札が。
P1090288

どんなライブか・・・というと、
こんなところにもトトロがいるような、「ジブリ曲」のライブで。。
P1090290
 
店内撮影禁止だったので、言葉でしか表現できないが、
 
Itoreimi100_2
さとみの「ウクレレ弾き語り」には、しびれた♪
コーラスをしていたお嬢さんが上手かったので釘付けになった。
はるちゃんの「一糸まとわぬ艶のある生声」に聞き惚れた。
 
この余韻を抱えつつ、次なる「浅草花見の宴」へ向かうのであった。。(次へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛飾灯明(サクラ祭り編)

P1090186

3月30日、日曜日。
天気: 春小雨。
 
予報通り、雨の一日だった。
しかし、昨年の夏、どしゃ降りの雨の後、フッと静かな夜が訪れたことを思い出すと、いつまでも雨が降り続くとは思えなかった。

 
・・・なので、
 
グランドの水たまりを、ホウキで掻き出して、せっせ、せっせと準備。
雨に濡れながらの、測量と計図。
 
イベント慣れしている仲間が2人、応援に来てくれたので助かった。
これをやってくれ、あれをやってくれと言わなくても、
隙間を埋めてくれる仲間。
 
おいらは、恵まれているよ・・仲間に。。
P1090215
夕方に近づくにつれて、雨が止む確信を持て、更に応援を呼ぶ。
P1090217

子どもたちには、紙袋に好きな絵を思う存分、描いてもらった。
P1090247

子どもたちも、自分が描いた絵に、灯りをともしていく。
P1090251 P1090225

来ているみんなで作った、葛飾灯明。
P1090227
子どもたちが描いてくれた、たくさんの絵が、灯りになった。
P1090240 P1090246


 


灯りをともす時間が終わって、片付けをしていると、

風が冷たくなってきた。


片付け終わった瞬間、大粒の雨が降り始めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »