一升瓶やワインも入る、新聞紙で作る鞄

英字だらけの、なかなか洒落た感じの紙袋が我が家にあった。
Ncm_0907

小生:「なかなか素敵な紙袋だな。」
かみさん:「小学校で作ったのよ。」
小生:「ふーーーん。」
かみさん:「新聞紙の中で、素敵な絵柄の所を選んで作るんだって。」


・・・・おもしろそうだ!
さっそく、ググッてみた。

「市民研究ニュース」ならものが有って、新聞紙でバッグを作るやり方が紹介されていた。

地味~な新聞だが、読んでみるとこれがナカナカ素晴らしい!

不要な傘の再利用と言えば、骨を使った「物干し」くらいしか思いつかなかったが、撥水生地を利用して、これまた『バッグ』を作ったりしている!

真面目に取り組んでいる人たちの知恵に感謝!!


ちなみに、こっちの細長いバッグには、一升瓶も入ります!!
Ncm_0908

| | コメント (4) | トラックバック (0)

科学の進歩でエコ♪

久々にデパートの生活雑貨売り場に行ってみた。

…タ・ノ・シ・イ♪
…台所用品が、かーなーりー、進化していた。

一番、驚いた進化は「シリコン」の応用商品の増加だ。


例えば、この商品。(エコラップというらしい)
何度でも使えるサランラップ。

もちろん、レンジもOK。
110718_11430001

そして、こちらは、何度でも使える「伸びるサランラップ」。
110718_11430002

化学の進歩が、生活を豊かにしたり、エコにしたりしてくれているんだなー、と感じた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

災害物資で作るプライバシー保護

普段ならばTVで「花粉情報」が流れる時期なのに、
今は「放射能情報」ばかりだ。。

なので、うかつにも、被爆しました。。花粉に。。。
20シーベルト位の花粉ですっ!!
110318_06200001

電力・燃料不足により東京電力や政府が節電を呼びかけているが、都内の道路を見ると、車に一人しか乗っていないのに走っている車、一人でタクシーに乗っていたり、・・・と
まだまだ、無駄が多いよなぁ。。。

報道で、避難所生活の映像も入ってきはじめたが、

・・・・ひどい!!

過去の避難所運営の
経験が生かされていない。。。

【現地で、今すぐに実施して欲しいこと】
今の報道されている避難所には間仕切りが無い。

まずは、
①災害物資が梱包されているダンボールを使って
間仕切りぐらいは作り、プライバシー保護の『一時しのぎ』を
して欲しい!!
段ボールは、接着剤なしで組み立てができるうえ、軽くて防寒性にも優れており、ナイフ等で切って大きさを自由に変えることもできます!!

②女性・子どもの部屋を分けるべき。
③教室・体育館・グランドを「個室・集団情報伝達場所・応急場所・物資供給場所」とに分けるべき。

【各企業にして欲しいこと】
ドームテントやパーテーションなどの素材も、送り込み始めて欲しい。

【公共機関にして欲しいこと】
過去作成したマニュアルを生かし、連携して欲しい。

【今後1週間以内に起きる被災地での犯罪】
 (誰もが想像することが出来るハズだ)

 ・母親による幼児虐待・・・避難所での生活の疲れ、夫不在(出勤)による育児負担や、避難所の他者への気遣いなどのストレスが原因。

 ・母親用の授乳のためのスペースは避難所には準備されておらず、
母親は日に何度となく、人目をはばかりながら授乳せざるを得ない。
また、昼夜の区別なくなく泣きやまない赤ん坊によって周囲の冷 たい視線にさらされることもある。

 ・精神的ストレス障害からくる月経不順・無月経・体調不良。

 ・着替えをしたい女性の部屋が無い。女性が着替えをしようとしても視界を遮るものがないため、ただでさえ混み合う女性トイレの中での着替えを強いられる。

 ・結果、生理の時であっても、トイレ待ちの長い列に並んで順番を待たなくてはならない。

 ・避難所には被災者だけでなく、被災地救援のために駆けつける行政の職員やボランティア、そういった初対面の人たちが大勢いる中で、自分の生活をさらけ出すことは多くの人にとって大変な苦痛となる。

 ・だだっ広い体育館では、ダンボールなどで仕切りをしてはいるものの、まったくプライバシーは保たれず、 ダンボールの隙間から覗かれる視線に苦痛が出る。

 ・大人たちが出勤してしまった人気も疎らな昼間、避難所の体育館では無気力に性犯罪が発生する。

・お風呂ツアーと称し、ワゴン車を用意し、お風呂に入りたいボランティアの女子学生たちを誘って輪姦。

・避難所でなくとも被災地の家屋へ、宅配業者を装って、窃盗。

・・・これら被災地での性犯罪は、過去の事例からでも予想できることである。
●防災フォーラム『災害と女性』
●11年前震災の避難所で起きたこと

【対策】
小生から見て、避難所生活での課題と対策をよく纏めている公共資料は・・
静岡県地震防災センターが発信している資料。
●避難所アメニティ向上に係る検討会報告書の第2章
●『避難所運営マニュアル』
は、とても分かりやすく、即効使える資料である。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

非難時の入浴

寒い日が続く、避難生活。
しかし、東北地域での避難民の人数の風呂を用意することなんて出来ない。

ドライシャンプーもそんな沢山の数は送り込めないだろう。。

しかし、東京で被災した場合と違って、
自然の温泉地が沢山あることを思い出して!!

神戸の地震のときにも、有馬温泉が被災者に解放されました。
暖かい風呂がどんなに疲れを癒してくれるか。

避難所単位で、地元温泉地へ行ってみては!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

避難所で使えるロープワーク

キャンプで何泊かする時に、小生が必ず使っているロープワークを書いておこう。

ハンガーを吊るしたり、S管を付けてコップやお鍋を引っ掛けたりする時に使うロープワークです。
Yoroi

ロープワークは、ガッチリした結び目であるのに、簡単に解くことも出来るということが特徴です。
ですから、不要になった場合には直ぐにロープを解いて、片付けることが出来る訳よ。

Bの部分を下に引いた場合(=物を引っ掛けた場合)は強く閉まり、
CとDの方向に引っ張ると簡単に解くことができます。

ロープには、災害物資の梱包に使われている紐を代用できる筈です。
S管の代用には、針金を探してください。ハンガーの針金も使えます。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

非難物資で作る、災害時の灯り

日々刻々、色んな災害が勃発。
海外から日本を見る目も変わりつつあるようだ。

こんな時こそ、海外の人たちに
「おおっ、あんな逆境でも立ち直ったぞ。
 凄いぜ、ジャパン!」
と言わせたい。

なんせ、避難所で今必要なのは、灯りだよ。
灯りを作るための電気と、電気を作るための発電機とその燃料だ。

灯りがないと、真っ暗なトイレで怖いもんなぁ。。

ソーラン節携帯電話、もとえ、ソーラー式携帯電話や、
携帯電話で万歩計が出来るのだから、
振動で発電できる携帯電話を作って欲しい。

しかし、そんな直ぐに出来ることじゃないので、
今すぐ出来る『サバイバル防災術編』として
サラダ油で出来る灯りの作り方を復習しよう。
そして、みんなで節電しよう!!


【材料】(すべて、避難所で揃う筈だ)
サラダオイル、ティッシュペーパー、アルミホイル、ガラスのコップ。 (ジャムの瓶やインスタントコーヒーの空き瓶など)

【灯り寿命】
使う油の量は3時間で5g程度、つまり少量で長く灯し続ける。

【安全性】
食用油の発火点は、360度。 油の温度は常温なので、
万一コップが倒れても油に火がつくことはない。

【作り方】
1.ティッシュペーパーを細く丸めて芯(しん)を作る。
2.4つ折りにしたアルミホイルの間に、(1)で作ったティッシュペーパーを差し込む。
3.アルミホイルには事前につまようじで穴を開けておく。
4.(2)で作ったアルミホイルに芯を差し込んだものを、ガラス瓶にセットする。
5.サラダオイルを注ぐ。

●作り方のビデオは市民号際研究所のHPに掲載
●イラスト入り作り方はコチラ

コレくらい明るいです!!
110223_20090001

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ペットボトルのり・ユース

特定道路財源のうやむやのおかげで、4月の1ケ月、税金が▲25円/ℓになる。
・・当分、車の使用を控えておこうっと。

「エコ」と言えば、今朝NHKで「ペットボトルのり・ユース」について報じていた。
確かにこんなにきれいなペットボトルを、たった1回使用で捨ててしまってはもったいない!

ビール瓶みたいに、各社共通にして、
「ラベルデザイン」と「味で」勝負してみないか!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今月のエコ

今年のテーマはエコだ。
・1月~の実施・・まい箸の使用
・2月~の実施・・使い捨てホカロンを廃止
で、今月のエコ・・。


帰り道、気付けばそこが見知らぬ場所であっても、
タクシーに頼ることなく、夜道をひ・た・す・ら・歩く!!
・・今月、エコのことを忘れていたが、何気にエコしてるジャン!scissors

(カテゴリーに「エコ」を追加!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいエコグッズ

久々に「何でもベスト3」コーナー。
最近気に入っているエコグッズベスト3!!

第3位・・「スーパーアカぱっくん」
    浴槽に入れておくと淵に付く湯垢を
    勝手にお掃除してくれる・・らしい。
    我が家では、お風呂のぬいぐるみとして遊ばれている。。

第2位・・「エコホット」
    以前紹介した星型のものよりも大きめで、
    3時間くらい長持ちする何度でも使えるホッカイロ。

第1位・・「My箸」
    100均で買った「うさぎのイラスト入り」のお箸。
    なんてたって喰わなきゃ生きていけないモンね。
    1年中欠かさず毎日使うものだから、やっぱり1位かな。
Akapackun_y_320Image473

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エコなホッカイロ

使い終わった「使い捨てカイロ」を、うまい再利用法はないだろうか。
何となくもったいなくて、鉢植えに撒いていたりしたが
他の利用方法が見つからない。

そこで、「使い捨てカイロ」を使うことはやめて
「何度でも再生可能なホッカイロ」を使うことにした。
Image451
中の丸い金属板をプチッと曲げると発熱開始し、
使い終わったらお湯で5分ほど煮ると再利用できるスグレモノ。

エコだろ!? もぅ、使い捨てはしないぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧